haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

設計コンセプトvol 4|宝永の家

設計実績の設計コンセプトのご紹介シリーズです

設計コンセプトvol 4|宝永の家

20160413103747.jpg


新しいのに懐かしい

施主のK様ご家族からは2003年に1度目の増築の設計依頼をいただいてからのお付き合い。

今回は親世帯の離れを建て替え、改築し、子世帯用の玄関も設けました。

土間に置いた薪ストーブやステンレスキッチンと茶の間リビングがまるで昔からあったように、しっくり馴染んでいます。

昔の建物に使っていた良い材料を式台に使ったり、庭の敷石に再利用しています。

初めて来られたお客様が必ず「古民家を改修したんでしょ?えっ!新築?」って驚くのが面白い。

と笑って教えてくれました。

20160413103704.jpg
右手に見えるのがご主人様のご実家。

ご結婚されて最初はコチラで二世帯同居をされていました。

子ども室が必要になったのと、ライフスタイルの変化などがきっかけで、敷地内にあった、古い離れを解体して、独立した玄関やLDKのある子世帯の住まいスペースを新たに設けました。

2階スペースの天井高さなどを工夫する事で、全体のスケールを低く抑えて、平屋風の落ち着いた外観にまとめました。

20160413104531.jpg

20160413105456.jpg
玄関を入ると土間がそのまま続きます。薪ストーブや土間キッチンが、「ご家族の暮らし方」そのものを体現しています。

20160413104830.jpg
土間から直接縁側に腰かけてリビングとしての茶の間。

家族が寛いでいる時の突然の来客時には、障子を閉めて対応します。

20160413105645.jpg
大きなTVは雰囲気にそぐわない。
でも、TVを見るのは大好き。

なご主人さまのアイデアは白い壁に直接、プロジェクターで映す。という方法。

最近は機器の精度が上がっているので、部屋が明るいままでも問題ないようです。

20160413105359.jpg
式台には解体前の住まいに使われていた、欅の框を加工して再利用しました。

20160413110009.jpg
キッチンはオーダーキッチン。オールステンレスで製作しました。

土間に直接置いてあるので、ラフな使い方を想定しています。

20160413110151.jpg

玄関前の土間に埋め込んだのは、解体前の住まいの基礎に使われていた笏谷石。

20160413110250.jpg
道路側の花壇の縁石にも再利用。奥様のお好きな野の花にも似合います。

そして、鬼瓦もこっそり、こんなところに。。。遊びごころ溢れる住まいです。
20160413110513.jpg

その他の設計実績|設計コンセプト

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ