haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

家庭菜園のある暮らし

打合せで家庭菜園の話題になりました。

「お庭の一部に小さな畑を作って、野菜や果樹やハーブを育てたい」というご要望です。

敷地の広さや陽あたりにもよりますが、特に小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でしたら、一緒に育てて収穫を愉しむことで暮らしが豊かになりますね。

家族での会話も増えそうですし、お庭で採れた新鮮なお野菜を使った料理は格別だと思います。

大きなスペースが望めない場合は、シンボルツリーに実のなる木を選ぶとか、日陰でも育つ種類の野菜やハーブを選ぶとか。。。工夫次第です。

いつくか設計実績からご紹介いたします。

case1|結構本格的に愉しんでます

↓土地探しの段階から"家庭菜園に向いている土地"という事でスタートした「プラウズハウス」さん

20161203190939.jpg

庭の半分、前面道路側(南側)が家庭菜園のスペースになっています。

20161203191404.jpg
お引越しして次の春にはすぐに本格的な苗の植え付けが始まっていて、小さいお子さんもいらっしゃるのに凄い!です。

奥様がとてもお料理上手でパン教室もやってらっしゃるので、きっと収穫物はおいしいお料理やパンになっているんだと思います。

いっぱいお野菜が実っている時にも伺ったことあるんですが、写真を撮り忘れました。

また来春に訪れてみたいと思います。

20161203191427.jpg
リビングのウッドデッキからの眺め。

芝生越しに畑を眺めながら次の植え付けや収穫の話題で盛り上がりそうです。

case2|南東の良い場所に少しだけ

↓道路から車庫越しの南側にお庭を計画した「あおいの家」さん

20161204122618.jpg

芝生の奥の南東エリアが菜園スペースになっています。

夏の間は長女のYちゃんの大好きなプチトマトが食べきれないくらい出来たそうです。
ブルーベリーなどの果樹も植えてあります。

20161204122636.jpg

撮影が秋だったので夏野菜の時期は過ぎていましたが、Yちゃんが飽きることなくお庭のお世話をしていたのが印象的でした。

来年は歩き始めた弟君も一緒に楽しんでくれるかな?と思ってます。

20161204123301.jpg


case3|シンボルツリーだけだって愉しめます

↓ご実家の敷地の奥に子ども世帯の住まいを計画した「KT_house」さん

20161204122811.jpg

ご実家との間に確保した南面のスペースにジューンベリーをシンボルツリーとして植えました。
20161204122833.jpg

初夏に赤い実がたくさん成って、ジャムにしたそうです。

写メでいただいた写真がコレです↓
20161204121317.jpg

その他にも、大きな庭で無くとも、ほんの小さなスペースでもみなさん愉しんでいらっしゃいます。

そのお幸せな暮らしぶりを拝見するのが私たちもとても楽しみです。

またお伺いした際に素敵なショットが撮れましたらご紹介させていただきます。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ