haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

連休があけて動き出しました

2017年5月12日

連休が明けて現場が動き出し、活気づいているハウズです。

20170512115327.JPG
まずは月曜日に坂井市「正善の家」の既存家屋の解体がスタートしました。

建て主さまから「どの程度まで片づけておけば良いのでしょうか?」とご質問もいただきました。

不要になった生活用品(タンスなどの家具や雑多なアレコレ)の処分も一緒にお願いした場合、追加費用が発生します。

昔の解体工事は大型機械でガシャーンと一気に壊してなんでもかんでも一緒に産廃として廃棄していたので、「そういった物もサービスで処分しますよ」という時代もありまた。

が、現在は、解体業者さんも素材別に細かく分別しないと処分できない社会システムになっていますので、業者さんにお願いすると思いの外大きな追加費用が発生します。ですので、「なるべくご自身でリサイクル用品として引き取ってもらったり、分別ゴミとして行政の清掃センターに持ち込んだ方が手間はかかりますがとてもお得です」とお伝えしたら、とても綺麗に片づけて下さっていました!これだけ綺麗だと業者さんも仕事がやりやすいです。

↓和室に使われている立派な柱や梁などは新しい住まいでも再利用しますので、解体の際に傷がつかないように、事前にシートで覆ってあります。(青く見える部分です)
20170512120241.JPG

20170512115442.JPG


今回の解体は概ね3週間かかります。

接道している道路が狭めなので、大きなトラックが横付けしにくいなどの条件もありましたが、建て主さまのご協力もあって順調に工事が進んでいきそうです。

何よりも安全に完了するようにしっかり監理していきたいと思います。

もう一つは、福井市H邸新築工事の地盤調査でした。

20170512121957.JPG
地面に主要な柱の位置にマーキングがされています。

20170512122105.JPG
スゥエーデンサウンディング方式で行います。
大きなドリルのようなもので、マーキングした箇所を一定の圧力でグリグリ掘りまして、その回転数や状態で地盤の固さを調査します。

結果によって地盤改良工事が必要かどうか、「必要だとしたら、どういう仕様が必要なのか」の診断が出ます。
こちらは既に地鎮祭は終了しているので、順調にいけば、6月中旬に上棟予定です。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ