haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

キッチン収納の扉は透明じゃないほうがイイ

2019年4月14日家と暮らし@福井

haws style 広報担当のワタナベです。

キッチン廻りの打ち合わせでよく話題になるのが、「見せる収納にするのか?隠す収納にするのか?」のお悩みです。

なので、今日はキッチン収納の扉について少しだけお伝えしたいと思います。

収納扉は透明がいい?透明じゃない方がいい?

キッチンの収納の扉について、「中が見える透明が良いですか?透明じゃない方がいいですか?」


とご要望をお聞きすると、一番に人気なのが「そのどちらでも無く、中間の半透明のタイプ」です。

オープンだと...

"どこに何があるかひとめで分かりやすい"

"出し入れしやすくて使いやすい"

というメリットがありますが、

"しょっちゅう使わないものの、ホコリや油汚れが心配"

"まる見えだと、並べ方や置き方などに気を使わないといけなくて面倒"

というデメリットもあります。

かたや透明じゃない扉をつけてしまうと...

"汚れなくて安心だけど、どこに何があるのかわからなくなるんじゃないか?」

っていう不安がありますよね。


だから。。。その両方のメリット、デメリットを解決するには、良いトコどりで、半透明の扉が良いんじゃないか?っていうご要望ですね。

その思考の流れはよくわかるんですが、実は半透明の扉って、インテリアとしてあんまりお薦めしないんです!

半透明の収納扉の真実!!

メーカーのカタログに載っていたり、ショールームでご覧いただく半透明のキッチン収納扉ってこんな感じ。

20150626180122.jpg

なかなか爽やかな感じですよね~。

これのどこに問題が?って思われるかもしれません...。


しかーし、よくご覧いただくとわかりますが、カタログやショールームは夢の世界、仮想空間なので、白やモノトーンのシンプルな食器がおしゃれに整然と並んでいます。


生活感が出ないように、素敵に見えるように演出されているからスッキリ見えている訳です。


で、実際の生活での食器収納の状態ってどうでしょうか?

ちょっと残念な事になって、実際にはこんな感じ、じゃないでしょうか?

20150626180145.jpg
これはまだ良い方で、本当はもっと雑然とした感じになると思います。

でも、生活するってそういうこと。

いろんな形のお気に入りの食器や雑貨を片付けておきたいですよね。

さらに子育て世代で、小さなお子さんがいれば、チープなプラスチックの色とりどりの食器や、キャラクター模様の水筒やマグなんかがたくさんあって、あたりまえ。

そのいろんな色や形が半透明の扉では隠しきれずに、ゴチャゴチャ見えてインテリア的にとてもうるさく感じます


だから、半透明の扉はお薦めしません。

半透明の扉でも不便はありません

上で述べたように、"そうは言っても半透明だと、どこに何かあるかわからなくて不便じゃないか?"


って思うかもしれませんが、我が家ですもの、すぐに慣れてどこに何があるかは覚えますから大丈夫です。

今までの建て主さまからのご意見でも、その部分で使いにくいっていうお話はありませんのでご安心ください。

キッチン収納の扉は中が隠せるものがお薦め

という訳で、ただでさえ物が溢れがちなキッチン廻りですから、スッキリと気持ち良く見える事を優先させることをお薦めします。

つまり、収納スペースには中に何をどんな状態で入れても扉で隠してしまえばOK!になるような"隠せる扉をつけましょう!

キッチン収納の実例紹介


実際に過去にハウズで設計させていただいた、中が隠せるキッチン収納の扉をいくつかご紹介いたします。

20190414142844.jpg

「リノベーション|渕の家」

20150626174108.jpg
「プラウズハウス」

20150626174149.jpg
「川島町の家」

20150626174232.jpg
「田原町の家」

20150626174335.jpg
「明倫の家」

いかがでしょうか?

気楽にちゃちゃっと片付けて、扉を閉めてしまえばスッキリ~。

参考になればうれしいです!

オーダーキッチンやキッチン収納家具の設計・施工のみも承ります。

お問い合わせからお気軽にご相談ください。


20160821104554.jpg


haws建築設計事務所


住所:福井県福井市運動公園1-1912


TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp


土曜・日祭日営業


【設計相談会のご案内】


毎日開催|お気軽にお越しください


【まずはメールで問い合わせてみたい】


気になる事なんでもどうぞ