haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

本体以外にかかる費用

坂井市の「正善の家」
解体工事が進んでいます。


20170515172329.jpg

20170515172231.jpg周辺道路が広く無いのであまり大きなトラックは使えません。廃棄物搬出のためにブロック塀を一部壊しています。

これは先週金曜日の状態です。

1週間足らずでかなり変化がありますねっ!

解体工事の費用の目安

さて良く、「解体工事ってどれくらい費用がかかるんですか?」て質問されるのですが、大体「えっ!?そんなにかかるんですか?」って驚かれます。「昔、実家を壊したときは○○○くらいで。。」とおっしゃる方も多いです。

というのは、以前は、大きな重機で押しつぶすようにガシャーンと破壊して、なんでもかんでもゴミとして処分可能だったので、あまり人手がかからず、木造の小さな家なら1週間もあれば終了していた時代もありました。そんな時代とは違い、現在は少しづつ分別しながら丁寧に手作業で解体していきます。

なので、ひと昔と比べて費用はかなり多めにかかりますので、今後、解体工事をしてから家を建てようとか、土地を売ろうとかお考えの方はご注意ください。

だいたいの目安としては。。。
木造=2~4万円/坪
(鉄骨造、鉄筋コンクリート造だと+1~2万円です)

解体工事の費用の違い

  40坪の木造住宅を解体するとき、その目安で考えるとだいたい100万円~160万円になります。 でもなぜ40坪の木造住宅を解体するのに、こんなに違ってくるのか?

一番の大きな要因は、建物の立地状況により費用のかかり方が違ってくるから。

まずは大きな重機を使えるかどうか?大きなトラックが横付けできるか?で費用が変わってきます。重機が入る道路やスペースが無い場合は「小運搬」と言って一輪車に廃材を積んで何度も何度も往復して、繰り返しますのでその分費用がかかります。

その他、解体するのには本体の解体工事費以外に仮設養生費、産廃処分費がかかるわけですが、それぞれの費用が建物の立地状況や周辺環境によって大きく変わってきます。

仮設養生費

仮設養生費とは、解体工事を安全に、そして近隣にホコリや破片などが飛び散らないようにすること。防音対策をする場合もあります。
「安全に・まわりに気をつかって慎重にやろう」とやるよりも、「数日のことだしえ~い、やっちゃえ~」とすれば安くなるわけですが、それで起きたトラブルでご近所さんとの関係が悪くなる、なんていうのは避けたいですね。前面の道路が狭くて尚且つ交通量が多い場合は、事故が起きないように交通整理の人を置いたりします。以前国道に沿った場所での解体の際にはこの費用だけでもかなりかかりました。
 

産廃処分費

産廃処分費とは産業廃棄物処分費の略です。もちろんちゃんと正規で処分するのが前提です。実は山奥に捨てる業者がいないわけではありません。極端に安い見積もりを提示された場合はちょと慎重になった方が良いかもしれません。

建物本体以外に、塀や石垣やアプローチなどがある場合も、土に埋まった部分まで根こそぎ撤去しようと思うと案外費用がかかります。(掘り起こすのは凄く大変です)

安ければいいってもんでもないんです

ということで、解体工事は「壊すだけじゃん!!」って訳ではないので、安ければいいってもんでもないんです。安全で、近隣の方に迷惑のかからないように、法律を守った、ちゃんとした解体工事をしたほうがいいに決まってます。

しかし!解体してしまえば結果としては更地になって何も残らない訳なので、「なるべく費用はかけたく無い」っていうお気持ちもよーくわかります。でも、解体工事の内容やどこまで入っているか?で高い・安いが決まってきます。そのあたりを建て主様が業者さんと交渉するのは難しいと思います。誠実に間に入って業者さんと打合せしてくれる信頼できるプロに依頼することをお薦めします。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

建築相談に来られる方からのご相談内容で多いのが、費用についての不安です。

今なら坪単価、いくらいくら!って煽りだけで、慌てて、とりあえず、契約。

っていう事にならないように、予備知識として知っておいていただきたい事を、ご紹介します。

建物本体価格以外に発生する費用についてのご説明です。


本体工事費以外にかかる費用について

■給排水工事費用
■電柱の移設費用
■敷地状況による割増費用
■地盤改良工事費
■外構工事費
■TV回線・情報回線引き込み工事費
■解体工事費用
■カーテン工事費
■その他諸々費用


【給排水工事費用】

給水管の引き込み費用は、敷地条件によっても違いますが、自治体への水道の加入金や負担金も含めておおむね25~50万円程度必要です。

排水管の引き込み費用はやはり敷地条件によりますが、やはりおおむね25~50万円程度必要です。

両方の引き込み工事が新たに必要となると合計50~100万円程度必要です。

分譲地を新たに購入する場合は、給排水管が引かれているかどうか、必ず確認して下さい。

本管は近くても、私道を通らなくてはならない場合などは、手続きが必要になりますし、さらに費用もかさみます。

建て替えの場合は、新たな引き込み費用は発生しませんが、現在使っている給排水管の太さが何ミリか調べてもらいましょう。

30年くらい前に建てられた住まいは給水管の口径は、ほとんどが13mmです。

これは蛇口の数が7つ程度を目安にしていますので、2世帯住宅などでは蛇口の数が増える傾向があったり、2階に給排水設備を設けるプランの場合は20mmの口径に引き直す必要が出てくる場合もあります。


【電柱の移設費用】
敷地の中で、プラン上、玄関や駐車スペース、窓の前などに電柱があって邪魔になる場合は、電力会社に移設の申し込みをします。
手続き費用以外に、電力会社から費用を請求される場合もあります。

【敷地状況による割増】
接している道路幅が4m以上あるかどうかは大きなポイントです。

4m以下ですと、工事車両や重機が現場まで出入りできない、あるいは、特殊な方法が必要になりますので、工事費は割高になります。また、隣家が迫っていて、足場が組めないなどもコストアップの要因です。


【地盤改良工事費】

プランが決まったら、地盤調査をおこない(5万円程度)、その調査結果にもとづき、地盤改良工事を施工します。

調査の結果、地盤に十分な強度がある、という事なら、この費用は発生しません。

ただ、福井市・坂井市・鯖江市周辺で、地盤改良の必要なし、という、うれしい結果が出るのは、おおよそ、5案件に1件あるかどうか。

地盤改良が必要、という結果が出た場合は、その強度によって改良方法も違うのですが、おおむね30万円から80万円程度の費用が発生します。

これに関しては、その土地それぞれで、調査結果を見てみないとわからないのですが、おおよその情報として、
今までの調査結果を地図にして公開してくれているサイトがあります。以前記事にしましたので、参考になさって下さい。

過去記事:住んでいる場所の地盤情報


【外構工事費】

これは、
・アルミカーポートとその足元のコンクリート敷設
・アプローチとポーチに至るまでの階段のコンクリートやタイル
・門柱(最近はあまり見かけませんが)やブロック塀、木塀など
・ウッドデッキ、タイルテラス、縁側など
・庭の植栽や芝張
・敷地が隣地よりも高い場合、あるいは低い場合の土留め(周辺が田んぼの場合は要注意)工事
・敷地が隣地よりも高い場合、あるいは低い場合の土砂を入れる、逆に駐車スペースだけかき出す工事

など、建物の本体とは別の個所の工事費用です。
これ、案外、素人の方が想像するより、費用がかかりますので、なんとなくこれくらいで出来るだろう。では無く、概算でも良いので確認しておく事をお薦めします。

【TV回線・情報回線引き込み工事費】

ケーブルTVや固定電話回線、ネット回線のお申込みと引き込み工事費用です。

おおむね5~10万円程度でしょうか。

【解体工事費用】
(建て替えの場合について、に限られます)

建て替えの場合は、古い建物の解体工事が必要になります。

この費用には建物の解体費と廃材の処分、運搬費が含まれており、木造住宅で通常は坪当たり3~3.5万円程度です。

但し、機械で取り壊し、トラックで廃材を運搬することを前提としているので、道路が狭くて車が入れない場合や、機会を持ち込めないので、人力での作業の場合などは、割高になります。

その他、隣の家と境界線を共有していて→ブロック塀などの真ん中が地境というパターン→これ、ひと昔前は良くあります。

・・・は解体の際に駐車スペースのコンクリートなどを壊した影響で、その共有しているブロック塀なども傾いたり、壊れたりした場合は原状復帰(もとの状態に戻す)の費用もかかります。

それから、取り壊す家の中に、古い家具やいらなくなったいろんなモノがあって、「アレも、一緒に捨てて下さい」というパターンですが・・
残念ながら、ひと昔前はサービス(無料)で解体屋さんが引き取ってガシャーンと壊して、一括処分くれたんですが、今は、全部を手作業で素材別に分別&リサイクル&処分します。結果、作業の実費の請求がきますので、要注意です。

手間はかかりますが、ご自身でコツコツ、リサイクル屋さんに持って行ったり、分別した上で地域のゴミ処分場に持ち込んだりした方が安く上がりますし、昨今ですから個人情報の観点からもお薦めします。建て替えを決意したら、断捨離スタートしてみて下さい。

【カーテン工事費】

カーテンと書きましたが、実際にはカーテンだけでなく、木製ブラインドやロールスクリーンなどをオーダーでご用意すると、
概ね平均で30万円程度の費用がかかります。

吹き抜けで手が容易に届かない場所の窓に、電動スクリーンなんていう場合も時には発生します。

【その他諸々費用】

ここからは、どうしても必要!
という訳ではありませんが、モロモロの費用をご紹介します。

・地鎮祭
地縄という家の形にロープなどをはった敷地にテントを張って、神主さんに来ていただき、土地の神様へ施主と工事関係者でご挨拶をします。神主さんへのお礼として3万円程度必要です。

・建前式(上棟)
最近は簡素化されてきていますし、ハウスメーカーでは行わないのが一般的になっています。
ハウズでも、お休みをご夫婦揃ってとるのが難しいとか、工期を少しでも短縮したい、などの場合は、行わない事も増えています。

行う場合は、午前と午後の休憩時のお茶とお昼のお弁当、そして、職方さんへのお土産とご祝儀をご用意いただく事になります。
おおむね、7~10万円程度の費用がかかります。

・お引越し費用
時期や距離、荷物の量や運びだしの難易度で費用に幅があるのですが、おおむね10万円程度のようです。
ただし、3月と4月初旬は3倍くらいに相場が上がるそうですので、ご注意下さい。

・家具や家電品
新しい住まいになったら。。。といろいろ夢が広がると思いますので、欲しい物をリストアップして価格を調べ、どれくらいの費用を見ておけば良いのか、心の準備をしておく事をお薦めします。



20160821104554.jpg


haws建築設計事務所


住所:福井県福井市運動公園1-1912


TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp


【建築相談会のご案内】


毎週日曜日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください


【まずはメールで問い合わせてみたい】


気になる事なんでもどうぞ