haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

設計事務所との家づくり

ある建築系のWEBサイトでみかけた情報なんですが

新建ハウジングデジタル:建築家と建てる家のイメージは?

一部転載しますと。。。
●70.9%が「建築家と建てる家に憧れたことはある」と答えたものの、検討
中の依頼先としては「大手ハウスメーカー」(49.5%)「地元工務店」(45.6%)が多く、「築家」は12.0%にとどまった。

はい。これは感覚としてそんなもんだろうな。。と思います。

全国の平均ですので福井のような地方はもっと少ないと思います。

●建築家と建てる家のイメージを聞くと「設計料が高い」「自分に合う建築家とどう知り合えばいいかわからない」「そもそも、どう頼んでいいかわからない」が上位にきた。

・・・だそうです。あと、打ち合わせの回数が多かったり、決めなくてはいけない事が多くて面倒とか。。。。

面倒って言われると...泣きそうです(涙)

参考までに上記のサイトからお借りした調査結果のグラフ貼り付けておきます。

20150531134401.jpg

正直、ちょっとショックなデータではありますが、逆にこれらを改善したり、そう世間で思いこまれている誤解を解く努力をすれば、これから家を建てる方の依頼先として広がっていく可能性があるという事。

だと前向きに考えて、いろいろ取り組んでいこうと思います。

と、いっても新しいコトを始めるよりもまずは、今現在既にやっている事を深めたり、もっと知ってもらったり、をしていこくことかな。

頑張ります。

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 


「あおいの家 暮らしがみえるオープンハウス」
9月25日(日曜日)松岡町にて:先着6組限定
詳しくはコチラ

小さな住宅では、階段の下も有効利用したいところです。

収納スペースとしてプランする場合も多いですが、今回の案件ではさらに有効活用という方向でトイレスペースとして検討してみました。

問題は天井が水平には取れないという事。

大丈夫ですよね?と、言われるも、微妙な感じ。

少々、窮屈だということをお伝えするのに、CGを製作してご説明。

図面から正確に作って、人型を入れて、シュミレーション。

階段の廻り方などで、微妙に階段下のスペースも変わります。今回はこれ以上のスペースは2階のプランの関係で難しい。

検討の結果は。。。。

採用しないことに。

20140823143055.jpg

無駄だったようにも思いますが、こうやっていろんな可能性の検討をする事、そのものが設計なので、次回からもめげずに続けていきます。

特に小さな家の設計は細やかな検討が必要になります。

 

20160905111228.jpg

9月25日(日曜日)松岡町にて 詳しくは→コチラ

【建築相談会のご案内】
毎週日曜日開催。当日予約可能ですが予約優先ですので事前のご連絡がお薦めです。お気軽にどうぞ。

【まずはメールで問い合わせてみたい】
気になる事なんでもどうぞ。

 

 

原田です。

毎日、暑い日が続きますね。


新しく導入したCADを試行錯誤中

ここのところ、新しく導入したCADを使いこなして、もっとスピーディーな打ち合わせができないかと、試行錯誤をしています。

いや試行錯誤は独立してからずっとやっていることですが、新しく導入したCADが、BIMに対応しているので、この際、hawsの設計の進め方も含め、これに合わせた基本設計手順の見直しを行っております。

BIMとは・・・・・・Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称で、コンピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューションであり、また、それにより変化する建築の新しいワークフローです。


hawsで何が変わるか

これを導入することで、hawsでは何が変わるかというと、設計の初期の段階(基本設計)でも、建物の性能や、コストを同時に確認できます。

そうする事で、拾い出し等の作業をしなくても、また施工者からの積算情報などを待たなくても、建築費用を施主にお示し出来て、打ち合わせを進められるようになる。そういう可能性が出てきたということ。

完全とは言わないまでも、少なくとも今までの設計実績のデータを蓄積すれば、それがすぐ引用されることになるはず。


hawsが目指していること

実現すれば、もっと本当に頭を使うべきことに時間を費やせる様になります。


すべては、もっといい設計のために

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

プランを考える時、特に外観イメージを膨らませる時に、頭がいたいもの。

それは、悩ましい「カーポート問題」です。

みなさんのご希望はこんな感じ 

設計のご依頼をいただいて、ご要望をお聞きする際に、外観デザインについてお尋ねすると、多くの方が「ビルトインガレージあるいは建物と一体化した駐車スペース」をご希望にあげます。

過去の設計実績の例だとこんな感じです↓

20160801145836.jpg

20160801145927.jpg

20160801150007.jpg

20160801145858.jpg

・家全体に統一感があって
・玄関まで雨や雪に濡れずに移動できる合理性
・外物置も組み込んだりも可能でスッキリ

一言で言うと、「デザイン性が高く、機能的な家」

家の雰囲気がグッと良い感じになります。

これって、最高ですよね。

しか~し、街を見渡すと、新しく建てられた家の道路側には、ほとんど、といって良いくらいアルミカーポートが目立ちます。

アルミカーポートが選ばれる、その理由は・・

特に新興住宅地だと、まるで、「アルミカーポートの展示場か?笑 」っていうあの光景。

それはなぜか?というと。。。。。理由はたった一つ。

「コストが格段に抑えられるから」

もともと、アルミカーポートが好きな人っていないと思うんです(あ、メーカーの方が読んでいたらごめんなさい)
でも、コストパフォーマンスだけを追求すれば、アルミカーポートに勝るものは無いと思います。

デザインにこだわりたいんですVSコストは抑えたいんです

結局はこの戦いですね。

アルミカーポートなら(2台分で積雪タイプでも)工事費用入れても50~60万円程度。

20160829182930.jpg


それに比べると、ビルトインや建物と一体化した場合は3~6倍程度かかりますから、家自体の広さや設備やスペックやインテリアに比べると、結局は優先順位がどんどん下がっていく。

施主様のお気持ちは良くわかります。

どうすれば良いのか?

例えば、当面は車はオープンスペースで、という決断をされる施主様もいらっしゃいます。

これはこれで、潔い選択のひとつです。

アルミカーポートは好きでは無い。

だから資金に余裕が出来たら、将来、デザイン性のあるカーポートを考えます。という考えです。

オープンスペースの駐車スペースの場合の設計実績↓
20160801160113.jpg

20160801160323.jpg

20160801160349.jpg

。。。。とはいっても、冬は雪も降るし、一年を通して雨の日も多い福井で、屋根なし駐車は不便。。。。

やっぱり、屋根のある車庫が欲しい。
もう、アルミカーポートでイイや!

そのお気持ちも良くわかります。

それでも、それでも、

これから住まいを考える方には、ぜひ、あちこち街を歩いてみて、良い意味で「なんだか違うぞ」と思える住まいが、どうして素敵にみえるのかを、ちょっとだけ、そういった視点からも考えてみていただけたら、うれしいです。

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 


前回の記事に続いてリノベーションについてです。

現実的に話が進まない理由

最近ご相談にみえられる方も増えているのですが、なかなか「じゃあ、前向きに話を進めましょう!」という段階
には進まない事が多いのが実際です。

理由は、ご要望内容とご予算の乖離です。

ハウズがご相談をお受けするのは大体は住宅としてのリノベーションなので、これから何十年も住むのが前提。

ですから、

「古いから構造が心配。大きな地震がきても大丈夫な様にきちんと見直してほしい」

「寒くて暗くて結露だらけなのが嫌。ジメジメしてるから快適にして欲しい」

というご希望はどなたからもお聞きします。

つまり、
耐震補強が必要。
そして断熱気密の性能をUPするための根本的な工事が必要だという事。

まずは住宅としての基本的な性能を考える

さらに案件によっては屋根材が耐久年数を超えている場合があったり、外壁が傷んでいたり雨樋が壊れていたり。。。。

などなど、住宅としての基本的な性能を確保する必要があって、まずはそのための費用がかかります。

その上で、キッチンや浴室・トイレなどの設備の入れ替えや配管・配線のやり直しが必須です。

ここまでで、かなりのコストがかかります。

リノベーションならではの面白さ

いわゆる坪単価でいくら?というのは良く質問されますが、案件ごとにまるで条件が違いますので一概には言えませんが、目安として30坪程度の建物で、1000~1200万円程度必要です。

それで、その上で、リノベーションならではの、古い部分を活かしたこだわりや面白さ を考えていきます。

案外この部分は、そんなにコストをかけない方法や一部はDIYでご自分で施工したり、の工夫の仕方次第ではコストを抑える事も出来る可能性もあるのですが、そこへ至るまでの上記の部分のコストについて、案外みなさん気が付いていない様です。

おそらく、古屋を改装したカフェとかショップ、ギャラリーなんかの「お洒落に見えるけどお金かかってなさそう」なイメージが先行しているんだと思います。

カフェならそれでOKだけど

もちろん、店舗やゲストハウスなど非住居でしたら、それでOKだと思います。

初期投資のコストを下げていくためにもあるいはそういったラフな店づくりそのものがお店のコンセプトに通じる場合が多いですし、その未完成な感じも含めて空間の面白さになります。

私個人もそういったカフェや雑貨ショップ大好きです。


長期的な視点で考えるが大事

ただ、この先何十年も住まいとして住み続けるつもりなら、そういったお洒落さだけで「安く」リノベーションした場合に、あとあと後悔しないかどうかをきちんと考えた方が良いと思いますし、そういった視点で長期的に考える事をお薦めします。

大げさな言い方ですとカフェなら隙間風ビュービューでもストーブ焚いてなんとかなりますが、自分の家だったら、どうでしょうか?

結果、ご予算とご要望内容はなかなか一致せず、だいたいの方は 「そんなにかかると思わなかった」 とおっしゃっいます。

業界も従来の「リフォーム」を「リノベーション」と表現を変えただけで「おしゃれな住環境」を安く提供できるようなムードを醸し出して商売にしようとしているような気がします。

もともとリフォーム業界は請け負う業者が玉石混交(良いものと悪い物が混ざっている)状態です。

ですので、ムードに流されずきちんと計画内容を把握して、上っ面だけを見て、安い!と飛びつかない様にする事が大切です。

「リノベーション実績紹介」はコチラ

それぞれの実際の案件ごとの費用は相談会にてご案内できます。

ぜひお気軽にお問合せ下さい。

20150407193245.jpg
(写真は以前に伺った石川のカフェです。なかなか大胆なリノベーションでした。
気に入ったんですが、現在は、他の場所で新築した店舗で営業されているようです。)

リフォーム・リノベーション のその他の記事

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

最近耳にする機会が多くなった「リノベーション」という言葉。

実際に当事務所の建築相談会に参加される方の相談内容としても増えています。

リフォームとリノベーションの違い

まずは今まであった「リフォーム」という表現とどう違うのかですが、実は、両者の厳密な定義や線引きはありません。
ですので、業界としては自分サイドの物差しで使い分けているのが現実です。

そこで、今回良い機会ですので、最近の状況やハウズの考え方を少し整理してみました。

少し長くなりますので記事を2回にわけます。

参考にしていただければうれしいです。

20150407133205.jpg
「水切町の家」

「リフォーム」
古くなった設備や内装を新しくしたり、間取りを変えたりすることをさし、増築も含む新築以外の「住まいの改修」全般を表す言葉として今までは最もよく使われていました。

本来英語の「reform」は、作り直す、といった意味ですので、日本語のリフォームは和製英語です。

ちょっとしたクロスの張り替えや、古くなった設備(例えばボイラーが壊れたから新しい物へ)の取替えから大がかりな改修や増築まで「リフォーム」と呼ばれていましたが、最近はどちらかというと、老朽化したものを元の新築時の状態に戻す。というニュアンスで使われることが多いようです。

合わせて比較的小規模な工事、短期間ですむ工事をさすようになってきたようです。

「リノベーション」
これに対して、リノベーションでは、新築当時よりもむしろ性能そのものをより向上させて、新たな付加価値をつけることを目的に行われます。

躯体のみのスケルトン状態にした上で、(つまり基礎・土台・柱・梁、小屋組のみの骨組みだけの状態)耐震補強や断熱気密性能の向上を図ることが一般的で、ライフスタイルに合わせた間取りの変更を含み、水回りの位置などを変える為、大掛かりな配管
工事などを含むことが多くあります。

「リノベーション」は住みつなぐ手段

「リフォーム」は、古くなった設備や内装を新しくしたり間取りを多少変えますが、新築当時と同じ程度の性能に戻す事。

「リノベーション」は古い建物の良さを活かしながら、新築時以上に性能を向上させたり、住まい手の好みのデザインや間取りに変えたりすることにより、古い住まいに明確な意思を持って「新たな付加価値」を加え、積極的に住みつなぐ手段といえると思います。

こうやって考えていくと、断然リノベーションが魅力的に思えてくるかと思います。

が、一般の方からお受けする最近の相談事例などから、ちょっと情報が混乱しているように感じています。
そのあたりの話題は次の記事でご紹介します。

リノベーションについてvol2

リノベーション・リフォーム のその他の記事

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

最近、「小さな家」のご相談が増えています。

「小さな家」のご相談いただいています

先週は2組いらっしゃった方がどちらもご実家所有の小さな土地に、2人暮らしの住まいをご計画していらっしゃいました。

雑誌などでは都市部では昔から話題になっていますし、ネットの建築系サイトでも繰り返し取り上げられています。

ところで「小さな家」って、どこからが「小さな家」なのか?

定義があるわけでは無く、一般的には25坪以下くらいを指すようですが、比較的広い家が多い福井の感覚だと、延床面積30坪以下くらいでしょうか。


「小さな家」の理由は

小さな家をオーダーいただく場合の理由は。。

1:そもそも土地の面積が小さい
2:住まわれる人数が少ない。1人か2人。
3:コストをかけたくない
4:土地はそんなに小さくないが、庭を広く取りたいので、家は小さくしたい。

が多いようです。

最近、ご相談いただく場合は、上記のうちの複数の理由があてはまるケースが多いです。

「小さな家」のメリット

「小さな家」と聞いて、あまり良い印象が無いかもしれませんが、メリットもたくさんあります。

1:土地の選択肢が増える。生活に便利な中心部の小さな土地でも可能になる。
2:コストが抑えられるので、質を上げたり、こだわりを実現できる。
4:冷暖房費などの光熱費や固定資産税などランニングコストが抑えられる。
5:日常の掃除が楽。外壁や雨どいなどのメンテナンスの負担も小さい。

家が小さいと、いろんな形状の土地で建築可能になります。
または同じ広さの土地なら、庭が広く取れたり、隣の家との距離がとれて風通しや明るさが確保しやすいです。

床面積が小さければ、建築費用は抑えられるので、その分をインテリアや設備のこだわりに向けられたり、あるいは、家具や薪ストーブなど趣味的な部分に費用をかける余裕が生まれます。

「小さな家」の設計は難易度高い

設計においては、小さな家の設計・間取りは、実は難しいです。

ただただ、すべてをちんまりとしたのでは、使いにくい、窮屈な、安っぽい住まいになってしまいます。

そして、大切なのは、住まい手自身の自分の望む暮らしへの洞察力です。

自分たちが心地いいのはどういう時なのか、住まいで過ごす時間の中で何を大切にしたいのか、じっくり、ご自身と向き合って答えを出していくことが必要です。

ステレオタイプ的な、LDKが広くて、客間があって、書斎があって、家事室があって。。と目的別のスペースをあれこれつくろうとする考えでは「小さな家」はつくれません。


「小さな家」の収納

そして、「小さな家」で一番のやっかいは、収納です。

収納スペースも当然多く作れないので、物との付き合い方、ライフスタイルそのものを見直す必要があります。あったら便利。は無くても大丈夫。

それくらい、大胆に考えていければ身軽に生きていけそうです。

ちょっと、ハードル高いかもしれませんが、いろんな事を改めて深く考える、良い機会だと思います。


「小さな家」は暮らし力が必要

と、ここまで書き出してみて、「小さな家」は誰にでも住めるとはかぎらなさそうです。

やはり、住まい手にある程度の暮らす力→暮らし力?が必要になりそうです。

きちんと、自分たちのとってのちょうど良い暮らしを考えて見て、時には、それは本当に必要だろうか?いつまで使うんだろうか?と自問自答してみて、結果、そのちょうど良さをカタチにしたら、「小さい家」だった。というのが理想的かもしれません。

家の広さを考える前に、ちょっと立ち止まって、自分たちにとってのちょうど良さを考える。

そんな家づくりもありかもしれません。

ル・コルビジェの「小さな家」

小さな家と言えば、そのままズバリの「小さな家」

ル・コルビジェのレマン湖の小さな家が有名です。

20160513134830.jpg

両親のために作った わずか60㎡の本当に小さな家ですが、そこには素敵なアイディア・プランが詰め込まれています。 写真やデッサン画があって眺めていても楽しい本です。

hawsの本棚にあります。お貸し出し出来ますので、お声かけください。

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

最近会った姪っ子に、「なんでみんな持ち家に住むの?一生賃貸住宅に住むのと、どっちが得?」って尋ねられました。

価値観によって答えはさまざま

「それは、難しい質問だね~」という事で話が弾んだんですが。。。

そもそも、得って何でしょうか?

経済的な事?精神的な満足感?生活の便利さ?

いろんな要素があって、これが正解!がありません。

ありがちな表現ですが、「価値観によって答えはさまざま」です。

ご家族の価値観が違えば、正解は違います。

目的は「家族の幸せのために住まいを整える」

20160407112820.jpg

ただ、たった一つ、はっきりお伝えしたいのは

「家族の幸せのために住まいを整える」です。

それは新築であっても、リフォームであっても、結局は、目的は「家族が幸せになるために」です。

その手段として、住んでて家族みんなが快適に過ごせる住まいを計画する。

ココは凄く大切にしたいところです。

手段にばかり目がいって、目的を見失わないように気をつけていきたいトコロです。

例えば、輸入車ディーラーの「ヤナセ」さんが

「クルマはつくらない、クルマのある人生をつくっている」

という企業コンセプトをCMしていますが、とても共感できます。

ちょっと、まねっこさせていただいて、haws styleでは

「住まいはつくらない。
良い住まいのある、幸せな人生をつくっている」

っていう感じでしょうか。


持ち家に住み替えて、良くなったこと、わるくなったこと

持ち家に住み替えて、良くなったこと、わるくなったこと
https://zuuonline.com/archives/101748

やはり、経済的な負担が大きいようです。

でも、それ以外の項目では満足感や幸せ感が伝わってくるアンケートになっています。

その家族にとって、適正な範囲でさえあるならば、

そして目的を見失わなければ、

住まいを整えるのは「家族の幸せ」のために大切な事。

だと考えて良いと思います。

20160821103754.jpg


20160821104554.jpg


haws建築設計事務所


住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp


公式WEBトップページ


【建築相談会のご案内】


毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください


【まずはメールで問い合わせてみたい】


気になる事なんでもどうぞ


 


ここのところ雨が続きましたが、今日は良いお天気でしたね。

基本設計中のO邸新築工事の現況再調査に出かけました!

20150904184706.jpg

既存の小屋や隣家の状況などを細かく計測中。。


設計事務所の仕事の時間はいわゆる図面を引いたり、デザインを考えたりは実際には5割くらいです。

実は
・施主様の想いを引き出すためのコミュニケーションや説明する時間。
・法規上の問題などをクリアするための事務的な検討。
・現場での施工者との協議。

そんな一見華やかではない地道な作業こそが施主さまにとって「良い住まいになった」という結果を生み出すためには必要だと考えています。

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

週末はT様ご家族とお打合せでした。

20150831112627.jpg

設計契約は今年の2月にいただいています。。。。。

ご夫婦のお仕事の関係で春、夏は忙しく「繁忙期を避けた冬の間に集中して打ち合わせ期間を設定したい」という、ご要望で、あえて、すぐには打ち合わせを始めずに、ただいまインターバル期間中です。

時々、メールでのご相談などお受けしています。

T様にはゆっくり設備のショールーム巡りやハウズで以前建てたお住まいへ見学に出かけたりしながら、新しい住まいへのイメージを膨らませてもらっています。

今回は10月からスタートする予定の基本設計に向けて、ゆるーく打ち合わせでした。

事前に検討しておいていただきたい資料などをお渡ししました。

ご家族のライフスタイルによっては、こういった打ち合わせ期間をご自身の余裕のあるタイミングに合わせていただく方法もお受けしています。

実は現在、もう1案件の長期契約中。

コチラは子供さんの小学校入学までには入居希望という事で土地探しから関わりつつの4年計画です。

慌てずにじっくり取り組みたい方にはお薦めです。

ご相談からお引渡しまでの流れ

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 


毎週月曜日の午前中は所内の定例打ち合わせです。設計中、打ち合わせ中の案件の進捗状況や問題点などを共有します。
20150601172506.jpg

haws styleではひとつの案件を3人で担当して複眼的な視点でそれぞれの意見をふまえながら進めます。

そうする事で、デザイン、機能性などバランスのとれた結果が出ると考えています。

いわゆる作家性の強い作風になるのをあえて避けています。

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 


プラン提案のお申し込みをいただくと、まずは敷地を調査しに行きます。

周辺の環境や道路との高低差などいろいろ確認してきますが、今回の案件の様に敷地が2方向の道路に面している場合は、どちらからの車の出入りが適しているのかの、見極めもかなり重要です。

20150325211059.jpg
その具合で建物・庭・玄関の配置が全く違ってきます。

何パターンか、図式化して整理して検討していきたいと思います。

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

昨日の福井新聞に掲載されていた
「ふくい建築賞2014」の記事。

張り切って読みましたが、残念ながら最優秀賞の作品名と設計者の事しか取り上げられていなくて、ちょっとがっかり。

ですが、施主さまがご自身のfece bookでとてもうれしいコメントをされていたので、それを読んだらそんな事、忘れちゃいました。

転載の許可をいただいたので、当日の写真と合わせてご紹介させていただきます。

20141117190138.jpg
プレゼンではご家族のお料理やピアノ演奏の様子も紹介させていただきました。


20141117190050.jpg
関係者一同の記念写真

20141117190114.jpg
原田所長の優秀賞受賞のコメント


20141117190201.jpg
田中裕子似(と私は密かに思っている)の施主奥様と記念写真。
やっぱり、この笑顔が最高です。


↓以下は施主奥様のコメントです。

「今日は「ふくい建築賞」の最終選考会と表彰式もありました。

一般公開のプレゼンがあり、我が家の宴会写真や私のピアノを弾いている写真も出てきました。

大学では建築を勉強したものの、何の建築物も建てずに電気屋になった私。

このような建築のコンペの場に立つのは最初で最後でしょう。
とても貴重な経験をさせていただきました。

結果は最優秀賞は残念ながら逃しましたが、優秀賞をいただきました。

審査員の先生方からの批評としては
「狭くてもまちなかに住んでやるんだ!という施主の強い意志を感じる家」
「欲張りな施主の思いをいっぱいに詰め込んだ家」
。。。。笑えました。

本当に家が建つかどうか分からないくらいの狭い土地、そして厳しい条件の中、ミリ単位の調整をたくさんしていただいて、今の家と生活があります。改めて設計士さんと施工業者さんには感謝です。」


・・・・こちらこそ感謝してもしきれません。
当たり前の事を当たり前にしただけでこんなに喜んでいただける仕事をしている事をうれ
しく思います。

ありがとうございました。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
そして、さらに精進いたします。

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

ご報告です!

今年から始まった「ふくい建築賞2014」

本日2次審査で選ばれた6作品に対しての審査会と表彰式がありました。

結果、住宅部門において「クワトロハウス」に優秀賞をいただきました。

20141115185323.jpg

ありがとうございます。

お忙しいなか、施主さまのOさまも駆けつけて下さり、所長と共に壇上に上がっていただきました。

20141115185345.jpg
晴れやかな笑顔~。

他の設計事務所の方のコメントでは、「うれしいというよりも悔しい気持ちが大きい。もっと頑張りたい」というような趣旨のお話もありましたが、私は個人住宅に関しては、施主が喜んでくださればそれでもう「はなまる二重まる」

そして、こっそり自分たちで「ここの納まりが綺麗だ」とか「このバランスはなかなか良いぞ」とか自己満足させてもらって、もう、それでいつもワクワク幸せに浸っています。

なので、こうやって、賞をいただくのはもちろんうれしいのですが、あくまでも神様からのご褒美かな、と思います。

社会性や他者の目線を気にして
「作品」にならないように。


ひとつ、ひとつ住まい手それぞれの事情や価値観を踏まえた上での問題解決としての「作例」として、取り組みを心がけていきたいと思っています。

・・・・って、でも、うれしいです!まずはいただいた賞金でクワトロハウスご一家と施工者さんと一緒に祝賀会!の段取りしなきゃ!です。

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

原田です。

現在設計中のプラウズハウス。

20120831171107

敷地が長方形ではないので、有効利用を考えて平屋の部分と2階建ての部分を

敷地のそれぞれの境界に平行に配置しました。

そのせいで、平面的にみるとブーメランのようになってます。

その事自体で、空間に斜の余裕部分ができ、面白みが生まれる予感がします。

こういう場合の筋交いの考え方については、力のベクトル分解でやるべきでしょう。

剛心、重心等も心配になりますが、最近某CADソフトで計算できるので、昔に比べて楽になったと思います。

というか、手計算なら、このようなプランは避けたくなるんですよね。

20120831174649

20120831174648

こちらはCGイメージ。そしてこれから実施設計なのですが、

出来上がりとどう変わっていくのか、請うご期待。