haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

リノベーション・リフォーム

「住みながら、のリフォームは可能ですか?」とご質問いただきました。

リフォームを考えている方から良くお聞きするご要望のひとつなので、他にも気になってる方のために今回詳しくご紹介してみます。

「住みながら」のリフォーム(増築や改築を伴う大規模なもの)が可能かどうかは、条件や制約によって違ってきます。

水廻りの部分に手を付けない工事内容である事

あるいは、水廻りにも手をつけるなら、ある程度の期間、寝泊まりだけは出来ても、入浴や台所の使用はあきらめるか、仮設で作った簡易的な設備(良くイベント会場に置いてあるトイレを想像してください)を使用する事。

イメージ的には、ちょっと避難所生活的な期間がある事を受け入れられる事。


家の中でエリア分けしていける広さがある事

ある程度、既存の住まいが広めで、こっちをやってる時にこっちに住んで、こっちが出来たら、あっちに移って、的な融通をきかせる事が出来る広さがあるとなんとかなりやすいです。もともと玄関が2箇所あるとか、寝室に使える部屋が複数あるとか。


1期工事と2期工事工事に分ける

上記2項目とも関係ありますが、1期工事と2期工事に工事を2つに分けて、水廻りとLDKだけ1期工事として完成させて、住んでしまって、2期工事で玄関と寝室を工事する。というような方法があります。
ただ、費用と工事期間が大目にかかります。

完璧な工事の養生は出来ない

家の一部を区切って工事をするので、どんなに丁寧に仕切っても(ベニヤで仮設の壁を作ったり、ブルーシートなどで覆ったり)多少は、ほこり等が、生活エリアに侵入してきます。加えて日中ご在宅の方には工事に伴う騒音や車や職人の出入りがストレスになる場合もあります。

そこら辺をおおらかに考える事は必要かもしれません。


敷地の条件によっては無理な場合もある

敷地の条件(道路との関係や隣家との距離など)によっては、解体作業の都合や資材の搬入経路や仮置き場所などの関係があってどうしても無理な場合もあります。


20170714155513.jpg
「リフォーム設計実例|水切町の家」


まとめ

長期間かかる(大規模な場合だと4~6ヶ月程度)リフォームの場合は、上記の様な大変さが伴います。

特に工事期間が寒い季節にかかる場合や、家族の中に高齢者、小さなお子さんがいる、神経質だったり病気がちな方がいる場合は、負担が大き過ぎてストレスにならないか、検討する事が大事です。

「住みながら」に拘るあまり、工事期間が長くなったり、コストが割高になるデメリットを含めて、どうするのが自分たち家族にとってベストなのかを、一旦、近所のマンスリーマンションや貸家に住まわれる事と比べてどちらが良いかどうか、良く考えてみる事が必要です。


とは言いますが、半年以上に渡っての「住みながらのリフォーム」に取り組まれて、「新しい家が楽しみで頑張れました!銭湯通いも今となってはいい想い出です」とおっしゃって下さったツワモノの建て主さまもたくさんいらっしゃいます。

ご両親は住みながら、子供夫婦さまは小さいお子さんがいらっしゃるのでマンションに。というケースもありました。

ご家族さまによって選択肢はさまざまです。

その都度、じっくりご相談させていただく事にしています。

リフォームのご相談もお受けしています↓

7月15日・16日・17日。設計相談会やってますよ~。

お気軽にお越しください。お待ちしています。
(要予約です。事前に0776-33-1220までご連絡ください)

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

前回の記事に続いてリノベーションについてです。

現実的に話が進まない理由

最近ご相談にみえられる方も増えているのですが、なかなか「じゃあ、前向きに話を進めましょう!」という段階
には進まない事が多いのが実際です。

理由は、ご要望内容とご予算の乖離です。

ハウズがご相談をお受けするのは大体は住宅としてのリノベーションなので、これから何十年も住むのが前提。

ですから、

「古いから構造が心配。大きな地震がきても大丈夫な様にきちんと見直してほしい」

「寒くて暗くて結露だらけなのが嫌。ジメジメしてるから快適にして欲しい」

というご希望はどなたからもお聞きします。

つまり、
耐震補強が必要。
そして断熱気密の性能をUPするための根本的な工事が必要だという事。

まずは住宅としての基本的な性能を考える

さらに案件によっては屋根材が耐久年数を超えている場合があったり、外壁が傷んでいたり雨樋が壊れていたり。。。。

などなど、住宅としての基本的な性能を確保する必要があって、まずはそのための費用がかかります。

その上で、キッチンや浴室・トイレなどの設備の入れ替えや配管・配線のやり直しが必須です。

ここまでで、かなりのコストがかかります。

リノベーションならではの面白さ

いわゆる坪単価でいくら?というのは良く質問されますが、案件ごとにまるで条件が違いますので一概には言えませんが、目安として30坪程度の建物で、1000~1200万円程度必要です。

それで、その上で、リノベーションならではの、古い部分を活かしたこだわりや面白さ を考えていきます。

案外この部分は、そんなにコストをかけない方法や一部はDIYでご自分で施工したり、の工夫の仕方次第ではコストを抑える事も出来る可能性もあるのですが、そこへ至るまでの上記の部分のコストについて、案外みなさん気が付いていない様です。

おそらく、古屋を改装したカフェとかショップ、ギャラリーなんかの「お洒落に見えるけどお金かかってなさそう」なイメージが先行しているんだと思います。

カフェならそれでOKだけど

もちろん、店舗やゲストハウスなど非住居でしたら、それでOKだと思います。

初期投資のコストを下げていくためにもあるいはそういったラフな店づくりそのものがお店のコンセプトに通じる場合が多いですし、その未完成な感じも含めて空間の面白さになります。

私個人もそういったカフェや雑貨ショップ大好きです。


長期的な視点で考えるが大事

ただ、この先何十年も住まいとして住み続けるつもりなら、そういったお洒落さだけで「安く」リノベーションした場合に、あとあと後悔しないかどうかをきちんと考えた方が良いと思いますし、そういった視点で長期的に考える事をお薦めします。

大げさな言い方ですとカフェなら隙間風ビュービューでもストーブ焚いてなんとかなりますが、自分の家だったら、どうでしょうか?

結果、ご予算とご要望内容はなかなか一致せず、だいたいの方は 「そんなにかかると思わなかった」 とおっしゃっいます。

業界も従来の「リフォーム」を「リノベーション」と表現を変えただけで「おしゃれな住環境」を安く提供できるようなムードを醸し出して商売にしようとしているような気がします。

もともとリフォーム業界は請け負う業者が玉石混交(良いものと悪い物が混ざっている)状態です。

ですので、ムードに流されずきちんと計画内容を把握して、上っ面だけを見て、安い!と飛びつかない様にする事が大切です。

「リノベーション実績紹介」はコチラ

それぞれの実際の案件ごとの費用は相談会にてご案内できます。

ぜひお気軽にお問合せ下さい。

20150407193245.jpg
(写真は以前に伺った石川のカフェです。なかなか大胆なリノベーションでした。
気に入ったんですが、現在は、他の場所で新築した店舗で営業されているようです。)

リフォーム・リノベーション のその他の記事

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

最近耳にする機会が多くなった「リノベーション」という言葉。

実際に当事務所の建築相談会に参加される方の相談内容としても増えています。

リフォームとリノベーションの違い

まずは今まであった「リフォーム」という表現とどう違うのかですが、実は、両者の厳密な定義や線引きはありません。
ですので、業界としては自分サイドの物差しで使い分けているのが現実です。

そこで、今回良い機会ですので、最近の状況やハウズの考え方を少し整理してみました。

少し長くなりますので記事を2回にわけます。

参考にしていただければうれしいです。

20150407133205.jpg
「水切町の家」

「リフォーム」
古くなった設備や内装を新しくしたり、間取りを変えたりすることをさし、増築も含む新築以外の「住まいの改修」全般を表す言葉として今までは最もよく使われていました。

本来英語の「reform」は、作り直す、といった意味ですので、日本語のリフォームは和製英語です。

ちょっとしたクロスの張り替えや、古くなった設備(例えばボイラーが壊れたから新しい物へ)の取替えから大がかりな改修や増築まで「リフォーム」と呼ばれていましたが、最近はどちらかというと、老朽化したものを元の新築時の状態に戻す。というニュアンスで使われることが多いようです。

合わせて比較的小規模な工事、短期間ですむ工事をさすようになってきたようです。

「リノベーション」
これに対して、リノベーションでは、新築当時よりもむしろ性能そのものをより向上させて、新たな付加価値をつけることを目的に行われます。

躯体のみのスケルトン状態にした上で、(つまり基礎・土台・柱・梁、小屋組のみの骨組みだけの状態)耐震補強や断熱気密性能の向上を図ることが一般的で、ライフスタイルに合わせた間取りの変更を含み、水回りの位置などを変える為、大掛かりな配管
工事などを含むことが多くあります。

「リノベーション」は住みつなぐ手段

「リフォーム」は、古くなった設備や内装を新しくしたり間取りを多少変えますが、新築当時と同じ程度の性能に戻す事。

「リノベーション」は古い建物の良さを活かしながら、新築時以上に性能を向上させたり、住まい手の好みのデザインや間取りに変えたりすることにより、古い住まいに明確な意思を持って「新たな付加価値」を加え、積極的に住みつなぐ手段といえると思います。

こうやって考えていくと、断然リノベーションが魅力的に思えてくるかと思います。

が、一般の方からお受けする最近の相談事例などから、ちょっと情報が混乱しているように感じています。
そのあたりの話題は次の記事でご紹介します。

リノベーションについてvol2

リノベーション・リフォーム のその他の記事

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

福井市でリフォーム設計のご依頼いただきました。

築30年のお住まいは、立派な和風住宅。

20160517114441.jpg

外観や庭もとても綺麗で、LDKや玄関も広く、当時としてはモダンな間取りですし、丁寧に暮らされていて、一見このままで充分に思えますが。。。

・家族構成の変化に伴う間取りの使いにくさ
・耐震性能・断熱性能の改善希望
・収納の量や設置個所への改善希望
・水廻りの老朽化
・玄関やLDKを明るく快適に

などのご希望があり、2世帯家族の現在の暮らしに合った住まいへのリフォーム計画です。
良いご提案が出来るように、思案中。頑張ります。

【リフォーム・リノベーション設計実績】 

【リフォーム・リノベーション設計の費用について】

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

リノベーションの設計費用のお問い合わせをいくつかいただきましたので改めてご案内いたします。

住宅設計(新築)の設計費用はコチラです

リフォーム・リノベーションの場合の設計費用

規模・内容・難易度によって都度お見積もりいたします。
【建築工事金額(工務店との契約金額)の12~15%程度です】

主な業務の内訳(リフォーム・リノベーション共通)


1.設計図書作成(図面・模型・CG・パース作成)
2.現場監理業務・見積もり監理
3.インテリアデザイン・コーディネイト業務(家具、カーテン・外構その他)

•構造により(鉄骨造・RC造・木造3階建など)構造計算費用が別途必要となる場合があります。
•確認申請書類作成費用・地盤調査費用・その他補助金などの申請書類作成費用などは別途必要です。

着手金が必要です

リノベーション・リフォームの場合は
・現場調査
・現況図面の作成

などが発生しますのでプレゼンテーションお申込み時に着手金が発生します。

設計ご依頼時の契約金の前払い金といたします。
http://haws.jp/blog/2017/02/post-1224.html

参考:住まいづくりの費用とスケジュール

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ