haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

未分類

当事務所の、道をはさんだお向かい様。

長らく、空き家のご様子でしたが。。。。

20160701134517.jpg

昨日、突然「売土地」の看板が!

20160701134738.jpg

65坪。南と西の角地です。
既存家屋や塀などは撤去した更地引き渡しです。

南の道路を挟んで当事務所がございます!

目の前ですので、設計ご依頼があれば、もう、毎日、見に行けますし。。笑

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ!

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

消費税UP延期になりましたね。

そんな雰囲気が濃くありましたが、総理大臣は「実行します!」って言うし、どっちなの~?!!

って、思ってたんですが、どちらが良いのかは別の議論として、ひとまず、「宙ぶらりん」な状態では無くなったのが、ありがたいです。

「今から相談に行って、消費税8%のうちに建てられますか?」

とかなりの方から、お問い合わせやご相談がありましたが、最近は、さすがに「もう、無理だと思います。間に合わせる事は難しいです」とお答えせざるを得ない状況でした。

そして、TVCMからは
「今ならまだ間に合います。建てちゃいましょうキャンペーン」のアナウンス。

そんなに、慌てて、大丈夫なの?

いや、大丈夫じゃないでしょう?

と思っていました。

と、いう訳で、じっくり落ち着いてクライアントさまとお打合せが出来そうです。

20160531111047.jpg
写真はhawsの庭の「カシワバアジサイ」
花が咲いてきました。


先月のオープンハウスにお越しいただいた方からも良く出た話題は「消費税UP」

消費税UPのタイミング

みなさん、良くご存じのご様子でしたが、もう一度、おさらいいたします

20160317153706.jpg

上記の表のように、消費税8%の適用で済むのは、以下の2つの場合です。

1)2016年9月末までに施工契約をする(実際に着工は9月で無くても可)

2)2017年3月末までに完成・引き渡し(これは完了検査などありますのでごかせません)

じゃあ2016年9月末までに契約を!!

と思われる方も多いと思いますが、やはり同じことを考える方も多いので、いわゆる駆け込み需要とよばれる状態になりがちです。

駆け込み需要の悪影響って?

前回の5%から8%への増税の際には、13年の夏から初秋にかけて駆け込み需要が殺到しました。

駆け込み需要の悪影響とは。。。

・焦っているため、細かな取り決めをしない、あるいは理解しないままに契約 → あとから後悔。

・職人不足、ユニットバスやシステムキッチンなどの設備の納期の遅れなどで通常より工期が延びがちで、それを補うために、無理なスケジュールになりがち。

などなど。。。

今回は前回ほどの駆け込み増にはならないとみられていますが、それでも税率8%のうちに、それも本当に自分たちにふさわしい住まいを建てたい!のであれば、早い段階にスタートし、余裕をもって準備を進めるのがいいのではないでしょうか。

と、いっても、もう間に合わない場合も。。。

ただ、これから土地を捜して。。(ちょうどの土地ってそうそう無いんですよね)とか、事情があって打ち合わせが頻繁にできないとか。。

そういった場合は、9月までに施工契約に至るまでの、打ち合わせの時間の余裕が足りないかもしれません。


消費税UP後の方がお得な場合もあります

そういう場合でも、焦らなくても、大丈夫な場合もあります。

理由は。。。。

まずは、この消費税引き上げ時には「すまい給付金」の給付額の対象となる年収が引き上げられます。

特に影響が大きいのは、年収500万円、600万円前後の方です。

20160317180648.jpg

そして、増税前には大忙しだった工務店などは、増税後は受注が減少して、売り手市場から買い手市場に変化した結果、個別に値引き交渉などを聞いてくれやすくなる可能性があります。

 贈与の予定のある方も増税後がお得 

さらに、住宅取得に当たって親族から贈与を受ける方も増税後のほうが得策です。

15年末までの非課税枠は最高で1500万円でした。

それが、16年1月から17年9月末までの間はこの非課税枠が一旦、1200万円に縮小します。

しかし、16年10月から17年9月末までの間に、税率10%での契約なら、非課税枠がなんと3000万円に拡充されるのです。

これは、消費税UPで急激に住宅需要が落ち込まないための国の施策です。

20160317181934.jpg


 ベストなタイミングは人それぞれ 

もう、既に希望のプランが固まっていて、無理の無いペースで今年の9月末までに契約出来そうなら、それはそれで良いと思います。

子供さんの入学や転職やその他、ライフプランの変化が理由で、少し無理めでも急ぎたい方もいらっしゃるでしょう。

その他、上記でご紹介したような理由で、増税後の方がお得な場合もあるでしょう。

ベストなタイミングは、人それぞれです。

 家族の幸せのために建てる家。 

ただ、だからって、

お得だから!

早くしないと余計に税金がかかっちゃうから!

という事のためだけに、焦って、家族が何十年も住む住まいの計画を進めるのはお薦めしません。

家族の幸せのために建てる家。ですからね。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

現在の消費税8%については、2017年4月より10%に増税される事が決まっています。

そこで、ですが、前回の5%から8%の増税の際にもすこしバタバタしたので、おさらいしておきます。

建築工事費用、および建築設計監理費用につきましては、特例という事で工事中、設計中に増税がありましても、前年の10月までに契約がなされている分につきましては、旧来の税額が適用されます。

つまり2016年の10月までにそれぞれ設計契約や工事請負契約が完了していれば、工事の完成が2017年の4月を超えてしまっても8%のまま。という事になるのでは無いかと思われます。

これは前回の増税の際にそうだったので、今回も、と思っております。(正式には現在の段階では所轄官庁からの通知が出ていませんので、確定という訳ではありませんので、変更がありました場合はご了承ください)

ただ、前回の消費税UPの際にもそのあたりの時期は、駆け込みと言いますか、案件数が増えたために、工務店さんの施工できる能力が追い付かず通常よりも工期が延びる、などトラブルがありました。

また、受注量が増えると、どうしてもお見積もりは上がります。

そんな訳で、ご計画の方は早めの行動が大事かな。と思います。