haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

プランニング

haws style 広報担当のワタナベです。

子育て世代の建て主さまとの打ち合わせで、最近感じるのは「子ども室は広くなくても良いです」というご両親が増えてきている気がします。

以前は要望の中で「子ども室の広さとか収納の充実」の優先順位が高めだったケースが多かったのですが、「LDKや水廻りなど家族全員で使うスペースの方を大事にしたい」という場合の方が増えている感じです。

子ども部屋をつくる

SUUMOジャーナル - まだ見ぬ暮らしをみつけよう

こちらのサイト、面白かったです!

家族で決めたルールはなに?その結果は?

子ども部屋をつくってよかったことは? 失敗だったことは?

が紹介されていて、日ごろ設計中に建て主さまと一緒に話し合う内容とよく似てるな~と思いながら読めました。


私も子育て経験者としては、子供部屋って案外使う期間が短い場合もあるので、そんなに、広くしたり、陽当たり抜群にしたりは、もったいないと思います。
(家全体に余裕があれば、別ですけど)

記事の中の子ども部屋を居心地よくしすぎず、「ついリビングに行っちゃうんだよな」という状況をつくっている家庭が、結果「子ども部屋をつくってよかった」と思っているように感じました。

というコメントに強く共感しました。

実は子ども部屋の考え方には両親の価値観や、自分の子供時代の経験や想い出などが影響すると思います。

ご夫婦で意見が違ったりすることもよくあります。

いづれにしても、変化の激しいこれからの時代を生きていく子ども達にどんな未来や想い出を作っていきたいのか、ご夫婦でよくよく話し合っていく事が大事ですから、じっくり時間をかけていただきたいと思います。


20160604192335.jpg
写真は「笑顔の家」の子供部屋でのヒトコマ


-------------------------------------------------------
I_HOUSE見学会
2019年4月2日~19日
福井市運動公園1丁目(ハウズスタイル事務所北向い)

ご予約はお問合せフォームか0776-33-1220までお気軽にご連絡ください
-------------------------------------------------------


20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

土曜・日祭日営業

【設計相談会のご案内】

毎日開催|お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

haws style 広報担当のワタナベです。

先日の打ち合わせでは、「LDKのTVの置き場所」がポイントになりました。

TVが大好きなご主人さまと、食事中に子どもにTVを見せたくないと思っている奥さまの間で意見が合わず、うーん。。。となりまして(笑)

これ、結構プランを決めていくときに、大きなポイントなので、これから家を新築したり、リフォームしたりする予定の方は事前に考えて置いた方がいいですよ~。

ってわけで、今回は"ダイニングからTV見えたほうがいいのか?問題"についてです。

食事中はTV見てますか?

ダイニングからもTVがしっかり見たいご家族。

あえて、食事中はTVが見えないようにしたいご家族。

クライアントさまとお話ししていると、様々です。

もちろん、基本は今、現在のお住まいでどうしているか?ですが、「今は狭いマンションだからしょうがないけど、新しい広い家になったらTVは見えないようにしたかった」とおっしゃるご夫婦もいらっしゃったり、いろいろです。


多くの家庭でTVを見ながら食事

20190318180033.jpg

晩ご飯中、テレビをつけている家庭は多い?少ない?
(ベネッセ情報教育サイトより)


約4分の3の家庭で、多かれ少なかれ、TVをつけながら食事をしているようですが、その事について(TVを見ながらご飯を食べること)について多くの家庭でこどもに注意をしている。という結果がでています。

あれれ、、見せたくないなら、消せばイイのに。って思いますが、泣かれたりグズられたりすると、根負けしちゃうんでしょうねぇ。。。

私も経験がありますからわかります。

そもそも、親自身がTVが好きで、って場合も多そうです。

子供への躾の点では、家族全員、TVは見ずに食事に集中して、会話を楽しみながら、の方がいい様に思います。

でも、だからと言って、TVを見ながらの食事だと悪影響が出る。という調査結果では無いようです。


ご夫婦で、「どういう方針で行く?」って決める事

大事なのは、ご夫婦で、「どういう方針で行く?」っていうのをよく話し合って決める事。

「TVを見ながら」でいくならば、いくで、"TVの話題を盛り込みながら会話を弾ませる"とか"音量は小さめにする"など、家族のコミュニケーションが少なくならないように心掛ければいいのかも知れません。

あるご家族は、リビング側には大きいTV。ダイニング側には小さなTVにして、しかも、家族でご飯を食べる時はダイニングのTVはつけない。

独りでご飯を食べなきゃいけない時(ご主人さまがお仕事で遅くなった時とか、子どもさんが塾に行くために早めに食べるとか)だけつける。っていうルールを家族で作ります。っていうアイデアでした。


こうしなきゃ!っていう思い込みよりも、いかに家族みんなが幸せを感じられるか?を大事にするといいですよね!

みなさんも、我が家の家族ルールを考えてみてくださいね~。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

土曜・日祭日営業

【設計相談会のご案内】

毎日開催|お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

haws style 広報担当のワタナベです。

設計のお打合せに良く出てくるご要望に「寝室を広くして欲しい!」があります。

もちろん全ての部屋が広いのが理想ですが(笑)特に「寝室を大きくしてほしい」というご家族には共通の理由が多く見受けられます。


寝室を広くして欲しい理由

その理由をお聞きすると。。。
「寝室の一部を書斎にしたい」とか「ドレッサーを置いて身支度を整えるスペースにしたいから」「大きめのベッドを2つ置きたいから」などの場合もありますが、一番多いのは、「子供が小さい間は家族みんなで一緒に寝るから、狭いと困るんです」と。

確かに子どもが小さい間は川の字ならぬ、4本の川の字で寝ますよね。

だから夫と妻のベッドを2台並べて、さらに子ども用のベッドも置けたらいいな~って話になりますよね。

そうなると、広めのスペースが欲しくなる。

良くわかります。良くわかります。

でもね。

子どもはやがて大きくなって、自分の部屋で寝るようになって、近い将来は寝室で寝るのは夫婦だけ、になります。

子どもが成長して、自分の部屋で寝るようになったら、寝室がガラーンとしちゃう?

そして、その後の期間の方が長いので、短期的に考えて寝室をむやみに広くするは考えモノです。

じゃあ、どうするといいのか?

寝室と子ども室をニュートラルに考える

いつもは、そのご家族の家族構成とか、お子さんの年齢とか性別、人数とかを考慮して、それぞれにフィットしそうなパターンをご提案します。

多いパターンは、子ども室(4.5~6畳程度)を間の仕切りを設けずに二つ並べて計画。

あるいは寝室6畳に隣接させて将来の末っ子の部屋のスペースをやはり間の壁を作らずに設けておく。

すると、10畳以上の広いスペースが確保できるので、最初のうちは、こちらを家族全員で並んで寝る場所として使用。

その後、子どもの成長や希望に合わせて、間仕切り壁を設けたり、引き戸で仕切ったり。。。

そんなニュートラルでゆるっとした住まいの方が、なにかと便利だし、コストも無駄にしないですむんじゃないかと思っています。


番外編|みんなでゴロゴロ出来ます

実は、そういった話題でお話が盛り上がると必ず出てくるネタが。。。

「ひっつけたベッドから子供が落ちて困ってるんです。だからベッドは壁際に置きたいです」


はい。それも、良くわかります。

あと、元気すぎて、マットレスの間に子供の足がはさまっちゃったり笑

その際に良くご紹介するのは、通販で扱っている

「ワイド敷布団」


20190306141612.jpg
ディノス公式WEBより

幅が160mm、240mm、320mm。と3種類あって、親子で思う存分、ゴロゴロ出来ます!

実はこれ、数年前の子育て中のクライアントさまから教えていただいた優れもの。

ロングセラー商品みたいですね。

ネットで調べると他にもたくさん商品がみつかりました!

やっぱり、子どもが小さい時ってみんな苦労は同じなんだな~と。

フローリングの上に敷いたら湿気でカビないのかな?

とか、片づける時はどうするんだろ?

とか、素朴な疑問はありますが。。

夏の暑い時に子供にひっつかれて、寝苦しかったり、蹴られて痛い思いをしたのを想い出しました。


もっと、昔からあったなら、私も検討してみたかったな、と気になる商品です。


まとめ|寝室の広さはどうやって決める?

子どもさんが小さいタイミングで家を建てると、寝室が広くなきゃ!って思いがちですが、場合によってはもっと自由度の高い考え方の方が、あとあと便利だし、コストも抑えられるかもしれません。

でも住まいづくりは、正解はひとつではありません。

家族構成や、ご夫婦の価値観をふまえて、ケースバイケースそれぞれのご家族に最適なご提案を心がけています。

こんな場合はどうかな?って疑問がありましたら、お気軽にお尋ねくださいね。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

土曜・日祭日営業

【設計相談会のご案内】

毎日開催|お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ