haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

床材として無垢フローリングが人気ですが、その魅力として触れた際の温かみや肌触りの良さがあると思います。

寒い時期や梅雨時には大きな違いを感じます。

「なぜ無垢材があたたかいのか?」

20170807102911.jpg 【無垢フローリング】



では「なぜ無垢材があたたかいのか?」
ですが。。。。

「あたたかい」という事は言いかえれば熱を通しにくい。という事。

専門的な言葉でいうと「熱伝導性が低い」という事です。


熱伝導率とは熱の伝わりやすさを示す単位ですが、木材は鉄やコンクリートに比べると、熱伝導率はかなり低いです。


つまり熱を通しにくいのです。

これはなんとなく感覚的にわかっていただけると思います。


このおかげで無垢材は肌ざわりがあたたかいのですが、ではなぜ木材が鉄やコンクリートに比べて熱伝導率が低いかというと。。


実は森で生きていた時に、木の中にはパイプ状の細胞の集まりがあって、その間を通って、土の水分を木の上に届けたりしていたのです。


その後、伐採されて水分が抜けると、その細胞の中は空気になるのです。


この空気が実は熱を伝えにくい性質をもっています。


ぽこぽこのダウンジャケットをイメージしてみて下さい。


空気がいっぱい入っている木材は熱が伝わり
にくいんですね。

ちなみに。。。。

コンクリートの熱伝導率は1.6w/m・h・℃

ナラ・サクラ材の熱伝導率は0.19w/m・h・℃

と木材のヒノキやサクラはコンクリートの約1/10の熱伝導率なんですね。


ですから熱い鍋やフライパンは直に握ることはできないけれど木でできた持ち手全然大丈夫、という訳です。

20170807102959.jpg【合板フローリング】

そして、合板の上に木目の樹脂シートを貼り、その上に樹脂の塗装でコーティングされている「合板フローリング」は、ひやっとするんですね。


樹脂は鉄ほどではありませんが、木に比べると熱伝導率は大きいです。


CCE PLAN の床材は1階の床材にはパイン無垢材のフローリングを基準としています!

20160205140607.jpg
【aoi_houseの床材はパインの無垢フローリング】

好みやこだわりによってはオークやバーチなど他の樹種へのカスタマイズもOKです!


サンプルや実際の詳しい施工写真を事務所にご用意しています。

お気軽にお問合せ下さい。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

<span style="color:#0079c2">           </a>


事務所の内装の壁の塗装はスタッフみんなで2014年のリノベーションの際にDIYしました。

当時は。。。

はみ出したり、

養生テープを逆に貼ってしまったり、

ムラになったりをさんざんやって、

何度も近所のカーマに刷毛を買い足しに行って頑張りました!


タオル首に巻いてすんごいカッコで、外で作業してると通りがかりの近所の人(自宅がすぐ近所なんです)に「誰かわからんかった」と言われる毎日でした。

20170804134936.jpg

塗料はベンジャミンムーアというメーカーのアメリカ製の水性塗料。

エッグシェルという、卵の様な少しざらっとした艶の無い質感のタイプです。

2000色あるので、微妙な色も選べます。


20170804135210.jpg

打ち合わせ室とスタッフ室の壁は、ホワイト一色。

そして、一か所だけ、「ネイビーブルー」にしてみました↓

20140921194235.jpg

色見本帳で確認して、ネットで注文してからも、

「もっと違う色が良かったかな」とウジウジ考えていましたが、塗料缶の蓋を空け「いい色だな」とホッとしたのを今でも覚えています。

どこの壁がネイビーブルーなのか、事務所にお越しの際にはぜひ捜してみて下さい。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

昨日の玄関の框についての話題に続いて、インテリア性を重視した場合を過去の設計実例からご紹介します。

20140307181351
「水切町の家|玄関ホール」

リフォームの際に「この箪笥をどこかに置きたいです」とリクエストいただいていたので、プラン作成の段階から、どこに置こうか楽しみながら考えました。

とても趣のある箪笥で、建て主の奥様の雰囲気ともぴったりだったので、まずはゲストをお迎えする玄関の正面の壁に置く事をご提案しました。

周辺の壁は珪藻土の左官壁なので、照明の光が当たると柔らかく反射します。

右手のアールになった壁の奥には引き戸があって、開けると納戸になっています。

玄関から直接入れる「なんでもクローゼット」ですね。

床は土間では無いので、靴や傘なんかは無理ですが(玄関土間にも壁一面の収納がありますから靴などはそちらに)、帰宅して、まずはこの場所に鞄やその他諸々を置く場所です。

あれこれ、リビングに持ち込まなくてすむので、インテリア好きできれい好きな建て主さまに喜んでいただきました。

そのままキッチンにつながっているので、ちょっとしたパントリーも兼ねています。

納戸側から見るとこんなカンジ。

左側の斜めのの物体は階段裏です。

ちょっと納まりとか変ですが、ご家族しか立ち入らない場所なので。。

20140308141256

「水切町の家|その他の写真は コチラ

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

家の中で広くして欲しい場所の優先順位をお聞きすると、「玄関」をトップ3にあげる方と、機能的なら狭くてもOK!という方に、結構はっきり分かれます。

ライフスタイルの違いや家族数の違い、価値観の違いなど、いろんな理由があって、ご要望に違いがあると思うのですが、ポイントのひとつは「框:かまち」(土間と床(フローリング)の段差のところ)の幅。

ここで靴を脱ぎますので、家族の靴がバーッと溜まりそうな方は、框の幅を広めにとるか、内玄関とよばれるメインの玄関の脇に家族用のスペースを設けると便利です。

20170801103453.jpg 「まどそらの家」玄関ホールと内玄関

住まい手のご主人様が体育関係のお仕事なので、靴やスポーツ用品など多めです。

ですが、それだけ面積を必要としますので、他のスペースが狭くなります。あるいは、コストが上がります。

20170801103124.jpg 「HA_house」玄関ホール

こちらの住まい手の方は、靴は脱ぎっぱなしにしない派。

「きちんと片づけます」という事でしたので、框の幅は1200㎜とコンパクトですが、右側の壁一面に収納を設けてスッキリさせて、正面の木製アンティークガラスが入った飾り窓に視線が集まるようにしてあるので、狭い!とは感じないかな、と思います。

(ただ、これより幅が狭いと、勝手口などならOKですが、一般的な玄関としてはお薦めしません)

上の二つの設計例では靴などの収納量はほとんど変わりませんが、内玄関を設ける事で必要な面積は2倍に増えています。

自分たちのライフスタイルを良く考えつつ、「その面積、他の場所に振り分けた方が良いかもしれない?」「いや、やっぱり欲しい!」のどちらなのかをご家族で良く話し合う事をお薦めします。

「コンパクトな平屋の家|HA_house」過去記事

 

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

先日の設計相談会にいらっしゃったご家族から「土地が無いと、相談しても親身になってもらえなかったから、何も前に進まなかった」というお話をお聞きしました。

親身になってもらえない理由は・・・

確かに建設予定地が無い場合のご相談だと、具体的な設計プランなどのお話はできません。

でも、逆に住みたい家のイメージや大きさから逆算して、それに合った土地を捜す事もアリな訳で。。。

むしろ、そういった「理想の家をイメージして→それに合った土地を捜す」

という手順はハウズとしてはお薦めしたいくらいです。


そして、ハウスメーカーや工務店さんに行ってもイマイチ親身になってもらえない理由は、他にあると思います。

●土地と建物それぞれの予算配分さえ決めてない。

●そもそも、土地と建物合わせての、予算があいまい。
さらにそれを準備するための方法も検討していない。
(融資、親族からの援助、自己資金)

そういった事を全く考えていない

家を建てる事にまだまだ本気度が低い

と捉えられているのでは無いかと思います。

まずは資金計画について、ご家族で(場合によってはご親族も交えて)話し合ってみる事をお薦めします。

こちらの過去BLOG記事もぜひ参考に!!

資金計画って何?なんだか不安
「資金計画について」

HPに紹介されてる家ってどれくらいのコスト??」
「コストが明確な家づくり CCE PLAN」

土地と建物以外にどんなコストがかかるの??」
「家づくりの費用とスケジュール」

何から始めて良いのかモヤモヤしてる
「家を建てる。で何からはじめるか」


もっと詳しく聞きたいな、うちの場合はどうなんだろう?

誰かに相談したいな~と思ったら。。。

「設計相談会」にお越しいただくのもお薦めです。
お気軽にどうぞ。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

先日、いつもお世話になっている建材メーカー2社さんから、新しいフローリングのご案内をいただきました。

20170729095626.JPG

まずは↑こちら。「オスモ&エーデル㈱」さん。

自然塗料のドイツのメーカーとして有名ですが、フローリングにもこだわりがあって、過去に「プラウズハウス」さん等で採用しています。

無塗装品もラインナップしていて、お好みの色で工場塗装する事も可能です。同じ樹種でも塗料のカラーが違うと全然違う雰囲気になりますよ。

さらに、今回は、「ポリックスオイルシステム」という新しい塗装方法が出たそうで、自然塗料をブラッシングマシンという機会を用いて、均一な刷り込み工程を得ているため、通常のオイル塗装と比べると耐久性がアップしたそうです。

実際にサンプルに触れてみると、今までのオイル塗装と比べるとツルツルした感じでやや艶感も強い気がしますが、ウレタン塗装仕上げほどでは無く「汚れにくい」という長所は魅力的ですね。

20170729105218.JPG

続いて↑こちら。「㈱マルホン」さん。

3枚ともオークのフローリングですが、左はクリア色。右2枚はグレー系の塗装がされています。

今まであまり見たことが無いと、無垢の床材にグレー??

と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、最近インテリアの傾向として、注目されています。

ナチュラル、モダン、シック、インダストリアル、和モダン、アンティーク。様々なインテリアイメージに合うので、これから、もっと人気が出るのでは無いかと思っています。

こちらはオイルを「草木染め」の手法で無垢材に浸透させたそうで、マットな質感で素敵です。耐久性も上がっているそうです。

ちなみに、両方とも「床暖房対応品」ですが、床暖房に対応しないタイプの同等品もあるそうです。

サンプルは事務所にありますので、ご興味のある方がいらっしゃいましたらお気軽にどうぞ。

床材に迷っている方にご参考になればうれしいです。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ


音楽を愉しむ暮らし

2017年7月27日

新しい住まいで愉しみたいことはご家族によってさまざま。

良い音楽を愉しみたい。っていう建て主さまも増えています。

20170727094607.JPG(写真はハウズの打合せ室のアンプ。スピーカーはロフトに置いてあります)

先日もTVの音じゃ無くてお気に入りの音楽を聴きながら食事をしたい。

というご相談をお聞きしました。

良いですよね。TVを消しての食事タイム。

特に小さなお子さんがいらっしゃる場合は食べることに集中出来そうで、「ダラダラ食べ」になりにくそうだし、何よりもゆったり家族の会話が弾みそうです!

その際にご紹介した、以前「家カフェ」というテーマでリフォームの設計をさせてただいた建て主さまが運営されているブログ、こちらでもシェアさせていただきます!

良質なスピーカー|harugogogo

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

昨日は坂井市「正善の家」さんの上棟でした。

あいにく朝早くには強い雨が降りまして、スタート時は職人さんたちもカッパを着込んでの作業だったようです。

20170726102422.jpg

大切な材料はしっかりブルーシートでくるまれていました。

段々と天候も回復していきましたので、連日の猛暑よりはむしろ良かったのかもしれません。

20170726102547.jpg

午前11時の時点でかなり進みました。

20170726102628.jpg

終了は午後5時過ぎ。屋根垂木まで完了です。

11月初旬完成を目指して明日から作業が続きますが、何よりも工事の安全を心よりお祈りいたします。

これまで関係して下さった皆様に感謝しつつ、私たちも、これから完成まで、打ち合わせや監理が続きますが、気を引き締めて関わっていきたいと思います。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

坂井市「正善の家」さんの材料検査でした。

20170724120924.jpg

20170724120941.jpg

20170724120959.jpg

材料検査とは、設計者が工務店さんと一緒に材木屋さんに行って、実際に使う構造材(柱や梁)を直接見て、木目や割れの状態などを見たり、サイズや含水率のチェックをする事です。

20170724121019.jpg
コチラは檜(ひのき)の無節(節が無くて木目が綺麗)の柱。

「正善の家」さん、明日は上棟です。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

おおみやの家|2017年3月完成

20170721121152.JPG

20170721121226.JPG

20170721121259.JPG

20170721121316.JPG

20170721121334.JPG

先日、邪魔したお庭の様子をブログでご紹介させていただいた「おおみやの家」の建て主さまから、「ブログ読みましたよ~」とメールいただきました。

さらに、完成して5ヶ月間暮らしてみての感想なども合わせてお知らせいただきました。

ご許可いただきましたので、こちらでもご紹介させていただきます!

(原文のママ)

新居での生活はもうすぐ5ヶ月が経ちます。
とても快適に楽しく暮らさせていただいています。

快適にとは...
やはり、冬の床暖房!
朝起きても、夜帰って来ても暖かいのは感激でした。
電気代も安かったですし、取り入れてよかったです。
収納も気に入ってます。
設計中は、収納をもっと広く欲しいと思っていましたが、
住んでみるとそんなに持ち物はなく、今も余裕があります。
あの時の自分に教えてあげたい気持ちです。
あとはミーレの食洗機や、コンパクトで掃除もこどもの世話もしやすいことなども快適です。

楽しくとは...
やはり中庭プランにして良かったです!
キッチンにいても食事中もリビングにいても緑が見えるのは前の家ではあり得なかったこと。
緑の変化が楽しめるし、中庭も部屋の一部のようです。
濡れ縁でお昼ご飯を食べたり、車庫で焼き鳥焼いたり、こどもたちもちょっとしたイベント感?が楽しいようです。
私には管理しやすい面積なので、無理なく手入れ出来てます。

長くなりましたが、家族一同快適に楽しく暮らしています。
私たちに調度いい家をありがとうございます。
写真撮影も楽しみにしています。

(ここまで)

Tさまが楽しく暮らされているご様子、とってもうれしいです。

9月になったら、写真家の方と一緒にHP用の撮影にお伺いする予定が楽しみです。

何か、ちょっと愉しい企画を考えられたらいいな~。と思っていますので、詳しい事が決まりましたらまたご案内いたします。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

<span style="color:#0079c2">           </a>


前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

トピックス

プロジェクト