haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

あっという間に今年になって5ヶ月が終わろうとしています。

明日から6月だなんて!信じられません!

みなさまは今年の計画は順調に進んでますか?

私は計画通りの事も少しありますが、ほとんどは全く行動に移せてない状態でちょっと焦っています。

さて、住まいのご計画がある方にとっては具体的な行動のひとつとしてマネープランがあります。

20151207152720.jpg

ちょっと面白いサイトをご紹介します。

最適なローンをネット上で比較・検索できるサイト
「WhatzMoney住宅ローン」

全国の大手銀、地銀、ネット銀、信金、JAバンク、ろうきんを含む 753の主要金融機関の1万6600超の住宅ローンプランから 最適なローンをネット上で比較・検索できるサービスみたいです。

見すぎて頭が混乱する?って事もなきにしもあらず。

なんですが、これから、って方はまずはザーッと目を通して、ローンの仕組みや利息以外にどんな費用があるのかを知るのには便利だと思います。

何か、まずはひとつアクションを起こすのには、こういったところから始めてみるのも良いかもしれません。

気楽に試算できるのが良いですね。

関連した記事
BLOG「はじめての方に」

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ


ハウズのちっちゃい菜園のことをご紹介します。

事務所の薪棚の裏、庭の片隅の1.2m×1.5mの小さな菜園です。

1)まずは、いつの間にか「鍬」を購入して庭を耕していた所長→その時の記事はコチラ「GWは設計相談会と菜園づくり?!」を手伝って、菜園スペースを枕木で囲って下準備。

20170528182715.jpg

20170528182752.jpg

急に手伝う事になって、ヒール靴を履いていたのでちょっと困りました。

今後の為に事務所に長靴置いておくことにします。(あ、帽子と首のタオルも)

2)GWの打合せの合間に鯖江の「小林農園」さんに出かけて野菜の苗と土と肥料を購入。

20170528183012.jpg

20170528183032.jpg

張り切っていたわりに、普段お料理をしないせいか「何の苗を買ったら良いか全く思い浮かばん」と弱気な所長だったので、ワタナベが気になる種類を中心にチャッカリ購入させていただきました(笑)

購入した苗を忘備録的にアップします。

20170528185038.jpg
20170528185100.jpg
20170528185119.jpg
20170528185138.jpg

欲張りましたね~~~。(^^;)

3)畝を作って苗を植える。→こんな感じになりました。

20170528185415.jpg

そして、もうすぐ一か月経ちますね。最近の状況はこんな感じ↓

20170529110617.JPG

毎朝、所長が水遣りしてますので、結構育ってきてます。

昨日はレタスと三つ葉と大葉を収穫しましたよ~。

20170528185530.jpg
20170528185547.jpg

↓早速レタスはお昼のサラダになりました。柔らかくてなかなかの出来です!

20170528185613.jpg

仕事中にふと様子を見に行ったりして、良い気分転換になりますし、事務所で過ごす時間の楽しみが増えました。

プチトマトの苗が大きくなるのが楽しみです。

打合せに来られたご家族さまの小さい人達にもきっと喜んでもらえるはず!

最近、「新しい住まいで家庭菜園をしたい」というご要望が増えてきたので、ちょっと体験してみよう!というのがきっかけですが思いの外楽しんでいます。

事務所に来られた時には、ぜひ覗いてみて下さいね。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

ただいま基本設計中のW_houseさん。

プランを再考しているのですが、煮詰まってきたのでこういうときは「原点に戻れ!」という事で改めて建築予定地に行って参りました。

20170527092449.JPG

南側に道路、東側も今のところは田んぼの大きな大きな敷地。廻りは静かな住宅街。

という恵まれ過ぎている条件です。。。。

しかしながら、恵まれているからこそ、それを活かしきろうとして欲が出て、迷宮に。。。

あとひと踏ん張り、頑張ってみようと思います。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

いつもお世話になっている福井市の家具ショップ「LES SOFAS」さんからオリジナルソファー「Plonger」のPOPをいただいたのでご紹介いたします。
(今まで無かったっていうのが逆に商売っ気が無さすぎるんですが(^^;)

POPはコチラ↓(クリックすると大きな画像になります)

20170525183415.jpg


「Plonger」って何?とお聞きしたら。。。

「Plonger」は「プロンジェ」と呼びます。
フランス語で「潜り込む」という意味です。

「奥行の深さに掛け、ソファーに潜り込む?

みたいな意味です。

だそうです。

なるほど。。。

過去にもハウズのいくつかの建て主さまも購入されています。

20170525184000.jpg
「あおいの家|リビング」

こちらの住まいのインテリアは和モダンな感じなので、グレーのカバーリングをお薦めしましたが、本体やクッションの生地をたくさんの種類からチョイス出来るので、もっとモダンな感じやナチュラルテイストのインテリアにも似合います。

特徴は大きな奥行きと低めのシートハイ(座面の高さ)。

奥行きは1200㎜もあります。セミダブルと同じサイズです。といえばイメージわきますでしょうか?

寝っ転がったパパが居ても、その前にまだお子さんが座れます。

高さは脚を付けないロータイプの場合は座面が床から280㎜。(あおいの家さんはオプション脚を付けているので床から380mmです)

通常のソファより100㎜程度低いので、ソファがあってもなぜか床に座りたくなって、結局いつも「ソファは背もたれ?状態」という方にもお薦めです。

20170525185059.JPG
あおいの家|ソファでくつろぐYちゃん
(Yちゃんの名誉のために申し上げると「こんなポーズお願い、ってリクエストして撮影しました。いつもはもっとお行儀良くてエレガントなYちゃんです)

Yちゃんのパパは、ついウトウトしていつも寝ちゃうんだそうで、「居心地良すぎてちょっと困ってる」っておっしゃってました。

少し全体的に大型なので、広めのリビングが似合いますがサイズオーダー方式ですので、それぞれの住まいに合った、ちょうどの大きさに製作できます。

ん?気になるぞ!

という方は「LES SOFAS」に、オプション脚有タイプと無しタイプの両方が実物展示されていますので、体感してみて下さい。(ワタナベ個人的にはオプション脚を付けないロータイプが特に好きです)

家具オタクで商品の説明は熱心だけど、まったく営業下手なオーナー田中氏(笑)からぜひ詳しいお話聞いてみて下さい。

「LES SOFAS レ・ソファ」
〒910-0856 福井県福井市勝見1-1-4
0776-24-7270 店舗裏にP有
WEBサイトはコチラ

(オーナー不在も多いので事前に予約されることをお薦めいたします)

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ


陽当たりが心配という場合

ハウズでは土地捜しの段階からの設計相談も積極的にお受けしています。

その際に「良いな」と思う土地が、陽当たりが良くない気がして心配。というご相談をお受けする事があります。

同じ広さなら、南向きで周辺も建て込んでいない土地が好ましいのは間違いないのですが、希望のエリアや様々な条件が必ずあって、そういう土地と巡り合える場合の方が珍しいのが現実ですね。

そういった場合の設計での工夫の一例を過去の設計実績をもとにご紹介します。

シュミレーションしてみたら

2015年完成の「陽まわりの家」さん。

20170524183542.jpg

こちらの住まいは、道路を挟んで東側に7階建てのマンションがあり、南には大きな2階建ての総二階。西側にも家が建て込んでいる状況で、十分な陽射しを取り込むことが厳しい立地条件でした。

建て替えで元々同じ場所に建っていた家は、一日中ほとんど陽が入らず、暗くジメジメしていたそうです。

↓既存の写真
20170524175737.jpg
20170524175800.jpg

下の写真は完成して午前9時ごろのものです。東から若干陽射しが入りますが、この後、完全にマンションの陰に入ります。

20150326185556.jpg


20170524190203.jpg


陽まわりの家の建て主さまは、ハウズにご相談に来られる前の工務店さんでは南面の吹き抜けからの採光を薦められていたようですが、南面の隣家の高さや距離をふまえてシュミレーションした結果では、南面からはそれほどの採光は期待できませんでした。

さらに、この地域は準防火地域に指定されていて、窓は防火設備という種類の特殊な物にする必要があり、むやみに窓を増やすとコストが非常にかさむという問題がありました。

天窓をお薦め

そこでこのケースでは北側屋根に天窓を2か所設け、吹き抜けと階段スペースから光を落とし込んで住まい全体をを明るくしています。

天窓には防火設備の規定が適用されませんし、何といってもとても明るくなるというメリットがあります。

天窓は計算上は外壁に垂直に設けた窓の3倍の採光効果があるとみなされます。

実際の体感としても穏やかな明るさを確保できます。(ただし天窓を設ける屋根の勾配方向は要注意です。特に南や北面に天窓をうっかり設けると暑くて仕方が無い!場合もあります)

また、敷地が広くない場合の道路や隣家に面した大きな窓は外からのプライバシー確保の問題も発生します。

道路近くに設けた大きな南側の窓が、結局一日中カーテンが閉めっぱなし、という状況にならないように配慮が必要なのですが、その点も天窓は優利です。

今回南面にはベランダや庇を大きく跳ねだして、視線を遮っています。

その他、防火袖壁を設けて延焼の恐れを防いだり細かな工夫で、「コスト」と「明るさ」、「プライバシーの確保」のバランスをとりました。

実際の設計には、Vectorworksという3DCADの日影シュミレーションを使い、陰の様子を確認しながらの設計でした。

20170524191539.jpg

20170524191507.jpg

天窓から穏やかな光

実際に住まわれた建て主さまからは「以前の住まいと同じ場所とは思えない快適さです」とうれしい感想をいただいております。

20170524181723.JPG
「陽まわりの家|ダイニング」天窓から吹き抜けを通って穏やかな光が落ちてきます。

「陽まわりの家|その他の完成写真」
「陽まわりの家|BLOG記事」


まとめ

もちろん、この方法がどの土地の環境でもベストな方法だという訳ではありません。

天窓では無く、吹き抜けやハイサイドライトとよばれる高所窓、中庭を取る、あえて南側にこだわらず北側から採光する、などなどケースバイケースで考える必要があります。

土地の広さや、周辺の建て込み状況、建て主様のライフスタイルなど様々な条件に応じてベストは違います。

希望の土地の陽当たりや、建て替えで現在の住まいの陽当たりの悪さに悩んでいらっしゃる方はぜひご相談ください。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

洗面廻りにはモザイクタイルと呼ばれる小さなサイズのタイルを採用する事が多いのですが。。。。

20170522102803.jpg(左:ordynaryな家 右:上新庄の家)

時々、ご主人様から「なんかモザイクタイルって細かくて好きじゃない。もっとシンプルなのが、良いな」とリクエストいただきます。

そういう場合にお薦めする定番は「50mm角」のモザイクタイル。

20170522103047.JPG

モザイクタイルという範囲の中では、最も大きめのタイルです。

それほど細かくなく可愛らしく無いためか、男性受けもいいサイズ感です。

こちらの「ふなつの家」さんでもご主人様のご希望でグレーっぽい濃い目のブルーを採用。

20170522103836.jpg

スッキリしていて評判良かったようです。
モザイクタイルだけどシンプルなイメージのモノをお捜しの場合は参考にして下さい。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ


設計業務を続けてきました池田町での「(仮称)角間団地町営住宅建設事業」

この度、実施設計図書が完了いたしました。

20170520171310.JPG

それに伴って施工業者決定のための入札もお陰様で無事終了いたしまして越前市のT社さんに決定いたしました。

慣れないせいもあっていろいろ苦労もありましたが、良い経験になりました。

長き道のりでしたので、実は「もう公共事業はしばらく良いかな」と所長が申しております。


。。。。というのは、半分冗談ですが、本当に施工業者さんが無事決まって、事務所はホッとしております。良かった良かった。

何はともあれ、関係者のみなさまのご協力があってここまで進めることが出来ました。感謝いたします。

気を引き締めて今後も取り組んで参ります。

↓建設予定地はここです。

20170520171940.JPG

新保スキー場(ご存知ですか?)のすぐ近くです。

20170520172011.JPG
近くに綺麗な水の流れる川があって眺めの良い場所です。梅花藻(バイカモ)という清流でしか育たない水草がゆらゆらと花をつけている様子が見られます。

↓完成模型はこんな感じです。

20170520172229.JPG20170520172250.JPG

池田町まで来られることがあったら、ぜひ捜してみて下さい。
10月末の完成予定ですよ!

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

今年も三国祭りです

2017年5月20日

今日は「三国祭り」です。

三国在住のスタッフの中山は山車の上でお囃子方として三味線を弾くのが例年のお約束。

とってもお天気が良くて、お祭り日和ですね。

20170520102529.jpg

写真は事務所に毎年差し入れしてくれる「にしさかの酒饅頭」

まだあったかいのを、美味しくいただきました。

打合せの予定があって私達は行けないけど、きっと盛り上がってるんだろうなぁ。

まだ、行かれた事が無い方はぜひ行ってみて下さい。

本日午後から三国神社前からスタートする大きな山車は一見の価値ありですよ!

三国祭り公式サイト
http://www.mikunimatsuri.com/

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

良いお天気が続きます。

今日はデッキの近くで所長とプラン会議。

20170518124914.JPG

ただいま基本設計中のW_house。

現在の最初のご提案プランを少し修正した案も建て主さまからは気に入ってもらっているのですが、もう一度、敷地の使い方も含めて再考したくて、少しお時間をいただいています。

所長とワタナベで案を出し合ってお互いにダメ出し。

少し光が見えたような気がします!!

Wさま、お待たせしてすみません。もう少しだけお待ちください。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

坂井市の「正善の家」
解体工事が進んでいます。


20170515172329.jpg

20170515172231.jpg周辺道路が広く無いのであまり大きなトラックは使えません。廃棄物搬出のためにブロック塀を一部壊しています。

これは先週金曜日の状態です。

1週間足らずでかなり変化がありますねっ!

解体工事の費用の目安

さて良く、「解体工事ってどれくらい費用がかかるんですか?」て質問されるのですが、大体「えっ!?そんなにかかるんですか?」って驚かれます。「昔、実家を壊したときは○○○くらいで。。」とおっしゃる方も多いです。

というのは、以前は、大きな重機で押しつぶすようにガシャーンと破壊して、なんでもかんでもゴミとして処分可能だったので、あまり人手がかからず、木造の小さな家なら1週間もあれば終了していた時代もありました。そんな時代とは違い、現在は少しづつ分別しながら丁寧に手作業で解体していきます。

なので、ひと昔と比べて費用はかなり多めにかかりますので、今後、解体工事をしてから家を建てようとか、土地を売ろうとかお考えの方はご注意ください。

だいたいの目安としては。。。
木造=2~4万円/坪
(鉄骨造、鉄筋コンクリート造だと+1~2万円です)

解体工事の費用の違い

  40坪の木造住宅を解体するとき、その目安で考えるとだいたい100万円~160万円になります。 でもなぜ40坪の木造住宅を解体するのに、こんなに違ってくるのか?

一番の大きな要因は、建物の立地状況により費用のかかり方が違ってくるから。

まずは大きな重機を使えるかどうか?大きなトラックが横付けできるか?で費用が変わってきます。重機が入る道路やスペースが無い場合は「小運搬」と言って一輪車に廃材を積んで何度も何度も往復して、繰り返しますのでその分費用がかかります。

その他、解体するのには本体の解体工事費以外に仮設養生費、産廃処分費がかかるわけですが、それぞれの費用が建物の立地状況や周辺環境によって大きく変わってきます。

仮設養生費

仮設養生費とは、解体工事を安全に、そして近隣にホコリや破片などが飛び散らないようにすること。防音対策をする場合もあります。
「安全に・まわりに気をつかって慎重にやろう」とやるよりも、「数日のことだしえ~い、やっちゃえ~」とすれば安くなるわけですが、それで起きたトラブルでご近所さんとの関係が悪くなる、なんていうのは避けたいですね。前面の道路が狭くて尚且つ交通量が多い場合は、事故が起きないように交通整理の人を置いたりします。以前国道に沿った場所での解体の際にはこの費用だけでもかなりかかりました。
 

産廃処分費

産廃処分費とは産業廃棄物処分費の略です。もちろんちゃんと正規で処分するのが前提です。実は山奥に捨てる業者がいないわけではありません。極端に安い見積もりを提示された場合はちょと慎重になった方が良いかもしれません。

建物本体以外に、塀や石垣やアプローチなどがある場合も、土に埋まった部分まで根こそぎ撤去しようと思うと案外費用がかかります。(掘り起こすのは凄く大変です)

安ければいいってもんでもないんです

ということで、解体工事は「壊すだけじゃん!!」って訳ではないので、安ければいいってもんでもないんです。安全で、近隣の方に迷惑のかからないように、法律を守った、ちゃんとした解体工事をしたほうがいいに決まってます。

しかし!解体してしまえば結果としては更地になって何も残らない訳なので、「なるべく費用はかけたく無い」っていうお気持ちもよーくわかります。でも、解体工事の内容やどこまで入っているか?で高い・安いが決まってきます。そのあたりを建て主様が業者さんと交渉するのは難しいと思います。誠実に間に入って業者さんと打合せしてくれる信頼できるプロに依頼することをお薦めします。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

前へ 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

トピックス

プロジェクト