haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

温かい家

「温かい家」の建て主さま「宮下奈都」さんの著書「羊と鋼の森」

20170330185110.jpg

2016年本屋大賞第1位、「2016年キノベス!」第1位、「2015年ブランチブックアワード」大賞と3冠を達成し、累計発行部数50万部を超える大ヒット作品になりました。

さらに、2018年には映画も公開されるみたいです。

ドラマ・映画・テレビ.com

メインキャストは山﨑賢人さんと三浦友和さん。

はぁ~、なんか凄いですね。

でもご本人は子育てしながら普通に福井で暮らしていらっしゃいます。
このギャップがまた素敵ですね。

まだ読んでない方もこの機会にぜひ手に取ってみて下さい!!

「ハウズの本棚」にもありますので、お貸しできます。お声かけ下さい。

温かい家のBLOG記事はコチラ

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

「温かい家」さんの離れ増築工事がほぼ終了。

小さな平屋のアトリエが完成しました。

書庫と書斎と(多分)お仕事関係の来客への対応スペースです。

20170330160348.JPG

完成引き渡しはギリギリ年末に終わりまして、すぐにお荷物が運びこまれた為、写真撮影のタイミングを逃してしまいました(泣)

そして現在は、お住まいの南側の庭(空き地?)の北端に建てましたので、長くて細いアプローチ的な部分の工事が続いています。

20170330160718.JPG

20170330160747.JPG

お住まいとの間に道路に沿って長ーい塀も建てました。

木製に見えますが、実は樹脂で出来ています。

お庭は、自然なこぼれ種で草原になるのを待つようです。

もうすぐひとまず完成です。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

「温かい家」さんの離れ増築工事が進んでいます。

というか、お引渡し予定は12月24日!!間に合うのかっ?!

20161218174740.JPG

奥様が作家さんなので、その仕事部屋としての機能を満たすために15坪の床面積のほとんどは本棚でしめられています。

ご家族皆さんが本が好き。という事で、以前設計させていただいた母屋にも本棚はたくさんあります。

「温かい家:インタビュー記事」

さらに今回は本棚がメインの空間です。
本好きにとってはたまらなくワクワクしますね。

お引渡しまで現場はもうひと頑張りのようです。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

本日は小さな上棟もありました。

20161015174856.jpg

以前から検討中だった「温かい家」さんの南側に12坪の小さな増築です。

とは言っても、確認申請もきちんと出して本格的な計画で、出来上がりが楽しみです。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

今年の本屋大賞に輝いた「羊と鋼の森」

もう、読まれましたか?(ハウズの本棚にサイン本あります。お貸し出来ますよ)

その著者の宮下奈都さんのインタビューが、先日のNHKの朝の情報番組「あさイチ」にて放映されまして。。。

ご自宅での取材でしたので、当事務所で設計した住まいが映っています。

有働由美子アナウンサーとのリビングでの対談風景やキッチンでのシーンも。

このお住まいにはいわゆるソファを置いたリビングはありません。

その分のスペースには大きな本棚と作り付けのベンチと木製のカウンター。

そして、愛用のピアノ(今回の羊と鋼の森はピアノの調律師の物語)

ちょっと、うれしいので、コチラでシェアします!

同じ日に、マツコデラックスのMCで「アウトデラックス」という番組にもゲストで少し出ていらっしゃいました。
ますますのご活躍が、福井人としても、とっても誇らしいです。


20160621114536.jpg

20160621114609.jpg

20160621114639.jpg

温かい家の完成写真集

温かい家のオーナー様インタビュー

温かい家のBLOG記事

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ


先日の本屋大賞受賞で、ご活躍の宮下さんにお会いする機会がありましたので、事務所においてある著書「羊と鋼の森」にサインいただきました。

20160504153948.JPG

20160504154018.jpg

以前の記事→コチラ

これからも、福井でたくさんの素敵な物語を紡ぎだしてくださること、楽しみにしています。

ハウズの本棚 
お貸し出しできます。お声かけください。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

ただいまWEBのリニューアルの準備を進めています。

その際に掲載する記事のために、過去の客様のお住まいにお邪魔しています。

昨日は「温かい家」さんへ伺いました。

相変わらず仲の良いご家族でとっても居心地に良い雰囲気で楽しく取材させていただきました。

20140706182802

お忙しい中をお時間をいただきありがとうございました。

以前設計させていただきました「温かい家」さん。

「敷地の南側に建っていた倉庫を壊して庭を拡張したいので相談にのってもらえますか?」とご連絡いただきました。

まずは工務店さんと解体屋さんで状況確認に。。。

道路から奥まっている為にちょっと搬出経路が通常よりも確保しにくそうです。

20140608195353

・・・・という訳で現在工務店さんのお見積り待ちです。

設計中には「この倉庫が無かったら、もっと陽当たりがいいのにな」

と恨めしく思った事もありましたから、無くなって広い庭になるのを見るのは実はすごく楽しみです。

とりあえず、倉庫が無くなってから、庭計画考えましょうね。

(ワタナベ)

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

先日発刊された「fu 2013年10月号」

20131011140646

今月から始まった新連載のエッセー「緑の庭の子どもたち」は「温かい家」にお住まいのM様が書かれています。

20131011140647

M様ご家族は、今年の春から1年限定でご家族で北海道の大雪山国立公園近くの山の中で暮らしていらっしゃいます。

どんなご様子か気になってたんですが、お忙しいだろうと思うと気軽にメールしたりするのも躊躇していました。

だから連載が始まって、すごく楽しみです。

興味のある方はぜひご愛読下さい!

福井をモチーフにした作品の紹介は→コチラ

秋の読書にいかがですか?

うちの事務所にもあります。よろしかったらお貸しします。

お声かけ下さい。

(ワタナベ)

ただいま発刊中の「家づくりナビ@冬号」にて

「世界にひとつのインテリア」特集ページP124で温かい家さんのリビングの造り付けの本棚が紹介されています。

20121103185501

小さい記事ですけど、本屋さんに行ったらぜひ探してみて下さい。

(ワタナベ)

20090719140423

来週の日曜日に福井市「温かい家」の施主様のご厚意でウェルカムハウスを開催いたします。

[温かい家」というネーミングの意味

今の季節にはちょっと不似合いな(笑)「温かい家」というネーミング。

実は最初、施主様にも尋ねられました。

床下コンクリートに畜熱させる方式(エコキュート利用)の床暖房を採用しているために、寒い時期でもほんわか「暖かい」というのもあるのですが、ご家族のとても仲が良く、その雰囲気が「温かい」という言葉にぴったりだったので、両方をかけさせていただきました。

ぜひ実際にお越しいただいて、感じていただけたら、と思います。


ウェルカムハウスって何?

ちなみに、ウェルカムハウスって普通のオープンハウスとどう違うの?って言われるのですが、

完成してまだご入居されていないお住まいをご覧いただくオープンハウスとは違い

・既に住まわれている雰囲気を感じられる
・住まわれている施主様に直接、質問やお話をお聞きいただける

のが大きな違いです。

お知り合いのお住まいにこられたように、リビングのテーブルでお茶を楽しんでいただいて、リラックスしてお過ごしいただけると思いますので、どうぞお気軽にご参加ください。

(watanabe)

20090703143328
先日「温かい家」さんにお邪魔してきました。

URALA 別冊 「家の本」のための取材&撮影です。

20090703143326

カメラマンは以前にもお世話になった事がある「asure」の梅林さん。ライターは「ecrivain」の佐藤公美恵さん。

私たちはお互いに顔なじみなのですが、M様ご家族とは初対面ですから、最初は緊張気味。。。。


でも、元気な子どもたちの自然体の笑顔に助けられて次第に打ち解けていき、ゆったりした雰囲気の良い写真になったようです。

20090703143324
お手伝いしたくて仕方ないHちゃん。このあと、上手に包丁でブロッコリーを切りました!

20090703143327
ココでの読書も心地良さそうですね~。

20090703143325
詳しい内容はまた後日ご紹介いたします。

20090603100101

先日「温かい家」のご家族が木工房・蔵さんでオーダーされたダイニングテーブルが届く、というご連絡いただきまして、ご様子を伺いに行ってきました。

20090603100102

20090603100100

届いたテーブルは、ご主人様がお選びになった、北海道のカバサクラ。

現在ではかなり貴重で、もうなかなか手に入らないそうです。

自然な姿をなるべくそのまま残し、割れや節を生かした手法で仕上げてあります。

個性的で力強いその仕上がりに少し圧倒されました。

「温かい家」さんはLDKが吹き抜けもある大きなワンルーム。

そのおおらかな空間に似合っていました。


しばらくぶりにお伺いしましたが、

すっかり、住まい全体がM様ご家族に馴染んだ雰囲気になっているのがとてもうれしかったです。

本棚に私も持っている料理本をみつけて、びっくりしたり。

咲き始めた中庭のシンボルツリーの花に見とれたり。

お引渡し後のお住まいにお伺いするのは、
何とも愉しいものです。

「温かい家」さんでは来月「ウェルカムハウス」を企画しております。
詳しくはコチラから。

どうぞお問い合わせ下さい。
お待ちしています。

(watanabe)

20090219182817
今週は「温かい家」様もお引渡しになりました。

「住まいの新築を計画していて設計事務所さんを、と思っているので、一度お話を聞いてみたい。」

とM様からご連絡をいただいて、1年6ヶ月が過ぎました。

設計事務所との家づくりは、ある程度決まった形から選び取る部分が多い工務店さんやハウスメーカーさんと較べると、どうしても時間がかかります。

もし、設計事務所をパートナーとしての住まい創りを希望されている方がいらっしゃったら、早めにスタートされる事をお薦めします。


20090219182818
電気工事の業者さんからお客様に機器類の取り扱い説明を行ないます。

エコキュート等、近年の住まいには電気を使うたくさんの設備がありますので、業者さんは大忙しです。

一度にご説明しても、お客様も戸惑ってしまわれると思うほどです。

工務店さん側からは担当の監督さん、社長様が立会い、お引渡しに必要な書類などを提示しながらご説明していただきました。

20090219182819


20090219182820
吹き抜けがありますが、今回は土間コンクリートに蓄熱する床暖房が入っていますので快適です。

20090219182821

この住まいには・・・・・・・・・・

おいしいものを作る事、食べる事。
本を読む事。
庭を眺めてノンビリする事。
気持ちの良いお風呂。
ゆっくり好きな音楽を聴く事。

という私が個人的に大好きな事。の中の3つ!もが理想的な形で詰まっています。

お料理が趣味!とおっしゃるご主人様と作家でいらっしゃる奥様をはじめ読書好きのご家族。

キチッとした庭も良いけど、こぼれ種で増えたような自然な植生が好き!とおっしゃって、同じ好みの私を感動させて下さった奥さま。

20090219182822
ご家族の好みや体格に合わせて設計したオーダーキッチン。

料理が好きな方に大好評!(元シェフのお墨付き)のステップがついたシンプルなステンレスシンク。

とても綺麗な仕上がりで満足いく物となりました。奥は食品庫です。

20090219182823
ここで本を選んで・・・・・・

20090219182824
ここで珈琲片手に中庭を眺めながら、読書に耽る・・・・

20090219182825
小さなデッキに出ると、空が見えて、「まちなか」なのを忘れます。

完成写真はただいま準備中です。

しばらくお待ち下さい。

こちらのお住まい。春になって中庭の緑がきれいに芽吹いた頃、
お客様とゆっくりお茶を飲みながら、という形でのウェルカムハウスを計画しています。

ご希望がありましたら、お問い合わせ下さい。

(watanabe)

20090212142304

昨日、温かい家の事務所内検査を行いました。

haws styleでは工事が完了した際、最終的に何か問題がないか事務所検査を行っております。

設計図通りに仕上がっていることはもちろんのことなのですが、床・壁に汚れやキズがないかサッシ・建具の閉まり具合のチェック、コーキングの確認などなど

ひとつひとつ細かい部分を事務所総員で念入りにチェックし、不具合があった場合は手直しを指示しております。

20090212140730

今回は役所の完了検査と同日に事務所検査を行ったのでそのまま現場監督さんにも立ち会って頂きました。


そして本日はSA-HOUSEにて、いよいよ明日からとなったオープンハウスの準備を行っております。

ご来場くださる方、気を付けてお越し下さい。

心よりお待ちしております。

(nakayama)

20090211172205
「温かい家」来週のお引渡しを控えもうほとんど出来上がっています。

リビングの大きな造り付けの本棚も設置されました。

何度も検討したベンチソファは奥行きが浅く背もたれの角度が深く、心配したのですが、「思っていた通りのイメージ」と施主様に云っていただきひと安心しました。

確かにちょっと腰掛けて本を選ぶという感じにはピッタリ。本棚の対面にはシンボルツリーのある中庭があります。

20090211172014

こちらの住まいは今回、施主様のご要望で「中霧島壁」という左官材料で家中の壁を仕上げました。

通常使用している「珪藻土」を材料にした場合と比べて、厚塗りで(そのせいか、珪藻土の2倍の工期が必要との事)とてもしっかりした仕上がりになりました。

コストが高いのがネックですが、機会があれば今後もご提案させていただきたいと思います。

何よりも空気の清浄作用に優れているらしいので、これからご家族様が生活を始められてからの違いが楽しみです。

20090211172204
薩摩の火山灰からできた100%自然素材として人気があります。

20090211172207
お父様の書斎の壁につけた長男・次男・長女さん3人の手形です。

ご両親様の愛情が感じられて素敵です。

現場でこれを見た、職人さんや現場監督さん、みなさんパッと笑顔になりました。

しあわせ感があふれますね。

明日はスタッフ総出で事務所検査です。

(watanabe)

20090204185827


この鉄骨階段は「今庄の家」で採用した同じ部材寸法で、廻り方などが少し違うバージョンです。

階段のすぐ横に大きな掃き出し窓、階段下にLDKへの入り口などが絡み施工はいろいろと難しい面がありました。

でも、結果、この解放感と、軽やかさ、その割にしっかり感、大人二人が乗ってもしっかりしています!

振動は機械工学(または土木)の分野で、建築屋は苦手ですが、「今庄の家」さんでその辺は確認済みだったので、あとは如何に現場に納めるかでした。

壁はすでに左官で仕上がり済み。

90度に曲がっていて人力で持ち上げて、ぴったり組み合わせなくてはいけない・・・

結果、なんとか無事据え付け出来ました。監督さん職人さんに感謝です。

色も白にしたのは正解でした。

よかったよかった。

(harada)

20090128115934

本日午前中のhaws style事務所では

「温かい家」施主様とMonDecoの坂巻さんを交えて
完成に向けてのカーテン等の打合せが行われました。

現場では床塗装を行っており、数日現場内に入ることが
できないため、事務所にお越し頂いての打合せとなりました。

お引渡しがいよいよ間近となってきました!!


(nakayama)

20090109185733
温かい家、玄関廻りのアプローチや坪庭と隣地との境の木塀などの最終確認の打ち合わせが進んでいます。

敷地は福井市中心部で建て込んだ場所ですが、家のアチコチに庭を計画したので家の中に風と光が流れます。


20090109185734
(施主様と木塀の位置を確認中)

でも、庭が多いという事は、それだけ、塀やフェンスなどが多くなる、という事ですし、当然、除草や草木の管理など、その維持、メンテナンスなどが増える事ですから、大変です。

でも、その大変を差し引いても、住まいを魅力的に感じる大切な要素だと思います。

(watanabe)

20081115142821

先日、「温かい家」の無垢のダイニングテーブルを探しに、お客様と一緒に越前市の「木工房 蔵」さんのショールームに出かけてきた時のご報告です。

国道沿いの大きな(元倉庫)スペースに、家具以外にも展示してありました。

原木をスライスした状態のテーブル用の無垢板。

ウォールナット・タモ・パイン・楓・欅などなど。

たくさんあったのですが、もっと他にも見たい!という事で、

2階のストック置き場へ案内していただき・・・・

20081210111127

施主様ご夫妻とご一緒に、「あれはどう?これはどうかしら?」と〜

まるで宝探しのように楽しかったです。

結局、お気に入りの物を見つける事が出来、お見積もりを依頼しました。

店舗内には無垢材で作ったちょっとした小物などもあって、こういったテイストがお好きな方なら結構楽しめると思います。

私も、ひとつひとつ表情が違う節や木目のユニークな形を手にとって眺めていると時間が経つのを忘れるような気がしました。

そぎ落とした様なモダンデザインも大好きですが、こういった自然を素直に生かした物にも強く心惹かれます。

20081210111126

端材を使った時計。ユーモラスな感じがして、ほっこりしますね。

白いモダンな空間にも、きっと意外に合いそうです。


帰りに作業場を覗かせていただきました。

実際に作っている工程が見れるのも良いですね。

20081210111128

工事中の「温かい家」の中庭の様子です。

20081122161631

まだ足場が掛かっていますし、木塀の施工もまだなのですが、

何となく雰囲気は出てきました。

エゴの木に小さな赤い実が出来ています。

身近に自然があると、季節の移り変わりが感じられて愉しいですね。

「温かい家」ご家族さまと現場にてお打ち合わせですので、持ち込むサンプルなどを準備・確認しました。

外壁の塗り見本は、微妙に違う色・テクスチャーでたくさんご用意しました。

f:id:haws:20081108110407j:image


メーカーのサンプル帳から設計コンセプトにあわせて、セレクトした仕上げ材を、なるべく詳しくお客様にご覧いただきながら、現場で打ち合わせです。

f:id:haws:20081108110408j:image


無垢のフローリングに塗る予定のクリア塗装ですが、一見同じクリア塗料でも、艶の有無や汚れへの強さで何種類かあります。

f:id:haws:20081108110409j:image


今回は洗面台やキッチンを造作家具でオーダーします。
カウンターに使う人工大理石のサンプル。ちょっと変化をつけてブラック系をご提案するつもりです。

以前に家をお建てになった方から、

「分厚い見本帳をドンっと渡されて、「○○までに選んでおいて下さいね!」と云われて途方にくれた。

バラバラに決めたので、結局なんだかまとまりの無いインテリアになってしまった」というお話を聞く事があります。

最近はインテリア雑誌もインターネット情報もたくさんありますので、一般の方でもセンスの良い、知識の豊富な方がたくさんいらしゃいます。ご自身で上手にまとめられる場合もあると思います。

ですが、当事務所にご依頼いただく施主さまのみなさまがおっしゃられるのは

「トータルでの雰囲気、提案をプロからしてもらいたい」との事。

ご期待に応えられるよう、努力していきたいと思います。
(by watanabe)

「温かい家」新築工事。 サイディング部分の工事ががかなり進んでいます。

f:id:haws:20081107163253j:image

横張りの羽目板とのバランスを考えつつ、塗り壁部分のサンプルをご用意しなくては!と思いました。

f:id:haws:20081107163254j:image


アプローチ部分です。まだ、工事中でバタバタですが、出来上がると趣のある良い玄関周りになる予定です。

個人的には、玄関までのアプローチを長めにとって、ゲストの方に期待感というか、ちょっと心動かしていただく感じを演出するのが好きで、ご提案する事が多いです。

f:id:haws:20081107163257j:image


玄関ホールにある中庭を眺められる大きなFIX窓です。

ちょっと廻りが暗いですが、実際に壁の仕上げなどがなされていくと、良い感じのまったりしたバランスになるはずです。

玄関に入ったら、ゲストの方の真正面に、中庭の緑と光がお出迎え。のコンセプトです。

f:id:haws:20081107165310j:image


この床のスリットからは、床下のコンクリートに蓄熱されたエネルギーがゆ~っくりと伝わる、予定です。

原田所長の自宅で初めて施工しました。まだ、冬を経験していませんので、どんな風に快適かを具体的にお伝えできません。

ですが、多分、穏やかなぬくもりに満ちた空間になるのでは無いかと楽しみにしています。この暖房方法は、24時間運転させてじわーっと熱を伝えるます。

そのため、日中もご家族のどなたかがご在宅している暮らし方に適しております。

ご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
(by watanabe)

現在進行中の「SH-HOUSE」・「温かい家」の定例打ち合わせがありました。

f:id:haws:20081106151746j:image

f:id:haws:20081106151833j:image

この2つの現場では、今回外壁に構造用面材を採用しました。

壁倍率が3.5倍と大きく、かつ水蒸気を通すという点が特長です。

これを使用し、内側に厚60ミリの板状断熱材を入れますので、

室内側にも通気層を作ることができます。

外断熱とは違った視点での、長所があります。

断熱材は全て現場を採寸してカットされて来るので、ゴミがほとんど出ないという点もエコです。

ただ、あまりにも寸法的にきっちり過ぎてて、大工さんは入れるのに苦労していましたので、少々工費は多くかかりそうです。

今後もよりよい性能をより経済的に作れる工夫を日々目指そうと思います。

(by harada)

「SA-HOUSE」と「温かい家」、進行中の物件2件の、週の定例監理に行って参りました。

どちらもちょうど形が見えてきた段階です。

f:id:haws:20081001194036j:image

f:id:haws:20081001193806j:image

最近の工法は、筋交いに外部は面材を、

断熱は内断熱で、パイナルフォームという断熱材を使います。

今考えられるやり方では、これがベストだと思っています。

当然尺度が変われば、工法も変わると思うので、これが全てはないし、

毎回考えるという姿勢で臨みたいと思っていますが、

これはこれで、当分やっていこうかと思っている次第です。

監理とは、理屈で考えたことを、現物で見て触って確認する作業でもあります。

設計のみでは、進歩していかないと思います。

ともあれ、どちらの現場も次週くらいに、金物チェックが出来るので、

これは、地道な作業ですが、

ひとつひとつ目で見て、触って確認しようと思います。

(harada)

昨日、今日と、福井市で「温かい家」の建前が行なわれています。

f:id:haws:20080915214417j:image


通常ですと1日で終わる事が多いのですが、今回は延床面積が大きく、なおかつ1階部分が大きいので、屋根面積が大きくなりますので、2日間に渡っています。

1日で屋根下地まで終わらないので、雨が降ったら・・・と心配したのですが大変良いお天気で、順調に進んでいますので、ひとまず安心です。

今回は敷地を活かすため。お施主様のご家族の個性を織り込むため。に特色のあるプランになっています。

また、床下の蓄熱コンクリートを利用した床暖房や、壁と屋根の断熱方法と通気システムに工夫を凝らすなど、いろいろ新しい手法を試みていますので、私どもも完成が楽しみです。




f:id:haws:20080915214442j:image

ここは中庭になります。建物が建ってからでは、植え込みが大変なので、建前の時点で、シンボルツリーが既に入っています。

これは、「ソヨゴ」です。常緑樹の中では、葉姿が優しげです。季節感が強く感じられる落葉樹はどうしても、落ち葉などの手入れが多くなりますので、別の場所(他にも小さな庭がアチコチにあります)でご提案して、メンテナンスがしにくいこの場所には、常緑樹をお奨めしました。

今後室内からの視線の通り具合などを確認しながら下草の植栽なども考えていく予定です。(by watanabe)

来週の火曜日には建前の予定を控えている「温かい家」の現場にて、施主様ご夫妻にお立会いいただき、打ち合わせを行ないました。

f:id:haws:20080915231239j:image f:id:haws:20080916222132j:image

土間コンクリートを打った後、お天気続きとはいかず、どうしても雨が一時的に溜まったりする状態をご覧になったお施主様へのご説明などもさせていただきました。


実は私自身も、この仕事に就いて初めて建築現場で雨に濡れる断熱材や柱などを見たときは、「ちゃんと乾くんだろうか?」と疑問に思ったものです。

ですから、ご心配に感じるお施主様のお気持ちがとても良くわかります。

他にも、今まで空き地だった場所に新しく自分たちの住まいが建つ事で、「隣の家に日当たりの件でご迷惑をおかけするのでは無いか」という、ご心配なども、今までご説明した図面や模型、CGでは分かりづらい部分ですので、基礎がすんだ現地にて、今回、再度確認させていただきました。

結果、外観に大きく影響の無いベランダの腰壁の高さを建前の際に再調整する事などをご了解いただきました。

お忙しい所を都合やりくりして、お打ち合わせに来ていただいた施主様に感謝いたします。

後は来週 火曜日のお天気をお祈りするだけですね。

私たちは、技術者であり、デザイナーである訳ですが、まずは、住まい手である施主様のお気持ちへの理解無くしては、決して良い建築の実現は難しいと考えます。

「お施主様のお住まいを大切に想うお気持ちに、どれだけ寄り添えるか」

そのために感受性の高い人間である事をめざし、日々心がけ、努力していきたいと思います。(watanabe)

本日、先月から着工中の現場の基礎監理に行って参りました。 午後からコンクリート打設予定です。 すでに、配筋検査は済んでいるので、今日は型枠とアンカーなどを見ました。 1階部分の床面積が大きいので、基礎も大きく迫力ありますね。 雨だったり暑かったりと、外の仕事は大変で職人さん、本当にご苦労様です。