haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

松本の家

20131113100031


福井市で完了間近の「松本の家」です。

ほぼ内装も終わるのですが、キッチンの天板が入らない!という不測の事態で、予定工期に間に合いません。震災のとき温水器が入らないということがありましたが、今度は増税のせいでしょうか。他のメーカーでも同じような事例があるらしく、キッチンメーカーを責めても仕方ないのでしょうか。

キッチンを残して、一旦美装です。このような場合、メーカーに責任はないのか。工務店は当然ですが、メーカーも通常2~3週間で納品されるべきものが、それ以上かかるという場合、何らかの報告があってもよいのではないだろうか。何か月も前に見積もり等とっているわけだし、そのような未発注物件に対して、配慮があってしかるべきと思うのだが。

その件は別として、まだ土間打ちが残っています。こちらも、福井市の管理する道路の側溝の件で、やきもきする場面がありました。

現場を見ていると、日々いろんな問題?というか、判断に迫られます。そのような場合、施主に成り代わって、考えることが多く、施主の好みや考え方などが理解できていないと、食い違いが目立つことになります。今回少し高齢の施主夫妻なのですが、私も来年50歳になるので、結構昔は気が付かないことが、わかるような年になったと感じています。

ところでこの現場、お隣は娘さんご夫婦の家なんですが・・・・

20131113100030

HPでは「温かい家」として紹介しています。4年前に実家の隣に建てたのですが、今回は実家を建て替えさせていただきました。

最近は娘さんの実家の近所に家を建てる、というのが多いですね。

越前鉄道に乗ると意外とよく見えます。