haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

(施工中)正善の家

昨日は坂井市「正善の家」さんの上棟でした。

あいにく朝早くには強い雨が降りまして、スタート時は職人さんたちもカッパを着込んでの作業だったようです。

20170726102422.jpg

大切な材料はしっかりブルーシートでくるまれていました。

段々と天候も回復していきましたので、連日の猛暑よりはむしろ良かったのかもしれません。

20170726102547.jpg

午前11時の時点でかなり進みました。

20170726102628.jpg

終了は午後5時過ぎ。屋根垂木まで完了です。

11月初旬完成を目指して明日から作業が続きますが、何よりも工事の安全を心よりお祈りいたします。

これまで関係して下さった皆様に感謝しつつ、私たちも、これから完成まで、打ち合わせや監理が続きますが、気を引き締めて関わっていきたいと思います。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

坂井市「正善の家」さんの材料検査でした。

20170724120924.jpg

20170724120941.jpg

20170724120959.jpg

材料検査とは、設計者が工務店さんと一緒に材木屋さんに行って、実際に使う構造材(柱や梁)を直接見て、木目や割れの状態などを見たり、サイズや含水率のチェックをする事です。

20170724121019.jpg
コチラは檜(ひのき)の無節(節が無くて木目が綺麗)の柱。

「正善の家」さん、明日は上棟です。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

先日は坂井市「正善の家」の既存材料の確認に木材工場まで出かけました。

解体時に工務店さんに大切に保管しておいていただいた物です。

「過去記事:欅の大黒柱」

「過去記事:正善の家解体終了」

20170710181038.JPG
↑コチラは欅の「6寸柱」

20170710181000.JPG
↑コチラは座敷に使われていた、やはり欅の「差し鴨居」

「差し鴨居」とは・・・「田の字」型という間取りの場合や、豪雪地域に多<用いられる構造材兼造作材です。差し鴨居は、桁・胴差し+鴨居の役割を果たします。かつては頻繁に使われ、真壁構造の軸組を更に強固なものにしていました。 また,これらは構造面だけでなく造形的にも変化をつけることができ、和室をデザイン的に演出することもできます。

以前の住まいを建てる時に、現在の建て主さまのお祖父さまが吟味して選ばれ、ずっとご家族を見守ってきた立派な物です。

これから削り直しやサイズ調整などの加工をされた後、新しい住まいのLDKの柱や玄関框、床の間の床板として家族の物語を紡ぎます。

ご実家の建て替えの際に、想い出のある柱や梁などの良い物を再び新しい住まいに再利用する事は、とっても素敵な事だと思います。

「両親は残してほしいと言うけど、和風のデザインは好きじゃないからどうしよう。。」とお悩みの場合でも、工夫すればナチュラルなインテリアにも違和感なく溶け込めますのでご相談ください。

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

<span style="color:#0079c2">           </a>

坂井市「正善の家」さんの解体工事。

手作業での内部解体が終わり、先週から躯体を重機にて取り壊しました。

20170531175236.jpg

20170531175349.jpg

順調に進みまして。。。

20170531175436.jpg

再利用する柱なども確保し。。

20170531175514.jpg

(夕方なので写真暗いですが)終了しました。

特にご実家であるご主人さまには感慨深い想いがあると思います。

今週末には地鎮祭です。

新しい住まい。新しい暮らしに向けていよいよスタートですので、私たちも気持ちを引き締めていきたいと思います。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

坂井市の「正善の家」
解体工事が進んでいます。


20170515172329.jpg

20170515172231.jpg周辺道路が広く無いのであまり大きなトラックは使えません。廃棄物搬出のためにブロック塀を一部壊しています。

これは先週金曜日の状態です。

1週間足らずでかなり変化がありますねっ!

解体工事の費用の目安

さて良く、「解体工事ってどれくらい費用がかかるんですか?」て質問されるのですが、大体「えっ!?そんなにかかるんですか?」って驚かれます。「昔、実家を壊したときは○○○くらいで。。」とおっしゃる方も多いです。

というのは、以前は、大きな重機で押しつぶすようにガシャーンと破壊して、なんでもかんでもゴミとして処分可能だったので、あまり人手がかからず、木造の小さな家なら1週間もあれば終了していた時代もありました。そんな時代とは違い、現在は少しづつ分別しながら丁寧に手作業で解体していきます。

なので、ひと昔と比べて費用はかなり多めにかかりますので、今後、解体工事をしてから家を建てようとか、土地を売ろうとかお考えの方はご注意ください。

だいたいの目安としては。。。
木造=2~4万円/坪
(鉄骨造、鉄筋コンクリート造だと+1~2万円です)

解体工事の費用の違い

  40坪の木造住宅を解体するとき、その目安で考えるとだいたい100万円~160万円になります。 でもなぜ40坪の木造住宅を解体するのに、こんなに違ってくるのか?

一番の大きな要因は、建物の立地状況により費用のかかり方が違ってくるから。

まずは大きな重機を使えるかどうか?大きなトラックが横付けできるか?で費用が変わってきます。重機が入る道路やスペースが無い場合は「小運搬」と言って一輪車に廃材を積んで何度も何度も往復して、繰り返しますのでその分費用がかかります。

その他、解体するのには本体の解体工事費以外に仮設養生費、産廃処分費がかかるわけですが、それぞれの費用が建物の立地状況や周辺環境によって大きく変わってきます。

仮設養生費

仮設養生費とは、解体工事を安全に、そして近隣にホコリや破片などが飛び散らないようにすること。防音対策をする場合もあります。
「安全に・まわりに気をつかって慎重にやろう」とやるよりも、「数日のことだしえ~い、やっちゃえ~」とすれば安くなるわけですが、それで起きたトラブルでご近所さんとの関係が悪くなる、なんていうのは避けたいですね。前面の道路が狭くて尚且つ交通量が多い場合は、事故が起きないように交通整理の人を置いたりします。以前国道に沿った場所での解体の際にはこの費用だけでもかなりかかりました。
 

産廃処分費

産廃処分費とは産業廃棄物処分費の略です。もちろんちゃんと正規で処分するのが前提です。実は山奥に捨てる業者がいないわけではありません。極端に安い見積もりを提示された場合はちょと慎重になった方が良いかもしれません。

建物本体以外に、塀や石垣やアプローチなどがある場合も、土に埋まった部分まで根こそぎ撤去しようと思うと案外費用がかかります。(掘り起こすのは凄く大変です)

安ければいいってもんでもないんです

ということで、解体工事は「壊すだけじゃん!!」って訳ではないので、安ければいいってもんでもないんです。安全で、近隣の方に迷惑のかからないように、法律を守った、ちゃんとした解体工事をしたほうがいいに決まってます。

しかし!解体してしまえば結果としては更地になって何も残らない訳なので、「なるべく費用はかけたく無い」っていうお気持ちもよーくわかります。でも、解体工事の内容やどこまで入っているか?で高い・安いが決まってきます。そのあたりを建て主様が業者さんと交渉するのは難しいと思います。誠実に間に入って業者さんと打合せしてくれる信頼できるプロに依頼することをお薦めします。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

坂井市の「正善の家」実施設計が完了して、ただいまお見積り中です。

20170413151531.jpg

いつもこの期間がとてもドキドキします。

どんなに良い計画、デザインでもコストと合わなければ、いわゆる「絵に描いた餅」で終わってしまう運命です。

出来るだけ打合せ通り、設計通りに進められるように。。。。

きっと建て主さまは私たちよりも、もっと落ち着かない気分だと思います。


週末の打合せがスムーズに進むことが出来るように、祈るような心もちです。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

ST邸新築工事の計画は、現在ご両親がお住まいの本屋を解体して、その場所に子どもさん家族の家を新しく建てます。

先日はその解体予定の住まいに監督さんや職人さんと一緒に下見に参りました。

20170325183755.JPG
ずっと家を支えてきた欅のまさしく大黒柱。

磨きなおして、新しい住まいに再利用予定です。

20170325183922.JPG
お父様が大切に手を入れてきた庭木もなるべく活かせるように考えました。

まっさらな中での計画とは違った苦労がありますが、こういうプロジェクト好きです。

目に見えるデザインだけでは無く、目に見えない、ご家族、ご親族の気持ちや物語を感じつつ、新しい次の世代の小さな子どもたちが「実家は良い家」と気に入ってくれて、家族の歴史をつないでくれるように。

そう願いながらいろいろ工夫しています。

5月の連休前後には解体スタートできるように、ただいま、全力で実施設計中です!


ST邸新築工事の他のBLOG記事

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

先日の新しい案件のプレゼンテーションでは模型をご準備しました。

20161130185620.JPG

ご提案はご実家の敷地の中に若いご家族の住まいを計画する「二世帯分居」です。

特に今回はとても広い敷地の中に既存の建物(一部分はそのまま活用・一部分は改築)と既存の庭や塀やアプローチなどがあり、その関係性や風景の作り方に工夫が必要でした。

模型では近隣の建物のボリュームも作りこんだので、平面プランやCGだけではつかみにくい全体像を伝えやすかったかな、と思います。

プランや模型や概算お見積りのご提案資料をお持ち帰りいただいて、ご実家のみなさまも交えての家族会議だそうです。

ちょっと次回のお打合せがドキドキですが楽しみでもあります。

 「二世帯分居」 についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ