haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

参考設計実例集

先日の打ち合わせで、収納スペースの確保が話題に出ました。

単純に家の面積を増やせれば問題なしですが、土地の広さに制限がある場合にはいろんな方法を考えます。

そのひとつは、階と階の隙間に収納をサンドイッチする方法。

過去の設計実例の中から「重なりの家」さんをご紹介します。

20151126093742.jpg
2階は子世帯のLDK。
階段を登った先には子供室。

20151126093932.jpg
そのLDK(2階)と子供室(2.5階)に挟まれてサンドイッチというか、子供室を持ち上げて、その下のスペースに収納を設けました。

↓イメージはこんな感じ
20161224105906.jpg


20151126094054.jpg
収納の広さは10帖分あります。
キッチンの収納ともつながっていて、両方向から物の出し入れが出来ます。

高さは建築基準法で制限されている1400mm以下に押さえてありまして階になりませんので、あくまで2階建てです。

限られた敷地に建築するために、どうしても必要な収納スペースが取れない!などの解決策としては有効です。

但し、建物の全体の高さは高くなりますし、収納とはいえ、部屋を作るのですから、コストも上がります。

まずは適切な収納の量をもう一度振り返ってみて、それでも、どうしても。という場合の最終手段化もしれません。

重なりの家 完成写真はコチラ

「初春設計相談会」2017年1月4日10:00~18:00
ぜひご予約下さい。

詳しくはコチラから。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ


「あおいの家 暮らしがみえるオープンハウス」
9月25日(日曜日)松岡町にて:先着6組限定
詳しくはコチラ

住まいを考えるときに「収納」というキーワードはポイントのひとつです。

収納の中でも衣類の悩みが多い

その中でも、動線的にもスペース的にもみなさん悩まれるベスト3は衣類に関しての収納かな、と思います。

衣類の収納場所にもいろいろあるんですが、まずはクローゼットについて、考えてみたいと思います。

衣類収納といえばクローゼット

まずはクローゼットの決まった広さ、というのは無いのですが、多くの場合3帖~6帖程度が多いです。

収納量を考えると壁の面積の長さが長いほど有利ですので、長方形の形で短い方の辺に入り口があって、長い方の辺に壁一面の収納がある、というのが理想的ですが、プラン上の他の制約もありますのでそこは臨機応変に。

さてその壁一面の収納ですが。。。

メーカーの既製品などですと↓こんな感じです。

20151221180448.jpg

写真はコチラのサイトからお借りしました
WOOD ONE:エ・ラ・ボ

収納に合わせて、スペースをつくる

こちらのメーカーサイトによりますと。。。。

「スペースに合わせて、収納する」から
「収納に合わせて、スペースをつくる」へ。

暮らしてみないと意外に分からないのが収納の使い勝手。

とあります。

そうなんです!その通り。

ご家族の収納量にあわせてスペースを作るのが合理的だと思います。

問題は必要な収納が変化する!

でも、その収納の量や質そのものが、年齢やライフスタイル、好みの変化によって変化する可能性が大です。

例えば、女性ですと専業主婦の方と共働きで営業職の方では必要とする衣類が全く違います。

子育て時代は一年中デニムでOK、カジュアル系が好きだったけど、子どもが大きくなったから趣味で茶道を始めたので和服の収納が必要になった。。。。

などなど、随分と違ってくるものです。

作りこまない方が合理的

という事は、住まいを計画した時のライフスタイルや好みに合わせすぎて作りこんだ収納よりも、なんとかスペースを確保した後は、ゆるくフレキシブルに変化させやすいようにした方が合理的だと思います。

さらに、上記のメーカーさんのプランの様なモノをそのまま採用するとかなりコストがかかる。という事も要注意です。

必要なアイテムを使いながらカスタマイズ

実際にハウズでの設計実績のお住まいのクローゼットはシンプルです。

20151221185615.jpg
坂井市某邸

20151221185654.jpg
鯖江市某邸

いづれも床から高さ1800mmの高さに上棚。その真下にハンガーパイプ。

当然、ハンガーパイプにかけた丈の短い洋服の下はスペースが空くのですが、あ・え・て・空けておきます。

必要ならキャスター付のパイプハンガー↓を設置したり、無印などの収納BOXやオープンラックを置いたり。

20151221190507.jpg
写真はアイリスオーヤマさんのサイトからお借りしました。

人生のいろんな場面において、家族の生活を裏からそっと支えてくれる収納スペースは大事な舞台裏です。

だからこそ、その時、その時に必要なアイテムを使いながらカスタマイズできるニュートラルな空間がお薦めです。

最後に良く読むサイトに関連記事がタイミングよくありましたのでリンクを張ってみます。
ご参考にどうぞ。

北欧、暮らしの道具店:クローゼット収納

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

設計実績のコンセプトをご紹介するシリーズです。

【まどそらの家】

「スキップフロアのリビング・PCコーナー・水廻り・収納がぐるぐる廻れる家」

・若いご夫婦とお子さん2人の4人家族のためのコンパクトで暮らしやすい間取り。

20151220164358.jpg

20151220164424.jpg

・2階に生活スペース。1階は個室のみにして同じ敷地内にある親世帯の住まいとの距離感を確保した間取り。

20151220164518.jpg

・2階リビングは、大きなベランダ+連続させた窓。で眺望と開放感を愉しめる居心地抜群のスペース。

20151220164546.jpg

・スキップフロアで、ダイニング→リビング→PCコーナーと移動できます。水廻りに変化をつけ、視線の高さを変える事で豊かな空間に。

20151220164621.jpg

・LDK・PCコーナー・大きなウォークインクローゼット・水廻りを隣接させて、家事ラクな動線。

20151220164656.jpg

20151220164730.jpg

・スチールとステンレス+無垢の木でデザインしたオーダーキッチン。

20151220164757.jpg

20151220164818.jpg

・収納を多く取って生活感が出ないように配慮。

20151220164837.jpg

・ビルトインガレージを設けて雨雪の多い福井の暮らしにフィット。

・2方向が道路という敷地条件を考慮した外部に開きすぎないプラン。

20151220164904.jpg

・ご実家の敷地の中に独立した子ども世帯の住まいを考える二世帯分居シリーズです。

20161007162249.jpg


20160821104554.jpg


haws建築設計事務所


住所:福井県福井市運動公園1-1912


TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp


【設計相談会のご案内】


毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください


【まずはメールで問い合わせてみたい】


気になる事なんでもどうぞ

壁掛けTVを考える際の参考設計実例その4です。


壁掛けTVとはちょっと違いますが、今回ご紹介するのは、プロジェクターでTVを見るように考えた2例です。

【トキガソダテルイエ】

20150827114522.jpg
和室をLDKにリフォームしました。古民家カフェを目指しましたので、現代的なものはなるべく目に入らない様にデザインしました。


まずはTVは床の間右手の収納の扉の中です。

20150829151909.jpg
閉めた状態

20150829151845.jpg
開けた状態

扉は開いた状態でも邪魔にならない様にしまいこめるようになっています。

TVを見ない時にはTVの存在が消えるので、和の趣が邪魔されるコト無く雰囲気が保てます。

さらに、大画面でゆっくりホームシアターも楽しみたい。という事で。。。


床の間の落とし掛け(天井からの下がり壁)の裏にスクリーンが隠してあって
20150827115728.jpg

こんな感じで降りてきます!
20150827132835.jpg

20150827132942.jpg
大画面でTVや映画が楽しめます。

こちらの住まいは本格的なホームシアターを導入しています。

詳しくはシアターハウスさんの導入事例でもご紹介されています。


ここまで本格的な計画はコストもかかるのがネックです。

ですので、TVとホームシアターを兼用したケースも続けてご紹介いたします。

トキガソダテルイエの情報をもっと見る

【宝永の家】

新しいのに懐かしいがインテリアイメージの住まいで、リビングは茶の間的和室です。

20150827100401.jpg
和の空間に大きなTVは似合わない。でも、TVは大好き。という訳で。。梁のところに黒い投影機器が映っているのがわかりますか?


20150827100618.jpg
白い大きな壁面を作って直接そこに投影させています。

写真では室内の照明を落としていますが、通常の状態でも十分大丈夫です。

でも、映画を見たりする際には暗くしてホームシアターとして雰囲気も楽しむそうです。

手前の薪ストーブのある土間やキッチンからも良く見えて、なんだか、お友達よんでイベント出来そうですね。

こちらのプロジェクターは数万円だったそうです(施主手配)ので、手軽に導入できそうです。
ただ、事前の配線工事が必要ですし、大きな白い壁面が必須ですので設計段階で事前に良く打ち合わせする事が大事です。

宝永の家の情報をもっと見る

壁掛けTV参考設計実例その1
壁掛けTVの参考設計実例その2
壁掛けTV参考設計実例その3

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 


壁掛けTVの参考設計実例その3です。

インテリアの雰囲気によっては「TV台や収納を設けずに、さりげなくまとめたい」という場合もあります。

壁掛けTVだからこそ、すっきりまとまったお住まいを2例ご紹介します。

【ordinaryな家】

インテリアイメージは「古民家カフェ」でした。 20150826141935.jpg わかりにくいですが、右手の障子の横の壁にTV取り付けました。

20150826142142.jpg
正面から見るとこんな感じ。


20150826142212.jpg
TVを取り付ける前はこんな風です。

20150826141839.jpg
壁の内部に工事中に配管を入れておいて、壁にはTV用のジャックと配線ジャックのプレートを取り付けておきます。


TVの取り付け場所の壁の下地には補強用にコンパネなどを仕込んでおきまして、仕上工事の後にTVに付属の取り付け金具をビス止めします。早目に頼んでおけば、工務店の方でお手伝い出来ます。

20150826142342.jpg
写真は現場監督さんが位置がここで良いか施主と相談しながら取り付け場所を決めているトコロです。


20150826142857.jpg
取り付けた後のTVの側面はこんな感じです。


20150826143207.jpg
レコーダーなどはインテリアに似合った小さな台?を奥様が上手にセレクトされて、雰囲気ぴったりですね。

20150826143624.jpg
TVが大好きだからソファからベストポジションで見たい!というご主人さまの希望を叶えつつ、「古民家カフェ」のインテリアイメージは壊さず、すっきりとTVが馴染んでいます。

ordinaryな家の情報をもっと見る

【ナミオトハウス】


海が見えるLDKのインテリアのポイントはシンプル&リラックス感。

20150826184014.jpg
やはりTV台にはさりげないチェストが上手にコーディネートされています。


キッチンとダイニングからこんな風に見えます↓
20150826184036.jpg

壁掛けTVは取り付ける場所によっては、TVと裏側の配線が案外良く見えてしまいます。

これはTVの種類にもよると思いますが、もし、いつも視線が行く場所から良く見える場所に取り付けるのであればどう見えるか?という事も考えてみると良いと思います。

ナミオトハウスの情報をもっと見る

壁掛けTVの参考設計実例その1
壁掛けTVの参考設計実例その2
壁掛けTVの参考設計実例その4

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 


壁掛けTVにする時に気を付けたいポイント

新しい住まいでは大きなTVを壁掛けにしたい。というご要望を良くいただきますので実際の設計実例でポイントなどを4回シリーズでご紹介します。

「takamichi_house」

広めの壁面の確保や照明の配慮など、いろいろありますが、まずはTV本体は壁面にシンプルに張りついていてスッキリしますが、その他のレコーダーやAV機器、DVDソフトな
どの置き場所と配線が課題になります。


20150820111415.jpg
「takamichi_house」その他の写真はコチラ→★

こちらの住まいでは施主と相談の結果壁掛けTVの横に造作の収納家具を設けてその中に機器類を納めました。配線は壁の中に事前に仕込んであります。

20150820111520.jpg

20150820111558.jpg

壁掛けTVは一般的に重量がかなりあるので、仕上げる前の壁に下地補強用の合板を設置しておきます。

20150820111902.jpg

お引越し後、TVの設置完了状態です。
20150820111932.jpg

連続するカウンターやキッチン収納も同じお揃いの面材にてデザインしていますので、違和感はありません。
20150820112012.jpg

TV鑑賞が大好きだというご主人さまのために部屋の照明を暗めにした場合でも、落ち着いてTVを楽しめるように、TV設置壁面と天井の間に間接照明を入れました。

夜は良い雰囲気になるそうです。

壁掛けTV 参考設計実績その2
壁掛けTV 参考設計実績その3
壁掛けTV 参考設計実績その4

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ