haws style blog

毎日の仕事風景、日常の中で建築やインテリアについて考えたことをお伝えします。

サニタリー

何回使ってから洗う?

建て主さまと水廻りのプランなどのお話をしている際に良く話題にあがるのは、
「バスタオルは何回使ったら洗うか?」問題です。

20170413153157.jpg
衛生微生物研究センターWEBより

ネットで見たアンケート調査では、家庭によってまちまちで、「使用ごと」または「2、3回使ったら」が多数を占めるものの、 中には「月に1回」や「臭うようになったら」洗うとの回答もあるようです(^^;)

「バスタオル、何回使ってから洗う?」
https://kabi.co.jp/kabi.php?k=k12

うーん。
我が家は実は使いまわしの上に2日くらいは連続使用してました。。。ちょっとこれ読んだら改めた方が良いかな~、でも洗濯面倒だしな。。と悩み始めました。

興味深い内容ですのでぜひ読んでみて下さい。

「バスタオル、どこに置く?」

さて、バスタオル問題の二つ目は「バスタオル、どこに置く?」問題です。

バスタオルの定位置を決めておきたい!という気持ちからくるんでしょうが、脱衣室や洗面室に「バスタオルの掛けられるハンガーパイプを付けてください」とご要望が良くあります。

しかーし、壁の近くに湿ったタオルを掛けっぱなしにするのは、あまりお薦めしません。

カワジュンのロングタイプのタオルハンガー。
↓幅は700㎜ありますが、取り付けた時の壁との隙間は35mmしかありません。

20170413154857.jpg
http://www.kawajun.jp/hardware/products/accessory/towelrail/item2445/2

広くない洗面所で出っ張りが大きいと邪魔になったり、体にあたりますからね。。


むしろ、移動できる床置きのタオルハンガーの方が、そのままサンルームまで持ち運んで乾かせますし、清潔でスッキリして便利かな。。と思います。

20170413154306.jpg
ベルメゾン・タオルハンガー
http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?KAT_BTGO=C68859_200_2017_A&SHNCRTTKKRO_KBN=R6&BELN_SHOP_KBN=100


20170413154610.jpg
ディノス・タオルハンガー
https://www.dinos.co.jp/p/1330800619/?utm_source=nextag&utm_medium=ProductListing&utm_term=451514&utm_campaign=AP0006

参考にしてみて下さい。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ


先日は現在進行中の建て主さまと床材についての打合せでした。

水廻りや収納など、床に「デザイン性や癒し」などよりも、「汚れにくいとか、傷つきにくい」とかという機能性を強く求める場所には、フローリングよりも樹脂製の床材をお薦めすることが多いです。

カタログだとこんな感じです。

20170205190508.JPG

耐久性が高いので、土足で歩行するホテルや商業施設にも頻繁に使用されています。

20170205190532.JPG

車いすの車輪など過酷な使用状況でもOKなので、病院や福祉施設にもよく使われています。

20170205190629.JPG

よく間違えられますが、アパートなどに使用される事が多いフカフカして穴が空きやすい「クッションフロア」とは全く別物です。↓

20170205192216.jpg
傷つきやすく、印象も安っぽい感じです。

キャリア23~心をはぐくむお部屋探しさんのサイトから画像お借りしました)

ハウズではシンプルな柄の無いものを基本的にお薦めします。

20170205191326.JPG

理由は無駄に床に柄やデザインがあるよりも、スッキリしていた方がちょっとした小物や雑貨が映える。と考えるからですが、もともと目立つ場所(リビングとか玄関とか)には使わないので、基本的には建て主さまのお好みを優先します。

今月、オープンハウスを開催させていただく「おおみやの家」さんと「きだの家」さんは、シンプルなものがお好き、という事でお薦めのものの色違いを採用させていただいています。

20170205191527.jpg

ぜひ、お越しいただいて、「あ、これね~」と実際に使われている様子をご覧ください。
お待ちしています!

「2棟同時開催|きだの家|オープンハウス」

「2棟同時開催|おおみやの家|オープンハウス」

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

先日、洗面室の鏡についてお打合せしました。

ハウズでは大きく分けて

①施主様のご要望を基にして設計・デザインして図面に書き込み、工務店にて製作してもらう場合。

②施主様がご自身で選んだ(ネットショップで購入したり、オーダーしたりして準備した)物を「施主支給」という形で現場で持ち込んでいただいて、取り付けのみを工務店さんにお願いする場合。

。。。の2つの方法があります。

①の場合の施工例をご紹介すると。。

20161127111333.jpg
明倫の家」
出しっぱなしにしたく無い。というご要望にお応えして中央に収納BOXを設けました。

20161127111546.jpg
「ナミオトハウス」
壁一面をガラスでシンプルに。一部は収納になっています。

②の場合の施工例をご紹介すると。。

20161127111712.jpg
施主さまがネットで購入。写真ではわかりづらいですが、アンティーク調の木製枠です。

20161127111736.jpg
「上新庄の家」
施主さまが「LES SOFAS」にてオーダー。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

設計中のお客様にお渡ししているhawsオリジナルの「住宅設備のショールームMAP」のご紹介。
20120217133827

福井市内にある各ショールームが一覧できる資料になっています。
車の中に置いておいていただいて、時間ができた時にちょっと言っていただくのに便利です。

最近ちょっぴりリニュアールいたしました。

20120217133828

北電さんの「エルフプラザ」とクリーンガス福井さんの「ジー・ジー・ジー」を追加。

あわせてサイズも持ち運びしやすいようにA3からA4に変更。

日々、進化中です。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

洗面室など水廻りにはモザイクタイルをカウンターの壁際の水がかかる場所に少しだけポイントに使う事が多いです。

例えば「aoi_house」の洗面室↓10mm角のコロンとしたキュービックタイプ。
20161111114549.jpg

アップだとこんな感じ↓
20161111130318.JPG

これを使用しました。サンプル状態だと少し感じが違います。↓
20161111114955.jpg

このタイルは側面が特徴。↓釉薬はかかってなくても、天然石を切り出したようなテクスチャー。
20161111115222.jpg

普通のタイルの側面はこんな感じ。↓
20161111115856.JPG

タイルを選ぶ際は側面や断面は結構大事で、ちゃんと考えないと、残念なことになります。

で、現在、ある案件のタイルを検討中。
何に決まるか楽しみです。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

浴室の床や壁、浴槽などのカラーコーディネートを決める際に、良く候補に上がるのが、ダークトーン。

パッと見てかっこいい、高級感がある、落ち着いた感じがする。というのが理由のようです。

もちろん、そういうイメージも大切なのですが、メンテナンスの事もチェックしていただく事をお薦めします。

特に床やカウンターなど水平面は水垢が付きやすく、ちょと油断すると白いうろこ状の汚れがつきます。

こんな感じ↓

20161103183540.jpg

これは、なかなか厄介で、週末のお掃除で洗剤でこすったくらいでは取れないそうです(お客様談)

防止する方法としては、浴室を使った後に、必ず毎回水気をふき取る事。

このひと手間を面倒くさいと感じるか、かっこいいを選択したんだから受け入れるか。

それはどちらでも良いと思うのですが、もし、何も考えずに決めて「こんなはずじゃ無かった」と思うのは嫌ですよね。

何事にもある、短所と長所。そのどちらが自分にとってより大切かを見極めることをお薦めします。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

朝晩はグッと寒くなってきましたね。

ついこの間までは、打合せをしていても、風通しが~って話をしていた気がしますが、このあたりから「寒くないようにするにはどうするか?」っていう方に話題の重心が移っていくのは毎年の恒例です。

人ってどうしてもその時の気分に左右されます(笑)仕方がないですよね。

このブログもこれから、だんだん「あったかめの記事」が増えていきます。笑ってお許し下さい。

ユニットバスの保温材ってご存知ですか?

さて、早速ですが。。。

ユニットバスを決める際には浴槽の大きさや壁のデザインなどに目を奪われがちですが、チェックしていただきたいのが「保温材」

浴槽を保温材で包んだ形にしてお湯が冷めにくいですよ~。って最近は各メーカー積極的にPRしています。

それはもちろん大切なのですが、浴室そのものの室温を下げないように、壁、天井、床、エプロン(浴槽の腰壁の部分)の保温材も必要です。

「え?だって家自体に断熱材を入れてるんだからいらないんじゃ無い?」ってご意見もあるとは思いますが、ダブルで入れることでより効果があります。

20161028100227.jpg
参考「リクシル:カタログ」より。目立たないページです。クリックすると拡大します。

保温材がなぜ必要か?

そもそもユニットバスの床の下は土間床(コンクリート)なので、保温材は入っていない事が多いです。底冷え嫌ですよね。

天井の部分も2階の床下構造、あるいは平屋なら小屋裏。その上には大きな空間があります。

気密セットの重要性

さらに、大切なのは保温材の中の「床気密セット」

これはちょっと一般的の方はあまり知られていない話ですが、興味のある方にはぜひお伝えしたい事です。

ユニットバスの設置個所は土間床でその周辺は床。段差があり、そこには隙間が生まれます。

ユニットバス床の周辺の床から基礎パッキンを通過した床下からの冷たい冷気が壁体内に漏れ入り、それが家中の断熱・気密性能に著しい悪影響を与えます。

これを塞ぐのが「床気密セット」

【KH_house】の施工中の写真でご紹介します。

 20161028092340.jpg
↑土間に設置されたユニットバス。洗面室側のフローリングとの間に隙間が見えます。


20161028093351.jpg 
↑床気密セットでしっかり塞がりました。これで大丈夫。

ショールームのスタッフの方などはご存じない事なので、あまり積極的にはお薦めされないと思います。

コストアップにつながるので、場合によっては工務店さんからもご説明が無いかもしれません。

ですが、暖かい家づくりのためには大切なポイントですので、これからご計画の方はぜひご注意下さいね。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ


プラン検討の際に水廻りを2階にするかどうか悩む場合があります。

モデルハウスなどには無いプランです。

一般的では無いので不安になる方もいらっしゃいますので、そのメリットとデメリットと実際の設計実例をご紹介します。

まず、水廻りと言ってもキッチンはリビング・ダイニングと一緒にプランするのが基本なので、ここでいう水廻りとは、洗面・脱衣室・浴室、サンルームです。

水廻りを2階にするメリット


1|1階の面積をコンパクトに出来る

敷地面積が狭い、駐車スペースがたくさん欲しい、庭を広く取りたい、などの理由で建築面積を小さくしたい場合やローコストを目指していて総2階(1階の床面積と2階の床面積が同じ形)にしたい場合には有効な方法です。

一般的に1階にある水廻りを2階にプランすることで1階の面積がコンパクトになります。


2|1階にLDKを設けるなら大きな面積を確保しやすい

リビング敷地が大きくなくても広いリビングを希望している場合や、併設して和室、趣味室や書斎などを希望している場合もゆったり広く確保できます。


3|2階に水廻りと寝室がまとまるのでプライベート空間として落ち着いた暮らしができる

来客が多いライフスタイル、周辺環境が騒がしいなどの場合でも、いつでも入浴したりパジャマ姿でうろうろしてもOKです(笑)


4|衣類関係の家事動線が短くなる

寝室にクローゼットを設ける場合は「脱衣室→サンルーム→クローゼット」が近いので動線がコンパクトになります。階段の上り下りが無くなるのはとても楽です。


5|サンルームが2階

1階のサンルームよりも陽当たりが良くなる可能性が高いです。女性の下着などを干しておいても、窓を開けっぱなしにしやすいので便利です。

水廻りを2階にするデメリット


1|キッチンと離れる

家事動線の中でキッチンを中心とした動きと水廻りを中心とした動きの連携を大事にしたい場合は(洗濯機を回しながら食事の準備とか)キッチンと水廻りが離れるのはちょっと困りますね。


2|老後の暮らしが心配

将来階段の上り下りが辛くなった場合に浴室が2階にあるのは問題だと思います。


3|1階に手洗いスペースやトイレが欲しくなる

外から帰ってきた際にすぐに手を洗ったりするのが億劫になりますし、来客時はトイレも含めてちょっと不便なので、2階だけでなく1階にも手洗いコーナーやトイレが必要になりがちです。


4|コストアップ

コストアップについては良く質問されますが、水廻りが1階でも2階にもトイレを設けるつもりなら給排水管はもともと必要ですので、コストアップはわずかです。
ユニットバスは2階設置用を採用しなければいけないですが、この差額も小さいです。

むしろ、2階だとシャワーの水圧が弱いので加圧タイプの給湯器(エコキュート)が必要なのでそちらの差額の方が大きいかもしれません。という訳で多少コストアップにはなります。


5|漏水やメンテナンスの心配

2階だからといって漏水しやすくなるわけではありません。ただ、万一の際には真下の部屋も水浸しになります。ですが、昔の在来工法の浴室とは違ってユニットバスにはそういう危険性はほとんど無いです。それよりも必ずあるのは、将来の老朽化に伴ってのユニットバスの入れ替えの際に少し工期がかかったりする可能性はあります。メンテナンスも場合によっては少し面倒だったりしますが、大きな問題はありません。

2階水廻りの設計実績

今までの設計実績の中で2階に水廻りを設けた住まいとその理由をご紹介します

「クワトロハウス」

20161008161648.jpg
階段を上がってすぐの位置、写真では正面が黄色いタイルがポイントの洗面脱衣室。
手前に見えるのは子ども室。その手前には夫婦寝室とクローゼットがあります。

20161008161857.jpg
洗面脱衣室左手奥がユニットバス。手前にサンルームが続きます。

20161008162020.jpg
サンルームの窓は北向きなので補うためにトップライトを設けました。
冬でも良く乾くそうです。左手勝手口ドアの外にはベランダを設けることが出来ました。

2階に水廻りがある場合のお手本のような実例です。

20161008162228.jpg
玄関ホールからLDKに向かう廊下の一角に手洗いコーナー。

20161008162313.jpg
子ども達や外仕事から戻ったご主人様がサッと手を洗えるように。


「クワトロハウス」さんに2階水廻りをご提案した理由。。。

・敷地27坪にビルトインガレージ、広いリビング、庭が欲しいというご要望のために1階の面積を小さくする必要がある。
・近くで家族で営んでいる小売りの店舗があるので、人の出入りが激しい。プライベート空間が2階だと落ち着けて安心。

の2つでした。LDKは1階ですので、家事動線は分断されますが、もともとお台所仕事とお洗濯は同じタイミングにする習慣が無かったので問題は無いそうです。ご年齢もお若いので、老後の問題などは「体力的にきつくなったころにはこの家は子供に住んでもらって、自分たちは近くの実家をリフォームするなどまた考えます」とのことです。


「まどそらの家」

20161008162957.jpg
階段を上がって右手、正面が洗面脱衣室です。
子供たちが引っ張り出しているのは、かばんを片付ける引き出し。
クローゼットの一部に収納できる仕掛けです。

20161008163243.jpg
広めの洗面脱衣室。
右手に浴室。その横手の引き戸からクローゼットへつながります。
手前はさらにサンルームと連続しています。


「まどそらの家」さんに2階水廻りをご提案した理由。。。

・敷地は62坪と小さくないですが2台分のビルトインガレージ、大きな土間収納が必要というご要望のために1階の面積を小さくする必要がある。
・同じ敷地内にご主人様のご実家があり、農家のために日中も人の出入りがあり、プライベート空間が2階だと落ち着けて安心。

の2つでした。こちらはLDKは2階ですので、家事動線の分断はありません。ですが結果として夫婦の寝室と子ども室は1階に設けました。ですから外から帰ってからの時間をすべて2階で過ごして寝る時間だけ1階に降りる、一般的なプランの上下逆転プランです。

「不便は全然ありません。買い物してきた時など2階は億劫かな?と心配でしたが思ったより楽です。それよりも、窓を全開にしても全く他からの視線が気にならず、空が近い気分で開放的に過ごせるのが気持ちいいです」との事です。
こちらも体力的にきつくなったころにはこの家は子供に住んでもらって、自分たちは敷地内の実家をリフォームするなどまた考えます」という計画です。

まとめ

住まいの考え方は、「敷地の広さや周辺環境、家族の年齢、ライフスタイル、コスト、実家も含めた長期的な計画」などたくさんの要素があって、ある方にとってのベストはある方にはバッドです。

家族の幸せな暮らしのために、「一番大切にすることは何か」をよくよく考えていくことが大事ですね。

関連カテゴリーの記事
福井の家づくりレシピ|プランニング

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

洗面室って1坪、2帖程度の狭いスペースなんですが、案外と構成する要素がたくさんあってスッキリとはまとまりにくいものです。

じゃあ、機能性一番で良いんじゃない?ってわり切るにはいかない場所でもあります。

朝一番に家族の誰もが使用する場所。

ここがお気に入りの場所だと一日が気持よくスタートできる気がします。

もちろん、どの位置でどんな広さで、他の部屋とどうつながって。。。っていうのが大きな問題ですが、それをクリアした後には。。

20150319172726.jpg

ざっと考えただけでも・・・

・洗面カウンター
・洗面ボール
・水栓
・鏡
・タオル掛
・窓
・照明器具
・収納
・壁の仕上(タイル?クロス?)

を決めていきます。

20150319173706.JPG
写真は「みのりの家:洗面室」

関連記事
福井の家づくりレシピ|洗面室

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

「あおいの家 暮らしがみえるオープンハウス」
9月25日(日曜日)松岡町にて:先着6組限定
詳しくはコチラ

小さな住宅では、階段の下も有効利用したいところです。

収納スペースとしてプランする場合も多いですが、今回の案件ではさらに有効活用という方向でトイレスペースとして検討してみました。

問題は天井が水平には取れないという事。

大丈夫ですよね?と、言われるも、微妙な感じ。

少々、窮屈だということをお伝えするのに、CGを製作してご説明。

図面から正確に作って、人型を入れて、シュミレーション。

階段の廻り方などで、微妙に階段下のスペースも変わります。今回はこれ以上のスペースは2階のプランの関係で難しい。

検討の結果は。。。。

採用しないことに。

20140823143055.jpg

無駄だったようにも思いますが、こうやっていろんな可能性の検討をする事、そのものが設計なので、次回からもめげずに続けていきます。

特に小さな家の設計は細やかな検討が必要になります。

 

20160905111228.jpg

9月25日(日曜日)松岡町にて 詳しくは→コチラ

【建築相談会のご案内】
毎週日曜日開催。当日予約可能ですが予約優先ですので事前のご連絡がお薦めです。お気軽にどうぞ。

【まずはメールで問い合わせてみたい】
気になる事なんでもどうぞ。

 

 

通常の住まいの浴室には浴室用のロールスクリーンかブラインドをつけるのですが、正直お掃除が面倒ですよね。

ハウズではブラインドを内臓したサッシをお薦めしています。

ペアガラスのガラスとガラスの間にあらかじめブラインドがサンドイッチされています。

最初は少し不安だったのですが、お使いになっているお客様の評判も良く不都合は起きていません。

LIXIL ブラインドイン複層ガラス

20110526224444
写真はわかりにくいですが、左がブラインドをクローズした状態です。

外(坪庭とか遠くの山並み)を眺める事が出来るなど、特別なプランの場合はご相談していきます。

100%満足というわけにはいきませんが、

やはり、お掃除の事を考えると。。。ですね。

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

まだまだ風は冷たいので油断できませんが、確実に春はやってきています。

お天気が良いとお洗濯気分になるケド・・・


こんな陽射しの明るい週末は、パーッとお洗濯モノを外に干して、お日様と風に当てたい気分が盛り上がりますよね。

でも、ちょっと待ってください。今日みたいな日は「花粉」とか「PM2.5」とかが大量に飛んでいる日でもあります。

不用意にシーツや衣類を干したら、大変!な事になります。


春もやっぱりサンルームは必須

以前の記事では「冬のお洗濯モノ対策」をご紹介しましたが、せっかく春になって、お洗濯日和であっても、ご家族にアレルギー症状のある方がいれば、やっぱり、干すのはサンルームの中で。。。

の方が安心だと思います。

我が家も、夫殿が花粉症になってからは、この季節は、室内干しが基本になりまして。。。。

残念なのでこっそり、自分のシーツだけ外に干しましたが、見つかって怒られたコトもあります。

というわけで、冬のお天気が悪い時期だけでは無く、春になっても、サンルームが必須かと思います。ぜひ住まいの計画の際にはご留意下さい。


サンルーム設計実例

要望で、「一番!とは言わないけれど、良い場所にサンルームを作ってください」とおしゃっられたクライアントさまの住まいのサンルームをご紹介します。

【みのりの家】のサンルーム

20160312130714.jpg
キッチンの左手奥の引き戸の先にサンルームがあります。


20160312130946.jpg
リビングからは見えにくい場所だけど、陽当たりや家事動線の良い場所、です。


20160312131108.jpg
近くまで寄ってみるとわかりやすいでしょうか?

20160312131159.jpg
庭のデッキ側から見るとこんな感じ。

リビングとデッキとサンルームはつながっていて、グルグル廻れます。
行き止まりが無いって、なんか気持ちいいです。


20160312131246.jpg
サンルーム内部。写真が上手じゃ無いので暗く写ってますが、実際は南と東に面した明るい場所です。

20160312143528.jpg
サンルーム→クローゼット→洗面室→浴室。
と連続しています。

20160312131605.jpg
洗面室側から見るとこんな感じ。

こちらのお住まいは、奥様が大変お仕事が忙しく、ご主人様の出張なども多く、しかも子どもさんが小さい。

という事で、家事の省力化を強くご希望されましたので、南北に水廻りが連続するプランを提案しました。

デッキに面した明るいサンルームには、奥様の思い入れが強くあり、優先順位が高く、

なんと!床暖房も入っていて、結果、とても気に入っているそうです。

20160312143219.jpg

「洗面室の鏡」は最近選択肢が増えてます。

人気なのは、木製枠の鏡をイメージに合わせてオーダーする方法。

ネットなどでも調べるといろいろあるようですがハウズでお薦めしているのは十八番の家具店「レ・ソファ」にてオーダーです。

20150417153425.jpg
↑「陽まわりの家」さんの洗面室。

20150417153955.JPG
↑アップにするとこんな感じ。

20150417154100.jpg
↑「aoi_house」さんはちょっと正方形。

20150417160533.jpg
↑「上新庄の家」さんはちょっと横長。

ちなみに価格表はコチラ↓
20150417152509.jpg
(クリックすると大きくなります)


それ以外にもインテリアショップで購入したお気に入りの物を施主支給で、という事も増えています。

20150417160934.jpg
↑アンティーク。

金沢の西洋骨董雑貨やさん「Gloini」
20150417161024.jpg
購入したイギリスの物だそうで、ちょっとエレガント。

まだまだありますので、別の機会にご紹介しますね。

梅雨明けしたらしいですが、まだまだ湿気も高く雨も多いです。

「弁当忘れても傘忘れるな」の福井ですから、朝、仕事に出かけるときは晴れていても日中急に降ったり、晩秋から春先まではいつでも傘マーク。

だからサンルームは必須だと考えてどんなコンパクトな住まいでもご提案いたします。写真は昨日に続き「上新庄の家」さんですが、サンルームはデッキに面した東向き。

まあまあの陽当たりですが軒が深いため、さらにバッチリ太陽光を取り入れるために、FIXのトップライト(天窓)を採用しています。

このお蔭で乾きは非常に良いようで、共働きでお忙しい奥様に感謝されております!

20150723134256.jpg
デッキに直接出れますので便利です。

20150723134338.jpg
廊下を挟んで東の地窓を開ければ東西に風が抜けます。

20150723134459.jpg
広さは3帖程度。隣接して水廻りとクローゼットもあります。

20150723134605.jpg
トップライトの効果は抜群だそうです。

「上新庄の家」お客様リポートはコチラ

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

 

実施設計中のKS邸様の2階の手洗いコーナー。

ボールと水栓のチョイスをお任せいただいたので、思案中。

まず第一候補にあがったのはコレ!

P1015713.jpg
CERAトレーディングのFLAMINIA

大きすぎず小さすぎず、デザインもでしゃばりすぎずシンプルで良いな。と。

水栓がボール内に付いてるのもポイント高し(水栓の根本って水が垂れてお掃除が面倒な場所です)

ただ、お値段が可愛くない。

ボールと水栓セットで定価223,500円!

2階の手洗いコーナーというサブな場所なので、お手頃なものでないと。。。。

で、現在はコチラが有力候補↓
wa02241.jpg
サンワカンパニー/サークルプラス

別のページでみつけた水栓をセットしても6万円くらいです。
http://www.sanwacompany.co.jp/shop/g/gWA02241/

まだしばらく調べてみます。

20161007162249.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912

TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

【設計相談会のご案内】

毎日開催。当日予約可能ですが予約優先となります。お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ

今日は現在進行中のお客様と洗面器の件でお話したり、メールしたりが偶然重なりました。

E様には最初の提案はコチラ。

20110516202219
外形寸法W503XD442 すっきりシンプル。

で、もう少し大きめが良いという事でお薦めしたのはコチラ

20110516202148
外形寸法W604XD473 一回り大きいです。容量も↑が6.5Lなのに対して10Lあります。
顔を洗うとビシャビシャにしちゃう人にっ!(笑)

そして。。K様には現在コレをご提案中。

20110516202205
K邸のインテリアイメージにあわせて、少しぽってりとした面白みのある感じで。

機能性、デザイン、コスト。いろいろ考えてセレクト。

20160821103754.jpg

20160821104554.jpg

haws建築設計事務所

住所:福井県福井市運動公園1-1912 TEL:0776-33-1220 E-mail ent@haws.jp

公式WEBトップページ

【建築相談会のご案内】

毎週日曜日開催。当日予約可能ですが、予約優先となります。事前のご予約がお薦めです。 お気軽にお越しください

【まずはメールで問い合わせてみたい】

気になる事なんでもどうぞ