haws house report #03 ハピネスハウス(夫婦・子ども1人)

暮らしに必要な基本プランをベースに
好きなインテリアを思いっきり楽しむ家に

re 03 14.jpg

私の希望の家はどれくらいの予算と土地が必要だろう?
まず専門家の意見を聞いてから土地を探しに。

設計事務所に依頼しようと思ったのはなぜですか?

奥様 私自身、家にこだわりがあったので、設計事務所にお願いしたほうが思い通りにできると思っていました。ハウスメーカーや工務店で建てた内覧会などを見て回っても私にはピンとこなかったんです。住宅雑誌を読んだ時、私の場合には設計事務所のほうが向いているなあ、と。

ハウズスタイルを知ったきっかけは何ですか?

奥様 福井の設計事務所で検索して、見つけたハウズスタイルさんのホームページの印象が良かったんです。事務所の雰囲気が良かったし、訪れたオフィスの雰囲気も良かったし、オープンハウスで見せてもらった家も素敵でした。
相談したときは、土地を探している段階でした。いや、何も決まってないけれど相談したくて、それなのに親切に話を聞いてくれました。

re 03 08.jpg

土地を決める前に相談したのはなぜですか?

奥様 自分が考える可愛い家をきっちりイメージしていました。その家を建てるために、どれくらいの予算があれば実現できるのかを知りたかったからです。LDK、将来同居予定の義父のための和室、夫婦の寝室、子供部屋、水廻りなど最低限の間取りを優先して家に必要な坪数と予算を割り出してもらって、そこから逆算して土地の広さと購入予算を考えました。

ハウズスタイルに決めた決め手は?

奥様 土地が決まったことを伝えると、購入した土地まで下見に来てくださったんです。私たちが希望する雰囲気と間取り、コストも合わせて建てられるかどうかも見てくれました。その気配りに感動しました。

re 03 02.jpg

最初に伝えたことはありますか?

奥様 最初にこんな感じにしたいというインテリアを切り抜いたスクラップブックを持っていきました。建てるならこんな家というか部屋というか、考えながら貼ったノートです。

渡辺 スクラップブックを見て奥様の望む雰囲気が把握できました。インテリアの好みや色のトーンが統一されていたので、ぶれない提案ができました。インテリアコーディネートのセンスを持っている奥様だと分かったので、家自体はシンプルに、カスタマイズしやすいプランにしてコストをおさえようと考えました。

多忙なご主人の要望は何でしたか?

奥様 主人は「家のことは任せるよ」と(笑)。土日曜が休みではない仕事なので打ち合わせも私が進めていました。主人からは「3畳でもいいから自分の個室がほしい」という要望があって、打ち合わせ中に「星を眺めながらタバコが吸えるベランダがほしい」という希望がプラスされました。

re 03 03.jpg

私の好みを察知して家の色、タイルを提案してくれた。
出来ないと思わずに相談してみてよかった!

プランは希望通りでしたか?

奥様 ハウズスタイルさんから間取りと外観の雰囲気がわかるスケッチを見せてもらって、「わあ、可愛い!」と素直に思えました。外壁の木の板張りが特に気に入って、そのイメージから大きく変わっていません。将来の同居も考えて、2階にトイレを追加したくらいでしょうか。

部屋ごとに壁の色が違い、おしゃれです。どのようにクロスや壁の色を決めましたか?

奥様 キッチンにブルーを入れることは決めていました。「階段の壁の色を変えてみませんか?」と渡辺さんから提案されて「それいい!」と思いました。「ブルーにアップルグリーンを合わせるのはどうでしょう?」という事でビニールクロスにはなかなか無い色なので、塗装にして微妙な色を選びました。
他にはトイレは水玉、サンルームはピンク、寝室はラベンダーにしています。水玉クロスはどこかに使いたかったのでサンプルをネットで取り寄せました。

re 03 10.JPG

キッチンとダイニングにはどのようなインテリアコーディネートを考えましたか?

奥様 シャンデリアとダイニングテーブルは作家さんにオーダーで作ってもらいました。実は作り付けの家具だとコスト高になるとお聞きして、それなら好きな家具を選んで入れようと考えたのです。「好きなインテリアを楽しめる家」が私のテーマでした。
タイルが好きで、キッチンまわりも洗面所もタイルにしてもらいました。キッチンまわりのタイルはイメージを伝えて渡辺さんからのお薦めです。私の好みにぴったりになりました。タイルのコーナーはかなりお気に入りです。

re 03 15.jpg

対応してくれたところで嬉しかったところは?

奥様 家具につける「取っ手(つまみ)」が好きなんです。玄関の下足箱の取っ手も違うでしょう?キッチンのシンクについている扉の取っ手を変えたくて、渡辺さんに相談しました。メーカー品だから変えられると思ってなかったところも、監督さんが手配して実現してくれました。すごく嬉しかったです。言ってみればできるものだと分かりました。

re 03 05.jpg

予算に縛られず、建築家の意見を
柔軟に受け入れて大満足な結果に。

提案でさすがだなと感心したところはありますか?

奥様 子ども部屋のロフトは、予算の関係で削ろうとしていました。だけどハウズスタイルさんから「あったほうがいい」という意見をいただき思い切って付けました。できてから「こんな感じになるんだ!楽しい」 と感動しましたし、今は主人が気に入ってこのロフトで寝ています(笑)

もう少しやりたかったところはありますか?

奥様 外観の装飾でしょうか。周囲が田んぼなので家が丸見え。窓枠を追加するなど見た目にも、もっと思い切って可愛い家にしても良かったかな。ウッドフェンスやデッキなどでも雰囲気が変わると思うので、これから考えていきます。

re 03 12.jpg

ハウズスタイルさんに依頼する人は、どんな方が向いていますか?

奥様 自分の家をはっきりとイメージしている人です。ハウズスタイルさんは細かいこだわりにこたえてくれます。主人はお任せだし、打ち合わせは私ひとりだけ。迷ったときどうしたらいいか相談できて安心でした。

渡辺 奥様からは家具や照明の購入にあたり、たくさん相談していただけて楽しかったです。あまり家づくりに関心がなかったご主人が、ベランダを「うちカフェ」と呼んで飲み物片手に何時間も楽しんでいるとお聞きして嬉しかったです。

re 03 07.jpg

暮らし始めてどんなことが変わりましたか?

奥様 「休みだから家にいよう、家で遊ぼう」と思うようになりました。私が草取りをしている横で子どもが近くで遊ぶとか、とてもいい休日を過ごしています。家を建てる前は休みになるたびに「どこか出かけなくちゃと思っていました。嬉しい効果は、完成後、義父がよく泊まりに来てくれるようになったことです。子どもの送迎をして自宅で待っていてくれるなどとても助かっています。

re 03 11.jpg