haws house report #06 KT_house夫婦・犬

男女の建築士が揃う設計事務所は心強い。
おかげで、雪の多い暮らしを考えた、
あたたかくて丈夫な
居心地の良い家ができました。

077-re06-01.jpg

決め手は原田さんと渡辺さんの人柄と、
穏やかでゆるやかな家づくりの進め方。

家を建てようと決めたとき、最初にされたことは何ですか?

ご主人 雑誌やインターネットで調べる一方で、ハウスメーカーの展示場を回りました。ただ展示場を見て回ると、年収とか余計なことまでいろいろ聞かれることに嫌気がさして。そこまでアンケートを書かないといけないの?という不信感もありました。

奥様 大きな買い物なのに、ハウスメーカーさんは早く決めようとするんですよね。そういう進め方のスタイルも合わなかったです。

設計事務所に依頼しようと思ったのはなぜですか?

ご主人 設計事務所には興味を持っていたんです。だけど設計事務所はお金持ちの人が頼むところ、私たちには無理だと思っていました。ハウスメーカーのほうが安くできると思っていたんですが......実際、安くなかった(苦笑)。。

077-re06-08.jpg

ハウズスタイルを知ったきっかけは何ですか?

奥様 憧れるだけでもいいかなと思って「福井県 設計事務所」で検索しました。その中でハウズスタイルさんの施工事例にいい感じの家がたくさん掲載されていました。

ハウズスタイルのおふたりの最初の印象はどうでしたか?

ご主人 「思っていたより普通の人」、それが良かったんです。建築家ってもっと先生っぽい、芸術家っぽい、気取った人が出てくると思っていて(笑)。おふたりとも明るい感じで、とても話しやすかったです。

奥様 初回の打ち合わせに男女ふたりで対応してくれるのは良いと思います。主人は原田さんを見て安心し、私は渡辺さんがいてくれて心強いという印象でした。その後、敷地を見てプラン提案の後「次の打ち合わせまでによくご検討されて下さい。聞きたいことがありましたら連絡くださいね」というスタンスも良かったです。最初からグイグイ話をすすめられると希望を言えない気がしましたから。

原田 実は敷地の条件が難しく、土地を分割して建てることになる提案でした。その場合は既存の建物が、不適格建築物にならないような配慮が必要です。接道部分が確保できるかも詳しく調査する必要がありました。今後法務上のいろんな条件をクリアしなければいけない可能性があることをご説明しました。

077-re06-07.jpg

ハウズスタイルに依頼した決め手は何ですか?

ご主人 おふたりの人柄と、家づくりの進め方ですね。とってもアットホームで打ち合わせが楽しくなりそうな予感がしたんです。

風通しよく、家事をしやすく、雪対策をしっかり。
堅実なものが好きな僕たちの好みを把握して
夫婦それぞれの希望をしっかり反映してくれた。

家づくりについてお聞きします。最初にどのような希望を伝えましたか?

最初に予算を、それから必要なことと希望を伝えました。
・かっこいいよりもゆっくりくつろげる家にしたい。
・掃除や家事がしやすいこと。
・雪を考慮した構造、屋根、のこと。
・主人の実家で預かってもらっている犬がいること。
・タイヤや雪に関する道具を置くスペースがほしい。 です。雪に関しては、この土地で長らく暮らしている妻の両親の意見もありました。屋根が瓦というのは両親の希望です。

ハウズスタイルは、おふたりのイメージをどのように反映させましたか?

渡辺 勝山という雪深い土地柄なので除雪作業が必須なのと、ご主人がスノーボード好きだということで、玄関の土間から勝手口へ直接通り抜けできる通り土間にしました。奥の土間には犬のケージなども置ける外物置代わりになるスペースやパントリー的な役目も持たせ、多用途に活用してもらえる場所を設けました。 あたたかくて、質感のある雰囲気が好きというご要望から、外観の一部を板貼りにしたり、リビングの天井に梁を見せるデザインしました。

077-re06-03.jpg

特に強く希望したところはありますか?どう実現しましたか?

ご主人 風通しがいい家にしてほしい。ジメジメしない家良いということです。以前の住まいでは結露が悩みでした。新しい住まいでは床暖房のせいもあってか、いつもカラッとしています。犬がいますが、臭いもこもらず爽やかです。

奥様 とにかく掃除や家事をしやすく、というところでしょうか。あと、寒くない家です。寒さについては壁にパネルを使った工法を提案してもらって断熱性や気密性には満足しています。真冬でもとても暖かいです。それから特に水廻りの風通しや使い勝手が抜群に良いです。寝室とクローゼットと水廻りがコンパクトにまとまっていて、共働きで忙しいのですが、思っていた以上にとても快適です。

077-re06-05.jpg

その他に気に入っているところはありますか?

ご主人「濡れ縁」と小さな庭です。ウッドデッキを作るほどのスペースはないし、そもそも雪が積もるから無理だとあきらめていました。その気持ちをくんでちょうど良い「濡れ縁と小さな庭」を提案してくれました。 とても小さな場所ですが、これがあるのと無いのとでは全然雰囲気が違います。初夏になるとシンボルツリーのジューンベリーの花が咲くのが楽しみです。収穫した実でジャムを作ったりします。楽しいですよ。

077 page.jpg

奥様キッチンの腰壁に塗り壁を提案してもらったんですが、自分たちで色やテクスチャーを選んで、講習も受けに行ってふたりで塗ったのが楽しかったですし、すごく良い想い出でになりました。仕上がりにも満足しています。

077-re06-04.jpg

自分たちのペースや好みにすごく合っていた。
無理押しはしないけどちょっとだけ背伸びさせてくれる
「ちょうど良い」な家づくりができました

完成後、ご友人の方々の感想を教えてください。

奥様 友人が来ると「暮らしやすそうだし、ほどよくおしゃれだね」と言ってくれます。「無垢のフローリングで床暖ができるの!?」とうらやましがられます。家族も「気持ちいいね」と言ってくれますし、この家を気に入った姉が今度ハウズスタイルさんに設計を依頼することになりました。

ハウズスタイルの家づくりの進め方はどうでしたか?

奥様 将来的な生活を考えてアドバイスをしながらを提案してくれたことがうれしかったです。迷っていると「これは絶対必要」と推してくる渡辺さん、その信念を感じ、言うとおりにしてみたら、確かにとても良かったです。

予算についてはどうでしたか?

ご主人 最初から予算重視と伝えていたので、すごく配慮してもらえました。途中でどうしても贅沢になっていくんですが、どれくらい予算オーバーになっていそうか何度もしっかり試算し直しました。無駄なところは省き、必要なものとあったらいいなを見極め、二階も当初は広い空間でしたが小さくしていきました。きちんと予算内で私たちが想像した以上の仕上がりになり満足です。

ハウズスタイルに依頼したい方にアドバイスをお願いします。

ご主人 「設計事務所は、意外に敷居が高くない」ということです。「こんなことを聞くと当たり前すぎて恥ずかしい?」という気持ちが最初あったんですが、なんでも気軽に相談できました。建築士の男女がふたりいるのは心強いです。家づくりで分からないところはなんでも丁寧に教えてくれました。展示場を回った結果、私たちはハウスメーカーに良い印象を持ちませんでした。もっと時間をかけて建てたほうがいいと思います。

奥様 最初にどんどん希望を伝えたほうがいいと思います。するとプロのおふたりから「これが良いんじゃない?」とデザインやコストやいろいろ考えて提案してくれてオリジナルな住まいになると思います。

077-re06-06.jpg