子供との暮らしにちょうど良い

子どもの成長に合わせて
ちょうど良く変化する家。
お子さんとパパ・ママとの関係にも着目して
子育てに最適な住宅を考えます。

088_ty_01.JPG

コンパクトな敷地に建つこの住まいの子供部屋は2人分で7畳。つまり1人分は3.5畳。

088_ty_02.JPG

面積が取れないからこそ、デスクの置き場所・本棚・扉付収納は事前にきちんと計画。上手に使ってくれてるみたいです。

088_ty_04.JPG

ロフトはベッドとして使います。収納の上の部分も楽しい場所。男の子にとっては特に人気があります。

088_ty_03.JPG

時々は、パパもお邪魔します。「秘密基地」がテーマの住まいらしい仕掛けです。

 このお住まいの完成写真は→コチラ


095 tyo 01 (1).jpg

竣工時の子供部屋。女の子と男の子の兄妹なので、間に壁を設けました。黄色いクロスでポイントに。将来分けるためにドアがふたつあります。

095 tyo 01 (3).JPG

実際に使うとこんな感じ。向こうの部屋とのつながりはゆるやか。

095 tyo 01 (2).JPG

まだしばらくは仲良く2人で共有して使います。一つは遊ぶスペース。一つは学ぶ&寝るスペースという分け方も可能です。

095 tyo 01 (7).JPG

 でも実際はほとんどの時間は子供たちはママの近くにいたがります。ママも安心ですしね。だけど、リビングがおもちゃで散らかるのが困りますね。

095 tyo 01 (4).JPG

 リビングの壁に木製のカウンターを設けて、籠やラックでおもちゃ収納。以前からお持ちのTVラックを下に入れる計画でインテリア的にもスッキリ&ローコスト。

095 tyo 01 (6).JPG

 ママもちょちょっと片付けられて便利。

095 tyo 01 (5).JPG

 お片付けしやすいオープン収納は小さい子供でも使いやすくてお薦めです。

 このお住まいの完成写真は→コチラ