ご相談から完成まで

どんな家にしたいか、どんな暮らしがしたいか。まずはお聞かせください。
お客様のこだわりを実現するために、わかりやすい丁寧な対応を心がけています。打ち合わせでは何でも納得いくまで質問して下さい。よく話し合って最善の選択をしていくことが大切です。設計期間はHMや工務店との場合に比べると時間とエネルギーがお客様の方にも必要ですから、住まいづくりそのものをそのプロセスも含めて楽しめる方に、より向いていると思います。また、日曜日・祝祭日は通常の営業日ですし平日の夜間も対応させていただいております。メールでの細かなコミュニケーションも積極的に活用しています。
わかりにくい見積書についてサポート。適正な工事費を比較検討します。
工務店の見積もり書を第三者の視点で詳しく精査しますので、適正なコストを追及できます。お客様自身でいくつかの工務店・ハウスメーカーから見積書を取って比較しても、それぞれ、違う間取り・工法・仕様での見積り金額ですから、大変わかりにくいものだと思います。設計事務所を活用して、確定したひとつのプラン・仕様で、複数の工務店から相見積もりを取る事で、初めて適正に比較検討できます。

設計料について

haws style での住まい創り

設計監理契約 - お客様haws styleの間で、設計・デザインの設計と施工監理の業務委託契約書を交わします。打ち合わせを繰り返しながら、設計図書・パース・模型などでご提案いたします。ショールームや家具店などへの同行もいたします。

工事請負契約 - お客様施工業者の間で、建築工事の施工請負契約書を交わします。契約時にはhaws styleが監理者として立ち会います。

施工監理 - 1週間に1、2回程度現場に行き、設計図面通りに工事が進められているか検証しながら現場がスムーズに進むように指示します。又、進捗状況などをお客様にご報告します。

交渉 - 設計図書による見積もり金額がお客様のご予算内に収まらなかった場合の調整や仕様変更の確認などを行ないます。又、工事中に発生する追加や変更についてもお客様の代理人として関わります。

仕事の流れ

お問合せ・ご相談

ご相談は何度でも無料です。毎週日曜日の建築相談会をご予約いただいても良いですし、その他の日時がご希望でしたらご連絡下さい。

お問い合わせフォーム・電話0776-33-1220・メールのどの方法でも大丈夫です。

「事務所の雰囲気を見たいだけ」や「何から考え始めてよいかわからない段階」でもお気軽にお越し下さい。又、HPでは掲載していない設計実績についての図面や工事費用などもご覧いただけます。まずはここからスタートです。

ヒアリング

フィーリングが合うとご判断いただければ、プレゼンテーションをご依頼下さい。

どんな暮らしがしたいか、詳しくお伺いします。(自由に思っている事を何でもお話し下さい。イメージだけでも、矛盾していてもかまいません。趣味や好きなお店など住まいとは関係のなさそうな話題の中に、良い家づくりのヒントがかくれていたりします)
ご要望書をお渡ししますので、ご予算や土地の情報、完成希望時期などもご記入いただきます。
4~6週間程度のお時間をいただきまして、計画案を作成いたします。
(リノベーション・リフォームの場合は現場調査などが発生しますので着手金をお願いいたします。)

プレゼンテーション

お聞きしたご要望をふまえ、敷地の視察、敷地の法規制、及び環境調査をしたうえで、計画案(平面配置図・外観、内観イメージパース、模型など)を作成してわかりやすくご提案いたします。
計画案に基づいての工事概算費用と設計監理費用の見積書、も合わせてご提示いたします。

設計契約

当社にて、今後、設計・デザインを進めていこうと決められた場合は設計監理契約書を結んでいただきます。
設計監理費用の10%のお支払いをお願いします。
取りやめされる場合は、図面・模型等をご返却いただき、プレゼンテーション案作成の実費(5万円)のお支払をお願いいたします。
また、不採用案の転用・流用はご遠慮下さい。

基本設計

打ち合わせを重ね、間取りや外観、設備、仕様を決め、インテリアイメージを共有しながら、基本設計をまとめます。今まで漠然と想像していたものが、コストを踏まえた上で、図面や模型、パースなどで形になってくると、新しい暮らしでいちばん自分たちが大切にしたいもの、そうでもないものが見えてくると思います。
この段階は迷う事も多いでしょうし、ご家族の中での意見が分かれたりすることもあるでしょう。当社ではお客様との話し合いの中でプロとしてのアドバイスをさせていただきながら、お客様自身が自分の考えをまとめていく為のお手伝いをいたします。さまざまな方法を検討し、ご納得いただけるまで、充分なお時間を取らせていただきたいと思います。
2週間に1度程度のお打ち合わせがあります。
完了しましたら、設計監理費用の30%のお支払いをお願いします。

実施設計

基本計画が納得いただけたら実施設計図を作成いたします。法的、技術的、な裏付けや予算との兼ね合いも考えながら、詳細を決めていきます。設計図書一式(詳細平面図1/50・立面図・断面図・矩計図・仕上表・展開図・構造図・インテリア関係図・設備図など)を作成いたします。打ち合わせでは何でも納得いくまで質問して下さい。
よく話し合って最善の選択をしていくことが大切です。2週間に1度程度のお打ち合わせがあります。

確認申請書提出

監督官庁に「確認申請書」をお客様に代わりまして提出し、建築許可を取得します。
確認申請書提出時、設計監理費用の40%のお支払いをお願いします。

見積り監理

実施設計図書一式をお渡しして、複数の施工会社に見積もりを依頼して見積もりを依頼します。
見積書の内容については、わからない点があれば詳しくご説明いたします。又、不明瞭な点があれば、こちらから施工会社に質問をしてそれぞれの違いを確認していきます。施工会社は当社の選定する会社の他にお客様のご指定の施工会社への見積り依頼は可能です。
予算に合わない場合は、使用する材料や仕様、建築面積などを変更して調整をしていきます。

施工業者決定・契約

見積書の検討の結果をふまえて施工業者を決定いたします。当社立会いのもと、お客様と施工業者の間で「工事請負契約」を結びます。

工事監理

工事中は設計監理者としてかかわっていきます。
定例会は週に1回程度。必要に応じてお客様にも参加していただきます。これは現場が設計図どうりに進んでいるかチェックすると同時に、設計の内容が施工者にちゃんと伝わるように、具体的な指示を出したり現場で発生した課題を施工側、お客様側と、協議して解決していく事です。
また、お客様の方から打ち合わせ段階では気づかなかった事や、変更したい事も出てくると思いますので、ご相談していただいて可能な限り対処していきます。
変更による追加工事金については、その都度、施工会社との間で見積り書をきちんと提出してもらい、トラブルを事前に防ぎます。
工事が進んできますと、仕上材料や部材のサンプルを取り寄せて確認したり、塗装の色を決めたりします。それに合わせて、家具やカーテン、植栽計画なども最終決定していきます。
竣工検査は、初めに施工会社の検査(自主検査)、次に当事務所が行う(事務所検査/問題点があれば手直しを指示します)、そして、お客様が行う(施主検査)と段階を追って行っています。

完了検査・お引渡し

監督官庁に完了検査を依頼し、検査済証(建築基準法適合証)を取得します。
無垢材など自然素材を使用する事が多いので、その特性をふまえたアフターメンテナンスの方法や機器の取り扱いのご説明などをさせていただきます。
施工者からお渡しする保証書や工事金額の精算などについても第三者として立ち会います。

竣工後

1年後の検査(施工者同行)の他、随時ご相談をお受けいたします。
末長いおつきあいをさせていただきたいと願っています。

費用について

haws styleでは面積と難易度にもとづいて都度、設計費用をお見積もりいたします。

新築設計の場合

通常の規模(30坪~70坪程度)の住宅の場合、建築工事金額(工務店との契約金額)の10%程度(最低設計料は150万円)が目安です。 店舗、事務所等は別途見積もりによります。

リノベーション設計の場合

規模・内容によって都度お見積もりいたします。(建築工事金額(工務店との契約金額)の12~15%程度です)

リノベーション・リフォームの場合は現場調査などが発生しますのでプレゼンテーションお申込み時に着手金が発生します。

主な業務の内訳(新築・リノベーション共通)

  1. 設計図書作成(図面・模型・CG・パース作成)
  2. 現場監理業務・確認申請提出・見積もり監理
  3. インテリアデザイン・コーディネイト業務(家具、カーテン・外構その他)
  • 構造により(鉄骨造・RC造・木造3階建など)構造計算費用が別途必要となる場合があります。
  • 確認申請書類作成費用及証紙代金・地盤調査費用は別途必要です。