fu 11月号「蔵のある家」

今週、福井新聞と一緒に配布されます「fuふう 11月号」
のp52~53に。。。。
20091027111345
20091027111346
以前設計させていただいた大野S様のお住まいが
取材記事で掲載されました!
(広告では無いので事務所の名前は出ていません)
築80年の蔵をリフォームしています。
「fuふう 11月号」
お手もとにありましたら、ぜひご覧下さい。
記事でもご紹介されていますが、
こちらのお住まいは、ご夫妻の
「古いものを活かして、なおかつ、自分たちらしく自由に暮らしたい」
という、思いを受け、私たちもおおいに共感して
楽しく設計させていただいた、思い出深い仕事のひとつです。
完成から5年経ち、木の色も良い色に落ち着いています。
おおらかで、創意工夫にあふれた奥様の演出で
オリジナリティいっぱいに素敵に住まわれていらっしゃって、
いつ訪れても、その住みこなしぶりに感嘆します。
先日HPでのご紹介用の写真撮影をこちらでも行いましたので、
一部ご紹介させていただきます。
20091027111347
既存の蔵の戸。そのまま使用しています。
新しいものでは決して出せない迫力です。
その手前の白い厚い壁は既存の土壁を補修して漆喰を塗り直しました。
そしてそこから手前の部分は新しく増築した部分です。
古くて味のある既存部分にはかないませんが、
違和感無く、なるべくしっくりくるように配慮しました。
お祖母譲りの古い箪笥を上手にディスプレイされたり、
ニッチにモダンアートを飾ったり、お洒落な玄関ホールです。
20091027115513
トイレの収納兼飾り棚のカウンターに使用したのは、
元の家の玄関の式台に使われていた欅材です。
とても良い物だったので、大工さんにお願いして、
丁寧にはずしてもらい、再利用しました。
20091027111348
手すりはアイアンでデザインしたオリジナル。
(実は鉄筋棒を流用・加工しています笑)
20091027111349
増築部分2階。
車庫の屋根部分をテラスにしています。
登り梁にして吹き抜け。
天窓もつけて明るく!!!
20091027111350
キッチンは既製品ではサイズが合わないため、
オーダーキッチンにしました。
リフォームの場合は、設備に合わせて建物を設計するばかりでなく、
建物に合わせた設備を作っちゃえ!くらいの考え方も時には必要です。
でもシンク下にゴミ箱スペースを設けるなど、
使い勝手に抜かりはありません。
ここもオープンにラフにデザインしたんですが、
お客様が個性豊かにとてもお洒落に使いこなしていらっしゃいます。
20091027111351
奥様と愛娘の「のんちゃん」ふたりでのおやつタイムは、決まってココだそうです。
実はこの折りたたみ式のミニテーブル。
設計時にはありませんでした。
のんちゃんが大きくなってきて、
ちょうどここにある2段の段差に腰掛けて、おやつを食べる様子から、
奥様が思いついたそうで、後から追加で付けてあります。
図面上で考えていても出来ない発想。
アイデア豊富な奥様に感心します。
そういう、出来上がった時点が100%でなく、
どんどん良くなっていく住まい、素敵です。
「のんちゃん」の後ろに見える戸が
元の蔵の二階部分への入り口です。
入って、振りかえるとこんな風。
20091027111352
柱も梁も全て既存を利用しています。
床には床暖房。
20091027111355
「ここで友達とお茶を飲んでると、
カフェみたいに寛げるのよ~」と、奥様。
蔵の既存の窓に新たにサッシを入れ、
室内側には木製のガラリ扉をつけました。
新しい物なのですが、デザインがレトロなのですごく雰囲気が出ています。
20091027111344
蔵の窓の鉄格子は既存の物です。
錆びて下手に触ると。。。の状態だったのですが。
これを残すために、サッシの納まり等、
結構苦労しました。でも、出来上がってみると、
これがあるから良かったんだ。としみじみ思いました。
計画当初の古い家を見せていただいた時から、
「これが好きなんです。これが似合う家にしたいんです」
とおしゃられた、施主ご夫妻の先見の明に感服です。
日中でもほの暗い蔵の室内から
光あふれるテラスを眺めていると、
本当に豊かな気持ちになります。
既存の蔵は土壁で出来ているので、
窓が少なく、開口部を追加する事も難しく、暗い。
だから、その暗さを魅力に変えるために、
増築部分は明るくなるように意識しました。
暗いから補う。っていうんじゃなくて
むしろ、それを引き立たせるために、です。
暗い場所。明るい場所。
両方あって、両方良い。
居る場所によって気分が変わる。
そんな住まいをご提案して、喜んでいただいて、
そして、十二分に住みこなして下さっているご様子が
とてもうれしいです。
20091027111353
20091027111354
「のんちゃん」のロフト基地。
お気に入りだそうで、私たちもとても幸せです。
S様ありがとうございます。
そしてこれからも、どうぞよろしく。。。

最新記事

New Posts

長期優良住宅認定YF-HOUSE上棟でした!

今週月曜日は福井市にて YF-HOUSE 上棟でした!   朝方、余震があったり風が強くてかなり心配しましたが、無事に棟上げまで終了出来ました。   そして、これが昨日、水曜日の状況です。 北側玄関で

ST-HOUSE地鎮祭の日が決まりました

設計中の福井市ST-HOUSE。 地鎮祭の日が決まりまして、いよいよスタートです。     実は実施設計は既に完了していたのですが、しばらくお休みしていました。   理由は家の前に下水の配管

ハウズのぶどう狩り

事務所のウッドデッキテラス。 ここしばらくで緑でワシャワシャ。   ぶどうが出来てるのわかりますか?   収穫します。 こんなにいっぱい。 植えてから4年経って初めての収穫。   小粒ですが

お盆のお休みはいろいろ捗りました

お盆休みが明けてあっという間に1週間ですね。 お休み中はご相談にみえられたご家族さまとお話ししたり、事務所の資料の整理をしたり。。   世の中がお休みなので、電話が鳴らなくて静かなので、いろいろ捗りました。 &

住みながらのリフォームは出来ますか?

「住みながら、のリフォームは可能ですか?」とご質問いただきました。 リフォームを考えている方から良くお聞きするご要望のひとつなので、他にも気になってる方のためにコラムで詳しくご紹介してみます。 ご興味がある方はぜひご覧く

ローンを比較・検索できるお薦めサイトのご紹介

  家を新築したり、リノベーションしたり。 住まいのご計画がある方にとっては具体的な行動のひとつとしてマネープランは大事です。 このお盆期間、ちょっと真剣に考えてみようかな?という方のために便利なサイトをご紹介

本日のご相談「良い土地が見つかりそうなんです」

お盆休みがスタートされている方も多いようでしょうか? 今年はコロナ感染が要注意ですから、大人数で集まったりできなくて(同窓会とか)ちょっと寂しいですね。 本日ハウズにご相談に見えられたのは、以前一度ご相談にいらっしゃった

【更新のお知らせ】コラム|ハウズの本棚

ハウズの事務所の本棚にある本は建築やインテリアやデザインの本だったり、ハウツー本だったり。 読み返すたびに発見があります。   今回はワタナベのレビューと共に9つご紹介いたします。 お貸出し可能ですので、「読ん

【お盆の設計相談会2020年】のお知らせ

「お盆の設計相談会(夜の部あり)|2020年」 設計無料相談会:(10:00~20:00/最終受付18:00)   ・完全予約制 ・1日1組限定 ・万全の感染予防対策 (スタッフの検温や手洗い・うがい・マスク着

新しく導入したCADを試行錯誤中

ハラダです。 今週は暑い日が続きそうですね。   新しく導入したCADを試行錯誤中 ここのところ、新しく導入したCADを使いこなして、もっとスピーディーな打ち合わせができないかと、試行錯誤をしています。 いや試

コラム

column

リフォーム とリノベーションの 違い

リノベーションと今までのリフォームという表現とどう違うのか?実は、両者の厳密な定義や線引きはありません。最近の状況やハウズの考え方を少し整理してみました。

住みながらリフォームって出来るの?

住みながらのリフォームは可能かどうか?条件やデメリットについて詳しくご説明します。

答えはYESです。

ただ、リフォーム内容や住まいの状況やご家族様の覚悟によっては、という条件つきです。

詳しくご説明していきます。

本体工事費用以外にかかる費用について

家の本体の工事費用以外にどれくらい費用がかかるか不安!という方のために予備知識として知っておいていただきたい、まずはどんなものがあるのかを具体的に詳しくご紹介します。

プレハブ住宅のリフォームは難しい

世間では大工さんや小さな工務店さんは、「プレハブの増築は出来ません」という場合が多いようです。出来ないのではなく難しいだけです。お困りの方がいらっしゃたらご相談ください。

インタビュー

Interview

#10いえひさの家

(夫婦・子ども2人)

土間空間と庭がつくる豊かな暮らし

土間のある暮らしに共感を感じて

#05上新庄の家

(夫婦・子ども1人)

ゆっくり、じっくり、

家づくりを楽しむことができました

#01クワトロハウス

(夫婦・子ども2人)

27坪の敷地に建つ秘密基地

決め手は主張しすぎない設計と男女のバランスの良さ

PAGE TOP