全開口サッシ(既製品編)

昨日の記事に引き続き全開口サッシの
ご紹介です。
メーカー製のサッシですと代表的な物
はLIXLE(旧トステム)のオープンウ
ィンという商品です。
20150725192647.jpg
「ナミオトハウス」LDK
目の前の海を眺めるために西窓がフル
オープンになります。
さらに北窓も夏の三国花火のためにフ
ルオープン。L型のデッキとつながっ
て解放感が素晴らしいです。
採用の際の注意点は。。
・幅が最大で9尺(ザックリと窓の幅
が2500mm程度)サイズまでですので、
大きな幅の開口部を作りたい、という
場合には向かない。
・外壁側に引き込みますので、外観上、
場合(道路から外壁が良く見えるなど)
によってはイマイチ。戸袋などで
隠す必要が出てきます。
また、左右両側に引き込みますので、
その分の引き代が確保できるように
事前にプランの検討が必要です。
・樹脂サッシなど高性能のグレードのサ
ッシでは対応不可。高気密・高断熱を指
向している場合は採用が難しい。
でしょうか。
詳しくは、メーカーWEBへ。
他には折戸タイプの全開口サッシもあ
ります。
20150726100419.jpg
20150726100441.jpg「森田の家」中庭に面したリビング
写真は以前の採用実例ですが、メイン
のところが大きな開口部だったので、
変化をつけてみました。若干小さなお
子さん等には開け閉めしにくい、との
事でした。あと、縦框が太くなるので、
閉めている状態では鬱陶しい気もしま
すので、積極的にはご提案しません。
木製、既製品、いづれにしても全ての
条件がそろった選択肢は無いので、案
件ごとのコンセプトや施主のご要望や
ライフスタイル、コストなどを踏まえ
て良く検討するのが大切だと思います。

コラム/家づくり準備編の準備 

前回予告しました、コラム/家づくり準備編の準備です。   なぜ準備かというと、コラム「家づくり準備編」という形でブログの過去記事を加筆修正してまとめ直す(テキストデータは残っているので)予定なんですが、今週末に

ブログ過去記事を非表示にします

haws styleのワタナベです。   実は2008年から2019年に書いたブログ記事の写真データに不具合が発生しました。   現在はテキストはそのままご覧いただける状態ですが、不完全ですので過去の

KA_HOUSE新築工事 お引渡しでした

本日は丹生郡朝日町 KA_HOUSE新築工事 お引渡しでした     まだ外構工事や植栽工事が完了していないのですが、ひとまずお引越しなさってから工事を続けます。(新型コロナの影響があり工事期間が延び

2020年GWの事務所diary

STYE HOMEに明け暮れた今年のGWでしたね。 皆様はいかがお過ごしだったでしょうか?   ハウズでは期間中は2件の対面のお打合せがありました。     SK_HOUSE リノベーション

2020年4月第4週の事務所diary

福井の新規の新型コロナ感染者は、少し落ち着いてきていますね。   このまま、限りなくゼロになると良いのですが・・・・   本日はハウズの2020年4月第4週の現場日記です。   工務店さん、

【オンライン設計相談室】のお知らせ

オンライン設計相談《ご予約受付中》   ハウズではオンライン設計相談室を開催しています。   新型コロナウイルスの影響だけでなく 家づくりについて、いろいろ話を聞きたいけれど・・・・   ▼

PAGE TOP