奥行きの浅い収納にコートをかける方法

 

家族にアレルギーがあるから、花粉やほこりが付いているコートなどの上着は室内用に持ち込まなくてもいいように玄関に収納したい。

 

というご要望はとても多いのですが、その場合によく問題になるのは収納の奥行きの違い

 

一般的な下足収納の内部の奥行きは300mm程度。

 

だけど、衣類をかけるなら最低でも500mmは欲しいところ。

例えば無印のハンガーは450mmです。

 

つまり300mmの奥行に衣類の収納は絶対難しいのです。

 

そういう場合はどうするか?

 

今回は「玄関の奥行き300mmのスペースに子どもたちのコートを掛けたい」というご要望が出た、ある案件の打合せの際の検討資料をご紹介します。

 

 

玄関にコート収納が欲しい

 

奥行きが浅い収納にコートをかけるスケッチ

 

スケッチではわかりにくいですが、手前が玄関ドアで入ってすぐに玄関ホール。

奥の方から家族用の玄関框と収納、というプランです。

 

幅600mm奥行き300mmの棚板(赤く囲んだ部分)にハンガーポールを付けて、その下の部分の棚板は抜いて、帰宅時の子どもたちの洋服(主に上着)をかけたい。というご要望でした。

 

たしかに、帰宅した時の動線を考えると、ここに上着をかけるのは理にかなっていますね。

 

このケースでは扉は無いので、奥行きが足りなくても袖が廊下にはみ出してる状態でなら「まあ、かけられないわけじゃない」

 

で・す・が。。。そこを通るたびに洋服に体がすれるのはやはりストレスだと思います。

 

スライドするコートかけ専用の金物

 

スガツネスライドコートハンガー

<スガツネ/スライドコートハンガー>

そこで検討したのがコレ↑

都会のビジネスホテルなんかで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?

これだと服を収納の壁に平行に掛けるので奥行きは300mmでOKです。

 

子どもが使うなら気をつけて!

 

でもね、小さな子どもにも上手に使ってもらえるのか?

実はちょっと不安ですよね。

 

使い勝手が悪くて。。。「結局めんどくさがって、リビングまで行ってコートを脱ぐようになってしまいました」

 

という結果では残念すぎます。

 

↓写真は大野市「明倫の家」のリビング収納

リビング収納

 

リビングにコート収納

(写真がブレブレですみません)

 

また子どもとひとくちに言っても、幼稚園児と高校生では全然違いますし、女の子と男の子でも違うでしょうし、性格でも違うでしょう。

だから、具体的には「うちの子、あの場所にちゃんと上着かけるかな~?」って考えてみるといいと思います。

 

この案件の場合も、子どもには使いにくいだろう、ということでプラン変更をすることになりました。

 

まとめ~奥行きの浅い玄関収納にコートをかける方法

 

・衣類をかけるなら通常は500mm以上の奥行きが必要

・スライドするコートかけ専用の金物を使用すれば、300mm程度の奥行きでも可能。

・でも、子どもが使う場合は使い勝手に注意。

 

 

 

 

子供部屋の広さって実際どれくらい?3.5帖~8帖まで実例紹介

ちょっと前は一戸建ての子供部屋だと平均で6帖くらいでしたが、最近は「あまり広くなくてもいいです」というご希望が増えてきました。じゃあ実際にはみんなはどれくらいの広さにしているのか?3.5帖から8帖まで6つの実例を写真を交えてご紹介します。