子供部屋の広さって実際どれくらい?3.5帖~8帖まで実例紹介

コンパクトな子供部屋が増えてます

 

もともと土地も家もコンパクトな都市部の住まいと違って、そこそこの広さが確保できる福井の家づくりだと、今まではなんとなく「子供部屋は6帖くらいかな~」っていう感覚をお持ちの方が多かったんですが、最近は以前に比べて「子ども部屋はあまり広くなくてもいいです」というご希望が増えてきました。

 

理由は

「子供部屋を充実させて居心地良くし過ぎてしまって、こもりっぱなしになるのは嫌だな」

「家族みんなが集まるLDKを充実させたいよね」

ですね。

 

でも、それじゃあ具体的にはどれくらいの広さがあればいいのか?

家づくりには正解はないのが常なのですが、この問いにもやっぱり正解はなくて。。。

お打合せでもケースバイケースで対応しています。

 

・両親それぞれの子ども時代の自分の部屋の広さや子育てに対しての考え方

・家全体の広さ

・子どもの数(実際にいる子どもさんとその後の予定)と性別と年齢

主にこの3つの要素をふまえて、それぞれの住まいにはどれくらいの広さの子ども部屋がふさわしいのか?を探っていきます。

 

ハウズの設計例でも、ひとり3.5帖~8帖くらいまで、いろんなパターンがありますので、いくつか写真でご紹介いたします。

 

 

ひとり3.5帖でも充実

床面積29坪の「クワトロハウス」は子ども部屋も兄妹の2人共有で7帖(収納部分含めて)

1人分は収納部分を含めても3.5帖、収納部分を除くと2.5帖の超コンパクト。

 

 

完成した時は兄は4歳、下の女の子は1歳。

ふたりで遊びやすいようにしばらくは共有で使って、成長に応じて間に間仕切壁を設けて2つに分けます(ドアは2つあります)

 

広くはないからこそ、本棚、ロフトベッド、扉付き収納は細かく打ち合わせて造りつけました。

ロフトベッドの下の空間には市販のデスクを置いています。

 

子供部屋は「寝る」と「勉強」の場所

あとは思春期になった時に、ひとりになるためのスペースさえあればよい。

と考えるならこれくらいコンパクトでもいいかもしれません。

 

 

姉妹で共有すれば広々11帖

 

「笑顔の家」は女の子2人の可愛い子ども部屋。

 

2人共有で11帖(収納部分含めて)1人あたり、5.5帖。

 

収納部分とロフトベッド以外のスペースは1人あたり、3.5帖。

 

こちらも引き戸を2か所設けて将来分ける事も可能ですが、ご両親の方針としては、姉妹仲良く、ずっと共有して使って欲しいとのお気持ちで計画。

 

 

ひとりでも、ふたりでも楽しい子供部屋

「ハピネスハウス」はご夫婦と男の子1人だけのご家族。

だから今のところはひと部屋(10.5帖)にして広々と使って、将来子どもが増えて、2つに分ける必要が出てきたら、間仕切壁を設けることも出来ます。

 

ドアは2つ。

部屋の中央に両側から登れるロフトベッドを設けています。

 

ゆるく仕切ってプライバシー確保

 

少し広めの子ども室を設けたのは「aoi_house」

ひとり当たり8帖(収納部分含めて)

 

兄妹なので、将来を見越して2つに分けるための壁を設けました。

左手の2つのドアを開けると廊下です。

 


お引越しして、しばらくしてから伺うととこんな感じで、メインのおもちゃはリビングにあるようで、今のところ2軍のおもちゃや滑り台など大型のおもちゃ置き場になっているようです。

 

 

向こうの部屋とのつながりはゆるやかで、仲良く2人で共有して使えます。

 

広いので、ひとつは遊ぶスペース、もうひとつは寝るスペースという分け方も可能ですね。

 

 

独立した子ども部屋6帖

 

 

「継ぐ家」の子ども部屋は長男くん用に独立した6帖の部屋。

写真では見えませんが、手前にロールスクリーンで区切った1畳分の収納スペース付きです。

ご両親はもう少しコンパクトでも良いとお考えだったみたいですが、リフォームなので偶然この大きさのスペースがとれた、という感じです。

小学校1年生の長男くんは普段はリビングにいるので、まだまだ部屋の中は何もモノがない状態。

(2階ホールには小さなPCコーナーもあるので、このままシンプルで美しい空間であればうれしいな)

 

しばらくは両親の寝室とひとつの空間で

 

「おおみやの家」のご家族は長女ちゃんは小学校1年生で下の弟くんはまだ3歳。

 

弟くんはまだまだしばらくは両親と一緒じゃないと寝れなそう。。。。

 

というわけで、独立した子供部屋5.3帖(収納含まず)+大きめの夫婦寝室12帖(収納含まず、ドア2つ)にして、しばらくは家族全員みんなで一緒に寝て、子供部屋は姉弟の共有で使用。

将来の子供の成長に合わせて、いづれかのタイミングで、夫婦寝室を間仕切って二つ目の子供室をつくって、夫婦寝室7帖+子供部屋5帖+子供部屋5.3帖(いずれも収納含まず)とします。

 

この方法は、子供が増えるかどうかが未確定な場合や、まだ子供がいない若いご夫婦の場合などに、よくご提案します。

 

 

まとめ|子供部屋の広さって実際どれくらい?

 

以上6つの設計実例をご紹介しましたが、家族が10あれば10の考え方があります。

 

子供が家に居る時間は案外短いかもしれません。

もし、今8歳の子どもさんなら、大学進学のタイミングで県外に出てしまうとなると、あと10年。

 

だからこそ、基本は

・両親それぞれの子ども時代の自分の部屋の広さや子育てに対しての考え方

・家全体の広さ

・子どもの数(実際にいる子どもさんとその後の予定)と性別と年齢

 

をベースにしながら、自分たち家族の暮らしにあった子供部屋に出来るといいですね。

 

大事なのは家族でじっくり話し合う事。

参考になさってくださいね。

子供部屋の広さって実際どれくらい?3.5帖~8帖まで実例紹介

ちょっと前は一戸建ての子供部屋だと平均で6帖くらいでしたが、最近は「あまり広くなくてもいいです」というご希望が増えてきました。じゃあ実際にはみんなはどれくらいの広さにしているのか?3.5帖から8帖まで6つの実例を写真を交えてご紹介します。