事務所のネイビーブルーの壁

事務所の内装の壁の塗装はスタッフみんなで2014年のリノベーションの際にDIYしました。   当時は。。。 はみ出したり、 養生テープを逆に貼ってしまったり、 ムラになったりをさんざんやって、 何度も近所のカー

玄関にアンティークの箪笥

昨日の玄関の框についての話題に続いて、インテリア性を重視した場合を過去の設計実例からご紹介します。 「水切町の家|玄関ホール」 リフォームの際に「この箪笥をどこかに置きたいです」とリクエストいただいていたので、プラン作成

玄関の広さのポイントは框の幅

家の中で広くして欲しい場所の優先順位をお聞きすると、「玄関」をトップ3にあげる方と、機能的なら狭くてもOK!という方に、結構はっきり分かれます。 ライフスタイルの違いや家族数の違い、価値観の違いなど、いろんな理由があって

フローリングの新しいタイプをご紹介

先日、いつもお世話になっている建材メーカー2社さんから、新しいフローリングのご案内をいただきました。 まずは↑こちら。「オスモ&エーデル㈱」さん。 自然塗料のドイツのメーカーとして有名ですが、フローリングにもこだわりがあ

「正善の家」上棟でした!

昨日は坂井市「正善の家」さんの上棟でした。 あいにく朝早くには強い雨が降りまして、スタート時は職人さんたちもカッパを着込んでの作業だったようです。 大切な材料はしっかりブルーシートでくるまれていました。 段々と天候も回復

正善の家|材料検査でした

坂井市「正善の家」さんの材料検査でした。 材料検査とは、設計者が工務店さんと一緒に材木屋さんに行って、実際に使う構造材(柱や梁)を直接見て、木目や割れの状態などを見たり、サイズや含水率のチェックをする事です。 コチラは檜

畳の色の見え方

独立した正式な和室。をご希望の建て主さまは最近めっきり減りましたが、畳コーナーのご希望は良くいただきます。 先日のお打合せで「畳を市松模様にしたいんです」とリクエストされまして。。。 一瞬驚いたのですが、「なるほど~」と

ハウズの菜園の様子

ハウズの菜園、現在の状況です。 もしゃもしゃになってます(^^;) トマトが一番元気で、赤いのとか黄色いのとかたくさん収穫出来ます! タイミングを逃すと、実がパカンと割れるので、毎日少しづつ採って、事務所みんなでパクッと

Y house地鎮祭でした。

昨日は大安吉日。Yhouseさんの「地鎮祭(じちんさい)」でした。 地鎮祭とは 地鎮祭は、新築の建物を建てるときに、その土地の守護神を祭って、工事の無事や安全、建物や建て主ご家族さまの繁栄を祈る儀式です。 Yさまご家族さ

「正善の家」欅の柱と「差し鴨居」

先日は坂井市「正善の家」の既存材料の確認に木材工場まで出かけました。 解体時に工務店さんに大切に保管しておいていただいた物です。 「過去記事:欅の大黒柱」 「過去記事:正善の家解体終了」 ↑コチラは欅の「6寸柱」 ↑コチ

フレンチレストラン「LULL」で事務所ランチ

少し前ですが、事務所のみんなとお世話になっている皆様とで、素敵なランチに行って参りました! 行き先は三国のフレンチレストラン「LULL」 三国出身の国際的に活躍中の指揮者の小松長生さんのご実家だった古民家をリノベーション

PAGE TOP