#05上新庄の家

目次

 

#05 上新庄の家夫婦子ども1人

ゆっくりじっくり、
家づくりを楽しむことができました

 

制約が多くて好きなように建てられない
他社のシステムにストレス。

 

ハウズスタイルを知ったきっかけは何ですか?

ご主人 ホームページで「福井 設計事務所」で探しました。検索でヒットした中でハウズスタイルさんの施工写真が僕たちの「暮らしたい家」の雰囲気に一番合っていました。

 

ハウスメーカーさんや工務店に相談をしましたか?

奥様 実はハウスメーカー2社、工務店1社に相談をしていて同時進行だったんです。

でも、ほかで打ち合わせを重ねたところ「自分の家なのに部屋の広さや工法などあちらの都合で融通が利かず好きなように建てられない!」というストレスを感じることがあって、考え直そうとしていました。

 

ハウズスタイルに依頼した決め手は何ですか?

ご主人 原田さん、渡辺さんが話しやすかったこと。

話をしているうちに、僕たちの生活の目線で考えてくれていることに気づきました。

こだわりの多い僕たちの希望に
ひとつひとつ答えてくれ、誠実さを感じた

 

家づくりについてお聞きします。最初にどのような希望を伝えましたか?

奥様 いろいろありました。

・収納はなるだけたくさん。
・クローゼットは広く。
・本棚がほしい。図書室みたいな部屋がほしい。
・寝るところを快適に(ご主人)。
・自然素材を意識してほしい(アレルギーを考慮して)。
・子ども部屋は6畳ほしい。
・雨に濡れずガレージに入れるようにしてほしい。
・畳コーナーがほしい。

 

ハウズスタイルは、おふたりのイメージをどのように住宅に反映させましたか?

ご主人 最初、別の土地でプランをしてもらったことがあって今でもそのときの資料を保管しています。

その後、別の土地で建てることが決まったんですが、最初の案がすごく気に入っていたので、なんとか同じイメージで実現したいと思っていました。

 

シンプルなデザインが好きなんですが、それが似合う和っぽさのある感じにしたいと思っていて。

 

奥様やっと分かってくれる人がいた!といううれしさがありました。ストレスから解放された感じです(笑)。

こたつを置きたいと思って畳コーナーを作ってもらいました。今では子どもの昼寝場所にもなっています。イメージ通りの生活です。

収納の希望ではLDKに大きな棚(本棚兼用の収納)を作ってもらいました。

床から浮いたデザインにしてもらったので存在感を感じさせません。段差が無いのでお掃除ロボットも活躍できます。

「本棚が丸見えだと来客の時に見られるのも落ち着かないでしょう」と扉も付けてくれました。そうした気配りがありがたかったです。

 

こだわったところはどこでしたか?

奥様 洗面所と脱衣所を分けるところでしょうか。将来、両親と同居することも考えて別室のほうがよいと思って。一緒だとお互いにストレスかと思って。

渡辺 広さに余裕がありましたから、それぞれ仕切っても広さを確保できました。

輸入タイルを使った雰囲気のある洗面所は大きな一枚の鏡を入れて、気持ちよく過ごせるように計画しました。

脱衣室には床暖房と連動するタオルウォーマーを採用して冬もあたたかく過ごせる様にしました。

 

ご主人 内装の仕上げにこだわりました。外壁はメンテナンスフリーの壁です。室内壁はアレルギー成分を吸着してくれて空気を浄化し、調湿性のあるものです。

両方とも火山灰を原料とした「シラス壁」です。

 

渡辺 壁に凹凸の質感がありますので、照明の光が柔らかく拡散されて、夜の室内の雰囲気も良いんですよ。

話を丁寧に聞いてくれるから信頼できる

 

住んでみて良かったと思うところはありますか?

奥様 洗濯機を置いたサンルーム。
トップライトがあってお天気が悪くてもすぐに乾きます。

ウッドデッキからすぐに庭にも出れます。そして隣接したクローゼットはありがたいです。この動線はとても気に入ってます。

ゴミ置き場もキッチンの裏動線に提案してもらい、勝手口から出せるように配慮してくれました。

それから、本の収納を図書室のようにたくさん欲しい、という希望には、リビングとファミ2階ホール、そして夫婦寝室の3箇所に設けてもらいました。満足しています。

 

キッチンの背面の壁が個性的だけど素敵ですね。

奥様 アンティークレンガを使ってほしいと希望しました。

雑誌で見た料理家の有元葉子さんのイタリアの家のキッチンに憧れていて。

キッチンは対面にこだわったわけでは無いんですが、台所仕事をしながらテレビを見たいけど、来客時は手元を隠せるようにしたい、ということでこのようなスタイルになりました。

 

資金計画は予定どおりでしたか?

ご主人 もともと予算は伝えていましたが、あれこれやりたい事を入れるとやはりオーバーしてしまいました。

そこで削る方向の提案もいただいたんですが、要望を捨てきれなかったんです。

そこで僕たちの予算を増やしました。

結果、満足していますし、後悔はありません。

 

どんな施主さんがハウズスタイルに相談するとよいと思われますか?

ご主人 他社と比べながらの進行だった僕たちには「ゆっくり、じっくり、考えられる」ハウズスタイルさんが向いていました。

他社さんは結構せかす感じで…。

当たり前のことかもしれませんがハウズスタイルさんは「施主の希望を聞いてくれる」んです。

当たり前のことなのに、他社は意外に聞いてくれない(苦笑)

 

担当者より

●プライバシーの守れる住まいを要望されていたので、玄関からリビングの様子や生活感が伝わらないプランにしました。帰宅してから長い廊下をあえて歩くことで、外と内の心の切りかえのための「間」を演出しました。

●将来、ご主人のご両親が同居される場合に備えて、和室を増築する事も可能なように構造やスペースを考慮しています。

●来客時に家中の雰囲気が伝わるのが苦手、ということだったので階段はリビングに設けませんでした

●外観は3方向が道路ということで、どこから見てもきれいに見える様に苦労しました。道路に面した部分には大きな窓は設けず、外部からの雑音が伝わらず、落ちついて暮らせるように配慮しました。

●東に設けた吹き抜けの小さな窓は、ここから朝の陽ざしと空模様を感じて一日の朝のスタートを切ってもらいたい。という気持ちを込めて提案しました。とても好評のようです。

#10いえひさの家

(夫婦・子ども2人)

土間空間と庭がつくる豊かな暮らし

土間のある暮らしに共感を感じて

#05上新庄の家

  #05 上新庄の家(夫婦・子ども1人) ゆっくり、じっくり、 家づくりを楽しむことができました。   制約が多くて好きなように建てられない 他社のシステムにストレス。   ●ハウズスタイ …

#01クワトロハウス

  #01クワトロハウス(夫婦・子ども2人・犬) 27坪の敷地に建つ秘密基地   決め手は主張しすぎない設計と男女のバランスの良さ。   ●ハウズスタイルを知ったきっかけは何ですか? 奥様  …

PAGE TOP