経年劣化ということ

目次

(過去記事を加筆修正しています)

 

ハラダです。

先日、10年ぐらい前に設計をいたしました施主の方からメールで外部につけた木製扉が壊れたので見てほしいという連絡をいただき見に行きました。

 

雨ざらしの場所なので、鉄は錆び、木は腐りして、滑車から扉が外れて無残な姿をさらしておりました。

錆びたレールと朽ちた木製扉

我ながら、監理をしておきながらも、もう少し気を配る必要があったなと反省しております。

 

鉄が雨に当たれば錆びるのは当たり前ですし、木もいつも濡れていれば腐ってしまいます。

当然お金を掛ければ長持ちする材料を選ぶこともできたのでしょうが、当時は諸事情があってこれで良しとして進めた結果なのですが、果たして10年でここまで錆びてしまうというイメージが、自分も含め当事者たちにはなかったのかと思います。

 

おかげさまで15年以上(いや、建築に携わってからは実は30年以上もやってるんですが)設計監理をしていると、どんな品質が、耐久性が自分の理想的なものなのかが見えてきたのかなーと感じます。

 

人によっては、チープと感じたり、過剰と感じたりしているところを、自分の中で位置を決める日々であります。

 

これからも、自分の設計監理した物件の経年劣化していく様を、しっかりとみていきたいと思います。

この件に関しては、これからここを担当した工務店さんと協議して直していくことになると思います。

 

そんな中でも、植物だけは、劣化せず、逆にどんどん、価値を高めていっているということが救いでした。

小道の緑と古くなった木製扉

竣工当時はまだ僅かだった木々が、トンネルのように小路を覆っていました。
ほんの数メートルの移動に癒しを感じる空間が出来ていて、住まい手の植物への愛情を感じました。

 

住みながらリフォームって出来るの?

住みながらのリフォームは可能かどうか?条件やデメリットについて詳しくご説明します。

答えはYESです。

ただ、リフォーム内容や住まいの状況やご家族様の覚悟によっては、という条件つきです。

詳しくご説明していきます。

本体工事費用以外にかかる費用について

家の本体の工事費用以外にどれくらい費用がかかるか不安!という方のために予備知識として知っておいていただきたい、まずはどんなものがあるのかを具体的に詳しくご紹介します。

プレハブ住宅のリフォームは難しい

世間では大工さんや小さな工務店さんは、「プレハブの増築は出来ません」という場合が多いようです。出来ないのではなく難しいだけです。お困りの方がいらっしゃたらご相談ください。

地盤情報を調べてみる

これから家をたてようと考えている場所の地盤って気になると思います。実際には敷地内での地盤調査を行わないと詳しくはわからないのですが、ザックリなら検索サイトでのチェックがお薦めです。

ハウズの本棚

ハウズの事務所の本棚にある本をワタナベのレビューと共に9冊ご紹介いたします。

PAGE TOP