いえひさの家

  • 敷地面積|687.01㎡
  • 延床面積|224.78㎡(車庫44.71㎡含)
  • 竣工 | 2018年 
  • 家族構成|夫婦・長男・次男

ご要望

  • 外とのつながりが感じられる、人が気軽に訪れてくれる暮らしがしたい
  • キッチンを中心に、暮らしやすいゆったりした家
  • 両親が気兼ねなく過ごせる居場所を確保してあげたい

ご提案

  • 南に大きく広がった敷地の良さを最大限いかした開放的な庭とデッキ、そして内部と外部の中間的エリアである土間、
    このふたつを有機的につなぐことで、外に向かってゆるやかに開かれた暮らしの場を作る。
  • 土間と隣接したキッチンのある暮らしは、外から持ち込まれる多少の泥などを許容するおおらかさを持ち、施主が希望した「外とのつながり」や「ゆったりした家」を実現した。
  • アプローチと玄関土間でエリア分けした和室を設け、生活リズムの違う親世帯が居心地よく過ごせるように配慮。

庇をかけて回廊のようになったアプローチは子ども達の遊び場所にも

 

ガレージの奥の庭玄関ドアを開けると広い土間空間があらわれます

左手に框と玄関ホールを設けましたが、子どもたちは庭から直接入ってくるのが定番

 

玄関ホール手前の引き戸を開けると大きな土間床の大きな納戸

内玄関でもあり、キッチンへ続くパントリーでもあります

玄関土間からデッキを見る
左手の引き戸を開けるとキッチン

ダイニングから庭

ダイニングからリビング
本棚でゆるく仕切った階段下はPCコーナー

キッチンを中心にした愉しい家族の時間
幸せな暮らし

ブックシェルフは奥様からのリクエスト

オーダーキッチンは2列型
シンク側は木製カウンター、レンジ側はステンレス

東側から朝陽が差し込む木製窓
落葉樹を植えて季節を感じるピクチャーウィンドウ

床はパイン無垢フローリング
家具やオーダーキッチン、建具はオークで控えめに

「お天気がいい日はいつも外」だそうです

詳しくご紹介

ゾーニング・外観・車庫・外物置・玄関

東側道路の向こうに公営団地があるので、東側にはあまり大きな窓を設けずに

大きな庭はあえて塀で囲まずに、これから家族で少しづつ木を植えていって森にする計画です

南西から見る道路側は空地にして、ご両親やゲストの駐車スペース

車庫から玄関アプローチ

アプローチ左手はご両親用の前庭

玄関土間は金魚や植物を育てたり、泥付き野菜を仮置きしたり
家の中に土足で使える場所があると、気軽に使えるから楽しい

シンク下はオープン、ミーレの食器洗い乾燥機付き

キッチンの壁タイルは輸入タイルでシンプルに

 

リビングの本棚は両面使い|電子キーボード用の棚板は引き出して使います

 

本棚の背面は階段下のPCコーナー側から使います
リビングからは死角になるので雑然としていても気が楽

奥はサンルーム、手前にはクローゼット

浴室→脱衣室→洗面室。その奥に5.5帖のクローゼットで使い勝手良く

実例PICKUP